FC2ブログ
すごいのを買ったです。
2006 / 03 / 05 ( Sun )
 そろそろ引っ越しがせっぱ詰まってきましたので、今日は家族でお出かけです。家具はほとんど捨てますので、机も椅子もなんにもない状態ですから、早く注文しないといけません。そして向かったのは新居の近くの展示場です。結構凄いの買いました。

 お酒は飲まないですが、ウイスキーが樽の中で熟成されることは知っています。今回家具としてチョイスしたのは、この樽を再利用したものです。向かったところはサントリー「樽ものがたり」展示場です。リサイクルとかエコとか格好いいですが、元々使っているオーク材ってかなり高級品なので、お値段もそこそこです。

 重厚な木のデスクや椅子には圧倒されます。大きめの机が欲しかったのですが、スペースの都合もありますので、やや小さめにします。それでも今と比べたら随分と大きいものなんですけど。色はあの有名なウイスキー、山崎の樽色です。少し暗めのブラウンが重厚さを醸し出します。床が薄くピンクの入った合板、ベッドが赤みがかった茶なのでそれほど奇抜な感じにはならないと思いますが、置いてみないとわからないので少しドキドキです。

 そしてキャビネット!これがすごいです。3段引き出しは普通ですけど、裏面が開きます。両面使えます。両面独立ですから、色々入れられますね。キャスター付きなのがいい感じです。椅子も座り心地の一番いいものにしました。値段もロッキングチェアーに次いで高そうですけど。

 最後にコレ欲しい!って無理言って(まあ自分でお金出すのですけど)箱椅子も購入です。ウイスキーの出荷に使われた箱を模したものですが、蝶番付きで開きます。中にこっそりあんなものやこんなものが入れられます。結構頑丈なのもGOODです。色がチークオイル1色なのがちょっと残念ですけどね。

 ウイスキー樽の再利用なので臭いや染みがあるかもということですが、現物を見る限りほとんどわかりませんね。なんやかやとみんなのものを併せて総額70万円オーバーです。車とか買えそうな勢いなのはともかく、1月ぐらい納期にかかるそうなので、オークの重厚さを堪能できるのはまだまだ先になりそうです。
スポンサーサイト



19 : 26 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
BLOOD+ 21話
2006 / 03 / 05 ( Sun )
 BLOOD+21話「すっぱいブドウ」です。ハジの戦いとか、吸血鬼みたいなシフとかはどうでもよくて、ただただ真央と岡村が無事にフランスに来ているっぽいのが良かったです。小夜達とは別の視点で語られるBLOOD+とまではいいませんが、もっと出してくれませんかね。

 ヴァンは今度はアイスランドへ。何かの調査ようですが、ソロモンに中断させられてしまいます。すっかり手下っぽくなってきました。
 そして真央登場です。エンスト車に怒り爆発しています。岡村も大変ですね。シャトーデュエルを目指すようです。カイに会いたいという女心はかわいいですけど。
 道を塞いでいる真央にもお構いなしに通り過ぎるソロモン。そのまま見過ごしたのは失敗ですが、顔を覚えていたのは正解です。

 小夜は疲労が大分たまっているようです。自らの血を勧めるハジ。彼女はそれを拒否します。人と違うことを強く認識させられてもなお人であることは忘れたくない、そんな感じがしますね。

 真央と岡村はシャトーに到着したようです。シャトーデュエル1967の手がかり求めて。こっそりワインを持ち出す真央はやっぱりいいですね。写真を眺めながら真央が異変に気づきます。ようやく到着したシャトーは移転した後のもの。そこで元々のシャトーにまつわる話を聞きます。青バラを持つ少女・・・。リセでのお話を知っていればなるほどと思うところですが、彼らは何も知らないのでまた遠回りですかね。

 小夜の前に現れた謎の集団シフ。彼らは小夜の血を欲しているようです。でも翼手ではなさそうです。ハジは彼らを向かい討つために一人で立ち向かいます。格好いいですね。対シュヴァリエではちょっと物足りないハジですが、彼らに対しては十分強いです。でも多勢に無勢、深手を負ってしまいます。小夜の前に立ちはだかるシフ・・・。それでもハジは小夜の元に。かなり危ないです。
 間一髪のところで夜明けを迎え、シフは立ち去ります。仲間に看取られながら息絶えるギー。日の光で消滅するなんて翼手よりもヴァンパイアぽいですね。


06 : 29 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |