FC2ブログ
涼宮ハルヒの憂鬱 第1~5話
2006 / 05 / 08 ( Mon )
 巷間で何かと話題の「涼宮ハルヒの憂鬱」ですが、ウチの地域では未放映です。民放全系列放送されるのにアニメ過疎地帯なのです。アニメ化前から一度手を出そうかなと思っていたのですけどね、残念です。しかし、GW中に録画を見られる機会が得られました。一気に全部見ました。面白いです。もう第6話の放送終わってますけど・・・。

 第1話凄いです。何というか自主制作映画?声優さんがわざと棒読みっぽく演技しているのが良かったです。下手な演技を意識してやるっていうのは案外難しいですからね。朝比奈みくるがメインというか主役です。萌え担当っていうのは伊達じゃないですね。無理矢理萌え役をやらされているのが妙にはまっていたように感じます。彼女、4話ではナース服、5話ではメイド服を披露してくれます。

 第2話はキョンとハルヒの出会い、そしてSOS団結成のお話です。1話のようにぶっとんだ構成ではないものの、ハルヒ自身がぶっとんだ性格ですので、やっぱり変なお話でした。今回もみくるちゃん可愛そうです、無理矢理バニーガールですから。まだ文芸部ということになっている長門有希さんは人気でそうなキャラですね。ここまで見て感じたのは、キョン役の人の演技が一番上手いんじゃないかということ。
 
 第3話はハルヒがコンピュータ研にパソコンを奪いに行くお話です、多分。キョンが長門に借りた本から約束の場所と時間が書いた栞が出てきて慌てて彼女に会いにいったら、電波な話が始まりかけてもう訳わかんねぇというお話ではなかったはず。あれはあくまで5話への伏線というかお話進行させとけという感じなのかな?
 おそらく本筋は早い内からみくるをクローズアップしておいて、萌えで視聴者を引きつけようとたたみかけているのがこのお話の本来の姿なのかな?
 
 第4話はいきなり野球です。ハルヒの思いつきで。前後のつながりなんてあったものじゃ無いです。どうやらこのアニメは2、3話毎に突拍子もなく別の話を挿入していく構成のようです。なのでいきなり古泉一樹(1話ででてましたけど)が普通にSOS団にいたりするので面くらいます。野球自体は滅茶苦茶です。彼らは普通じゃない人達なので。そろそろハルヒの謎が断片的に出てきます。

 第5話は第3話の続きです。もちろん前回の野球の話とは繋がりません。有希がキョンに自分が宇宙人(もっとややこしい説明をしてましたが)ということを明かし、みくるが未来人であることを明かし、一樹が超能力者であることを明かすというお話です(はしょりすぎ)。
 ハルヒは自分の思ったように世界を変えることができるようです。そんな彼女が普通の人であるキョンを選んだ。そのことに他の3人は興味があるというか、どう影響があるか心配というかそんな内容です。自分の思い通りに世界が変わるなら、自己中なハルヒというのもそれはそれでいいのかなと妙に納得させられたり・・・。

 OPはハルヒ、EDはハルヒ、有希、みくるが歌う思いっきりアニソンでした。EDは一部で凄いことになっているようですが、妙に頭に残る曲だなあと思いました。


スポンサーサイト



23 : 44 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |