スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
家ができた
2005 / 10 / 31 ( Mon )
 8月から新築している我が家が遂に完成しました。なのでみんなで新しいお家に。引き渡し作業です。本当に車3台駐車できるのか確かめるため、バラバラに到着・・・ってあれ?コーン立てたままじゃない?結局路上駐車です(私道なんで)。

 前回来たときはまだ畳が入ってなかったり、カーテンしてなかったりと、ほんのちょっとのことなんですが、また違った印象です。内装は私は全くノータッチだったので、カーテンは遊んだって意味がようやく分かりました。ちょっとビックリ大人な感じの仕上がりです。

 早速自分の部屋に入ってチェックチェック。作りつけの本棚(結構でかいです。一杯入ります。入れる本ないのに・・・)の脇に丸いステンレスのプレートがありました。なんだろう、電源でも出てくるのかな。そう思ってちょっと触ってみました。ただの丸いだけのものです。なんだろなー。モヤモヤしながら出ました。すると・・・開けた扉がぴったりと収まります。扉を開けたままにする止め金具でした。悩んだ分恥ずかしさ倍増です。何も言わなくて良かったです。

 ひとしきり見た後、和室で引き渡し書類にサイン(私は横で見てただけですけどね)、晴れて我が家のものとなったのでした。何と言っても支払い残高0の書類が気持ちいいです。建つ前に完済、こういうのがウチのいいところですね(相当無理しましたけど、おかげで貯金0です)。

 鍵やら何やら受け取り、本来なら取り扱い説明とくるところですが、入居は来年ですので、引っ越した後ということに。まだ4ヶ月もありますから忘れちゃいますもんね。最後に設備の説明ビデオを受け取ったのですが・・・。ここで私が待ったをかけました。

「ビデオないけどどうやって見るの?」

 そうなのです。ウチには使えるビデオなんてございません。私の部屋のビデオ、母の部屋のビデオ、あれは飾りです。おまけに私の部屋にはTVすらありません。まさか15年以上経っているアレをまだ使えるなんて思ってたんじゃないでしょうね、お母様。

 というわけでDVDに替えてもらいました。アレ?うちDVDデッキなんてあったけ?

 ちなみにまだ業者が入る予定がありますので、鍵が使えません。鍵使っちゃうとウチの人しか出入りできなくなってしまいますので。最近の鍵って凄いですね。どんな仕組みになっているんだろう?
スポンサーサイト
23 : 10 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ちょっと残念
2005 / 10 / 30 ( Sun )
 折角の火星大接近の日なのに、生憎外は雨です。これを逃すと次は2年後です。一番よく見えるのは深夜らしいのですけど、例え雨が止んだとしても雲は残るわけで・・・。

 タコ宇宙人発見はまた今度の機会になりそうです。凄く悔しいです。仕方ないので、今度の十五夜の時に餅ついている兎を見たいと思います。
19 : 25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ARIA 第3話
2005 / 10 / 30 ( Sun )
 ARIA The ANIMATION 第3話「その 透明な少女と・・・」です。アニメ版は1クールなのでしょうか。展開早いです。アリスちゃん登場ですが、声が・・・。苗木野そら?画像の悪い録画を見ているので、カレイドスターを音声で聞いているような気分になっちゃいました。

 どうやらエピソード的には原作のものを生かしつつ、構成はオリジナルといったパターンで進行するようですね。今回のお話も原作のコラージュ的な感じがしました。
 
 灯里と藍華はいつものように合同練習です。今回はちょっと難易度の高いコースです。灯里よりは上手そうに見える藍華ちゃんですが、これには苦戦しています。そこへ楽々とゴンドラを漕ぐ少女が現れます。オレンジプラネットのアリスちゃんです。老舗の姫屋の跡取りとして、またシングルとして負けられないと、勝負を挑む藍華ですが、灯里の一言で中断です。さらに灯里は彼女を朝食に誘うマイペースぶりですが、あっさり拒絶されてしまいます。
 お土産の花を持ってアリアカンパニーに帰ると一冊の雑誌が置いてありました。新刊のウンディーネにはアリスのことが書かれていました。そのアリスちゃんは、原作同様人と接するのが上手くないようで、後輩にも素っ気ない態度です。でも学校の1コマが見られただけで貴重かも。そんな彼女は笑うことを友達に勧められますが、上手くできません。そして彼女が自然な笑顔として思い浮かべたのは、灯里の笑顔でした。
 その灯里は、ケーキを買った帰りに暁と再会します。彼は彼女が最初に乗せたお客さんです。人を待つまで暇だからと彼女のゴンドラに乗り込みます。お客じゃない友達って・・・アイちゃんと一緒ですね。そんな彼女達を見てアリスちゃんはトラブルと勘違い、結局彼女も一緒に観光案内の練習に出かけます。
 暁は色々難しいこと聞いたり、彼女を「もみ子」呼ばわりしたりと、アリスちゃんにとってはやっぱり彼が彼女に失礼なことをしていると勘違いしたままです。灯里が暁に向ける笑顔も愛想笑いと思い込む始末です。しかしそんな彼女の考えも灯里の恥ずかしい台詞でどこかにいってしまいます。なかなか現れない暁の待ち人。灯里と暁のやりとりを見てとうとうアリスも笑ってしまいます。彼女に触れることでアリスも何かのヒントを得たようです。ようやく現れた暁の待ち人は彼の兄でした。どうやらお兄さんにお金を借りるのが目的だったようです。浮島に暁を送る2人、その御礼に暁から従業員チケットを受け取ります。
 ロープウェイで浮島に上がり、駆け出す2人。浮島のテラスにたどり着くと、夕焼けのネオ・ヴェネツィアが広がっていました。これには思わずアリスちゃんもちょっと恥ずかしい台詞が出てしまいます。
 ラストはアイちゃんのメールなんですが、暁を送る灯里を見ながらアリスが感じたこととほとんど一緒なのには、ちょっとどうかなと思いました。
 


 ところでアイちゃん、第1話のみの登場ですので顔忘れちゃいました。もう私の中では、カレイドスターのロゼッタにしか見えないんですけど!
19 : 19 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
交響詩篇エウレカセブン 第28話
2005 / 10 / 30 ( Sun )
 交響詩篇エウレカセブン第28話「メメントメモリ」です。最愛のチャールズを失ったレイは・・・。そして束の間ですが、彼に父親を感じたレントンは・・・。少しずつ背景世界が見えてきたような気がしますけど、やっぱりまだまだ謎ですね。

 レイの回想からスタートです。セブンスウェルの光を浴びて子供が産めなくなったレイにチャールズがプロポーズします。彼女の手に指輪をはめてやり、自分の手を見せ「おそろい」って、やっぱりチャールズはいいですね。本当に惜しい人を亡くしました。その指輪を眺めるレイ、そして荒れ果てた白鳥号・・・。

 チャールズを失った悲しみに浸るもう一人の人物レントン。レイにはもう誰も残されていませんが、彼にはエウレカがいます。またいつもの引きこもり状態でしたが、彼女が現れると逆に「眠れない」という彼女を気遣う様子を見せます。弱音をいうエウレカの無防備さにも驚きですが、レントンの変わりっぷりにもビックリです。いつも自分のことでいっぱいいっぱいだったのに。

 そして再び荒れた白鳥号。バスルームは水が出し放し、床には食材やらゴミやらいろんなものが散乱していますが、テーブルには3組の食器が綺麗に揃えられています。レイも覚悟を決めたようです。
 狙われる月光号はというと、ホランドはどうやら無事のようです。しかし絶対安静です。無理はできません。しかも輸血用の血液が不足していますので、同じように大量の血液を必要とする手術は月光号の中では行えない可能性があります。

 レントンはホランドの部屋を訪れます。そこにかかっている音楽はチャールズの好きな「GET IT BY YOUR HANDS」です。レイが手にしたレコードと同じ・・・。レントンは思わず「どうしてチャールズさんを・・・」と聞いてしまいます。ホランドから聞かされるチャールズとレイの過去。レイは自分が子供が産めないのはエウレカのせいだと思っているのです。
「俺はこの命に代えてでもエウレカとお前を守る。だがもし俺になにかあったときは、エウレカを頼む。選ばれたのはお前だ」
 ホランド変わりましたね。格好いいです。前回チャールズも言っていましたが選ばれるって何なのでしょう。彼の部屋のテーブルに置いてあった金枝篇も気になりますし。

 流れてくる「GET IT BY YOUR HANDS」。レイが月光号に再度侵攻を仕掛けてきます。雲の向こうに見えるスピアヘッドは2機、どちらかはリモートコントロールのはずです。迎え撃つため怪我をしているホランドも出撃していきます。
 どうやらレイが流している音楽の発信源の特定は難しそうです。ならば全周波数にとニルヴァーシュの通信機能を使ってレントンはレイに呼びかけます。これ以上戦わないで済むように彼女を説得するために・・・。
 リモートとはスピアヘッドはかなりいい動きを見せ月光号は翻弄されていきます。そこへレントンの言葉がレイの下に届きます。
「やめてくれないかな。レイさんと今度は・・・戦います。俺、エウレカを守るって決めたんです。貫けってことを教えてくれたのはチャールズさんです。だから俺あなたとだって戦います」
 チャールズの名を聞き動揺するレイですが、ゲッコーステイト側が不利なのは変わりません。さりげなくピンチのマシューを助けるヒルダが格好いいですけど。その窮地を脱したマシューが流れる音楽のジャミングのカラクリに気付きます。ホランドもさすが元SOFという腕でスピアヘッド1機を撃墜します。しかしなおも止まない音楽、レイは残りの1機に乗っているのでしょうか。
「レイさん、もしあの時俺が白鳥号を出ていかなかったら、俺が2人の子供になってたら、こんなことにならなかったんですか」
 レントンはさらに続けます。
「そしたらチャールズさんとレイさんを幸せにしてあげることが、俺、できたんですか。お願いです答えて下さい!」
 もうなんだか説得というより、自分の心の靄を払うために言っているようにしか聞こえないのですけど。やっぱりこの辺りがレントン君なんですよね。
「答えて下さいよ!レイさん!」
 ホランドの606が最後のスピアヘッドを捉えます。放たれるビーム、四散する機体。しかし音楽は止まりません。
 突然月光号の前方に白鳥号が現れます。レイは始めからみんなを道連れにするつもりだったのです。
「もう遅いのよ、何もかも。レントン、あなたが守るっていったエウレカはね、ママから全ての未来を奪っていったの。だから今度はママが奪うのよ。エウレカ、あなたの未来を!レントン、あなたは化け物に取り憑かれてしまったの。でも大丈夫。ママが助けてあげる。そして一緒にチャールズの所へ行きましょう」
 エウレカがそっとレントンの手を握り締めているのが印象的です。しおらしいように見えますけど、これを悪い女に引っかかっている息子を説得しようとする子離れできない母親と、その息子と恋人という風にみたらどうでしょう?エウレカって意外としたたかに見えてきません?
 迫り来る白鳥号に対して、舵の効かない月光号を主砲を前後逆に放つことで回転させます。タルホの操艦技術の巧さが出ていて久々に迫力があります。その隙に単機特攻するホランド、白鳥号に見事命中させるのですが、脚の傷口が開いてしまい、沈み行く艦と共に墜落してしまいます。響き渡るタルホの絶叫・・・。

 爆発し沈む白鳥号の中でレイは何かを探しています。片腕だけの彼女が必死で求めたものそれは・・・。もう離れてしまった自分の左手にはめられたチャールズとの結婚指輪でした。あと一歩というところで爆散する白鳥号、すごく切ないですね。

 ホランドは何とかマシューとヒルダに回収されたようです。かなり危険な状態で、ミーシャはすぐに輸血を勧めます。タルホは、ダイアンと同じ血をホランドに輸血するのを凄く嫌がっていますが、ヒルダに説得されて渋々レントンにお願いに行きます。でもあくまでタルホ主導です。チャールズの話を持ち出して、ホランドとのわだかまりがあるがお願いするというスタイルです。肝心なことは何も話しません。そこには大人の理屈だけです。そんな雰囲気を感じてかレントン君は「何も本当のことを話してくれない」と呟きます。

「話してくれれば力になれるのに、話してくれれば支えてあげられるはずなのに。結局俺は何もできないんだ。何もできないし。何もしてやれない。それに何かをしたところで俺は・・・」
 そっとレントンの手を握り、「大丈夫」とエウレカが慰めます。ここまではいいのですけど。「私もっとレントンのこと知りたい」「俺もエウレカの話が聞きたい」で閉めるってどうなんでしょう?26話と一緒なんですけど?

 次回ドミニク出てきますね。なんだか情けない顔してましたし(かわいい)、アネモネも出てくるのでしょうか。月光号サイドは何やら深刻そうですし。気になりますね。



 サントラもうすぐ発売ですね。私は秘密基地がお気に入りです。2クールラストでも流れていてやっぱりいいなと思いました。

おまけのタルホ語録
「そう・・・」
「臨機応変に対応するしかない」
「うん」
「エウレカはミーシャのところ、レントンはホランドのところ」
「SOFは止められない」
「止まない」
「白鳥号」
「舵が効かないのよ!」
「いやーっ!」
「ホランド、ホランド、ホランドーっ!」
「レントン?どうして」
「だめよ!あの子は・・・」
「だってレントンにはあの人と同じ血が・・・」
「レントン・アンタがレイとチャールズを殺したホランドにわだかまりがあるのは分かっている。だけどお願いホランドを助けてあげて」
11 : 42 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
BLOOD+ 第4話
2005 / 10 / 29 ( Sat )
 BLOOD+第4話「アブない少年」です。アブないっていわれたら、カイ暴走してあんなことやこんなことかなと思っていました。でも、実際はカイ自身がピンチ・・・ってそういう意味で危ないですか。ちょっと斜め上でした。

 デヴィッドさんは顔をちょっと切っただけなのに、明らかに訓練しているジョージお父さんがボロボロです。前回もう駄目だと思ってたら、生きてたのね。そしてカイ君。学校での翼手遭遇の時みたいに何もできないのは嫌だとばかりにジョージの銃を持ってフォレスト探しです。ちゃっかり真央にも頼んでいるところが、抜け目ないというか、謝花真央ちゃんは都合のいい女になっちゃってるというか、男ってこんなもんよねーって感じ(意味不明)です。

 小夜はカイを探しながら何かを感じているようです。カイはフォレストの居所を突き止めたと思ったら、すぐ追いつめられています。彼女は彼をを助けようと、ハジにどうすればいいか問います。ハジの血をすすり、またまた赤い眼になってカイの下に駆けつけ、翼手を一刀両断、めでたしめでたしの結末なんですけど、お父さんがその隙に攫われてしまいました。そろそろ本格的にお話が動きそうな感じですね。

 それにしても翼手の呻き声みたいなものをリク君も聞いていたのはどういうこと?何かの伏線なのかなあ。



18 : 36 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
BLOOD+ 第3話(BlogPet)
2005 / 10 / 28 ( Fri )
前はベトナムで凄いのでしょうステップとステップなどを導入したかった
前は、ベトナムで小夜を一撃したかったの♪
必要とかをスタートしなかったの
前に進むには必要とかを一撃されたはずだったので、なんかあるなゴツイ親父さんが一撃って、広い必要とかあんなゴツイ親父さんが一撃って感じで少しテンポが、部分って感じで少しテンポが悪いような気がしました
と、沙華が考えてるみたい♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わんこ」が書きました。
10 : 49 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ちょっと気付いたこと
2005 / 10 / 28 ( Fri )
 よっぽどでない限りは、無理をしてでもブログを更新しています。目標は1日1回更新。しかし、いつも深夜作業になるので、ちょっと辛いです。そして今のマイブーム?は午前0時の攻防です。日付が変わるか変わらないかのところで更新するのです。そんな馬鹿なことをやってて気付いたのですが、NLブログの方は更新の時じっくりと時計を見て下さい。あなたが更新した時刻は何時ですか?そしてブログの記事を見て下さい。ニックネームのあとのatのあとに書いている時刻を見て下さい。何時ですか?

ブログに表示されている時刻の方が

早くありませんか?


 これって私だけ?それとも時計が狂っているの?そう思ったので実験してみました。NLとベースが似ているseesaaとほぼ同時刻に更新(一人で完全同時更新は無理なのでご勘弁下さい)してみました。

 seesaa

97c29264.PNG

 Netlaputa

94c9fe34.PNG

全然時間違いますね。

 いくら私がトロいとはいえ、seesaaのレスポンスが悪いとはいえ、ここまで差はつきません。何か仕掛けがあるような気がするのですけど、実際のところどうなんでしょうか。


01 : 50 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
火星大接近
2005 / 10 / 27 ( Thu )
 最近よく火星を見ています。ここ数年秋口になると外で(夏は暑いよー)星を眺めているのです。それで気付いたのですが、なんだか火星が目立つのです。星にあまり詳しくない私にもそれと分かるぐらいに・・・。

 赤い地球のすぐ外を回っている火星。地球は割とまあるく回っていますけど、火星の公転は楕円を描いています。このため地球と火星の距離は近くなったり遠くなったりするのです。火星が目立つなあと感じた原因はコレにありました。もともと秋口は明るい星があまり無いらしく、火星に目を惹かれるのは当然なのですが、実は10月30日は火星が地球に2年2ヶ月ぶりに最接近する日だったのです。実際の距離が近いのですから、よく見えて当たり前なんですよね。前回(2003年)ほどではないにしろ、どんどん近づいてきているのです。ぼーっとしたワタクシでも気付きます。

 私が抱く火星のイメージと言えば、ずばりタコ宇宙人です。あれは絶対います。人面岩は彼らが作ったものですし、火星の衛星は人工で中は空洞なのです。当然あのなかにはタコ宇宙人が生活しています。生命の痕跡が云々は、これをごまかすために流されるデマなのです。あんな近いところに宇宙人がいると知られるとパニックになるので、隠しているのです、きっと。

 そんな私が初めて読んだSFはウェルズの宇宙戦争です。子供のときにドキドキしながら読みました。ものすごく怖かったです。タコ宇宙人が気まぐれで地球に来てあんなことになりやしないか、実はものすごく心配です。


23 : 55 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スクラン ♯152
2005 / 10 / 26 ( Wed )
 スクールランブル♯152「TOO HOT TO HANDLE」です。出だしの嘘のアソミコを除いて、ほとんど旗!播磨君と愛理ちゃんの2人で進行していきます。一言でいうとデレ愛理ちゃんのお話。やっぱりこの娘はツンとしているときの方がいいですね。

 愛理ちゃんを連れ戻しに来た沢近家執事ナカムラは、何故か周防家で食事中です。美琴の両親は本気が冗談か知りませんが、彼のことを麻生君と呼んでいます。ナカムラもそれを否定せず、普通に会話が進行しています。美琴は当然ツッコミを入れるのですが、無視されています。おまけに両親からは楽しそうに麻生君のことを話すとか、ナカムラには愛理ちゃんから男を色香で惑わすとか言われて割とかわいそうです。

 前回お見合いをぶちこわすということで合意した播磨君と愛理ちゃんはお寺で休憩中です。多分ここで一泊するのでしょう。時は12月でお寺となると当然寒いです。しかしバイクに積んであった毛布は1枚、現在愛理ちゃんが使用中です。
 天満のお見合いのことで、一人悩んでいる播磨君の姿を見て、愛理ちゃんは寒くて震えているのだと勘違い、どうにかしてあげようと思いますが、2人で暖を取るには一緒にくるまらなければいけません。そんな彼女を見て播磨君は、彼が手を出すと思ってモジモジしているのだと怒り気味です。

 会話をしてからその流れで上手く毛布を分け合えるようにと、愛理ちゃんが世間話を始めます。
「若いですよね大学生くらいですか?恋人とかいらっしゃるんですか?」
「は?い、いや、いねースけど?」
「へー勿体ないですねそれは」
 クスっと笑う愛理ちゃん。いつも彼女を見て、播磨君も狼狽気味です。いまだに彼を周防組の従業員だと思っているので、播磨君は警戒しつつ話を合わせていきます。
 「将来何かやりたいことでも」と問われ、漫画のことが頭を過ぎりますが、全てを語る訳にもいきません。それっぽく聞こえるようにごまかします。そんなたわいもない会話から、愛理ちゃんは播磨君に強さを感じるようになってきます。その強さの理由を知りたいと思った彼女は更に会話を続けます。播磨君は播磨君でいつの間にか本気で語りはじめ、そんな自分に少しとまどってしまいます。
 その隙に愛理ちゃんが毛布を被せ、素直に「落ち込んでいた」が「彼のおかげで元気が出た」と告白します。そして、見合いを断るのに協力して欲しいと頼みます。珍しくしおらしい彼女を見て、普段の反発感も消えいい雰囲気になって来たかと思われた瞬間、既に寝てしまった彼女が寝言で彼の悪口を言ってしまいます。
う~~~んヒゲ、あんたサイテーよぉ・・・ムニャ・・・」
 播磨君はペンを取りだし、愛理ちゃんの顔に(ヒゲを剃る前の自分と同じ)口ひげとあごひげを描き入れます。

 愛理ちゃんのヒゲ姿はいいですね。すごいよ!!マサルさんのモエモエのヒゲ以来のヒットかも知れません(結構ヒゲ好き)。




 今回のタイトル元ネタは「あなたに恋のリフレイン」です。またまた1930年代の映画ですね。キム・ベイシンガーは名前は知っているのですが、顔が思い出せませんでした。くっついたり離れたりということで、播磨君と愛理ちゃんの距離が近づいたり離れたり、そんな感じでしょうか。
23 : 57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
∞JUSTICE GUNDAM 近況
2005 / 10 / 25 ( Tue )
 9月に買ったHGのインフィニットジャスティスですが、実はまだ完成していません。MR-Q17Xグリフォン2 ビームブレイド-あの飛行機みたいなファトゥム-01の翼にある武装のクリアパーツが紛失してしまい気力が無くなったからです。とはいえ他の部分ぼ素組は完了しているので、見た目には一応ジャスティスなんですけどね。

 現状、残りは台座だけという中途半端な状態です。このスタンドはグフイグナイテッドやストライクフリーダムでも使い回せるので、関係ないファトゥムの部品のことは放って置いて組み立てればいいのですが、どうも気が乗りません。そんな状況ですし、部品注文とかまでするのは、何となく引き返せないところに行っちゃうような気がしますし、第一そんなこと知られると、遙かなる時空の中でを何故か2本持っている妹と2人でいつまで経っても実家暮らし確実なので・・・。

 なので組あがった部分のいいところだけ眺めて満足しています。クリアパーツ多いのが好きなので、シャイニングエッジとかビームキャリーシールドとか本当に格好いいです。でもなんでアスランの乗るMSってガンダムっぽくないのでしょう?不思議です。





23 : 56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。