FC2ブログ
BLOOD+ 第33話
2006 / 05 / 28 ( Sun )
 BLOOD+第33話「信じるチカラ」です。リク君死んじゃったからもういいかなと思ってましたが、そんなことはありません。カイがいい男になっています。翼手のはびこる世界で小夜を待ち戦い続けるカイ。またまた面白くなってきましたね。

 リク君がいなくなってからもカイの戦いは続いていました。なんか格好良くなっていますし・・・。彼はロンドンにいるようです。ルイスと共に。モニークって誰?
デヴィッドは飲んだくれになっているようです。赤い盾の崩壊で心が折れてしまったようです。ちょっと可愛そうですね。
 夜が明けて、ジョエルが訪ねてきました。何やらカイに弾丸を頼まれていたようです。そんな彼をみてもやはりデヴィッドは飲んだくれです。
 赤い盾が無くなり、小夜もいなくなり、それでもディーヴァとそのシュヴァリエは健在です。小夜が戻ってくるその日のためにカイは戦っているのです。リクの結晶を胸に・・・。 彼らがいるのはどうやらデヴィッドの旧知の家のようです。

 施設の中で翼手を相手に実験が行われています。あっさりと翼手を倒す特殊兵団の3
人。それを自慢げに語るのはヴァン、そしてその背後にはシュヴァリエのジェイムス。彼らはイギリスに売り込みに来ていたのです。さらにその傍にはジュリアとコリンズの姿も・・・。

 カイはデヴィッドを立ち直らせようと頑張っています。カイに家族ごっこをしていたのはアンタの方じゃないのか、そう指摘され怒るもののカイにあっさり倒されます。デヴィッドは本当に情けなくなってしまいました。

 ジョエルに貰った新しい武器を手にカイはロンドンの街で翼手と戦っています。ルイスと共に。次々と増える翼手に2人は囲まれてしまいます。ルイスのピンチに投げ込まれるハジのチェロケース。そして霧の中に現れる小夜・・・。


スポンサーサイト



06 : 26 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
バイクはもう無理です。
2006 / 05 / 28 ( Sun )
 何を思ったのかいろいろと家の追加工事をしているのですが、それに伴い妹のバイク(250cc)を駐車場の前まで移動していました。その日の作業が終わり、このまま放置しておくわけにもいきませんので、庭に出たついでに敷地内に入れておこうと思いました。

 動かなかったら後で父にでも入れて貰えばいいですし、別に私が動かさなくてもいいのですが、久々にバイクにも触れてみたくなりました。ずっと乗っていない(といううか一度も乗っていないのですが)とはいえ、中型免許持っています。とりまわしぐらい楽勝です。

 そう思ってハンドルに手をかけて押していきます。門のところに段差があります。ここで失敗しました。動きません。というか動けません。さあどうしましょう。侵入方向が悪かったようです。

 結局母に手伝ってもらってなんとか移動できました。全く役にたってないです。余計なことをしただけかも。とりまわしはバイクの教習で一番最初にやりますよね。それすらできないなんて・・・。
01 : 08 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |