FC2ブログ
スクラン ♯198
2006 / 10 / 25 ( Wed )
 スクールランブル♯198「DREAM LOVERS」です。ラストで愛理ちゃんがコテンと横に寝転ぶのが非常にかわいかったお話。悪魔愛理と天使愛理も古典的過ぎますが、個人的には楽しめました。

 沢近邸編その3です。相変わらず一人で黙々とアルバム写真の整理を続ける播磨君と一人でドキドキ混乱している愛理ちゃん。どうなりたいのか、どうして欲しいのか、またどうしたいのかいまいち見えてきません。実際彼女の心の内もそんなものらしく、ちっちゃな悪魔とちっちゃな天使が争っています。悪魔愛理がツンで天使愛理がデレ担当か。ベタベタな表現ですけど。まさか天満や播磨君ばりに妄想炸裂するとは思っても見ませんでした。どっちかに急加速しそうに見えたんですけどね。上手くかわされた感じです。まさに一人相撲状態です。

 そんな彼女を見かねたのか、単に自分たちが楽しみたかったのか、ナカムラとマサルが時代劇の衣装で登場します。その格好とナカムラの台詞からすぐに三匹が斬られるの198話だと気づく播磨君。相当なマニアです。しかも彼に振られているのは彼の好きな万石役。これは乗らないわけにはいきません。

 ノリノリで演技を続ける3人を見ながら半ば呆れ顔の愛理ちゃん。しかし自分に割り振られているのがヒロイン役だと分かった途端、また混乱の極致へ。播磨君の言葉が万石の台詞をなぞらえているのを知りつつも、自分に語りかけているように聞こえてドギマギします。悪人役のナカムラ達を倒した彼が近づいてきたときが色々チャンスだったのですが、あれこれ考えてしまってまたもやフイにしてしまいます。

「あばよ」

 そういい残して去っていく播磨君。呆気にとられる愛理ちゃん。三匹が斬られるのオチそのままのようです。夜はまだ長いのに・・・とちょっと物足りなさそうな彼女の下に播磨君からメールが届きます。

「お前ん家、意外と楽しかったぜ。またな!」
 コテンとベッドに倒れこむ愛理ちゃん。


 今回のタイトル元ネタは「夢中人」です。
スポンサーサイト



23 : 20 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
文章書くのは疲れます
2006 / 10 / 25 ( Wed )
 何を思ったのか珍しく長文を書いてみました。別ブログの話ですが・・・。できあがったのは何故か物語調の文章。昔と比べてかなり表現力が落ちてますので怖くて読み返せないです。かなり消耗しました。

 今回書いたのはあらかじめプロットがあります。それにもかかわらず2時間以上書き続けていました。かなり筆記力も落ちています。昔は時間当たり5枚は書けていたのですが・・・。

 文字を打つごとに頭の中に言葉が広がる、そんなことは最早起こり得ようもなく、ましてや脳内で映像でドラマが繰り広げられるようなこともありません。妄想だけは逞しくなりましたが、想像力そして創造力共に衰えてしまったようです。

 ただ変わってないのは文章書くとものすごく疲れるということだけ。昔から何かを削っていく書き方しかできません。
22 : 46 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |