FC2ブログ
のだめカンタービレ Lesson 12
2007 / 04 / 29 ( Sun )
 何がどうあっても関西テレビからさらに1週遅れになるようです。2週も休んで・・・。お話忘れそうです。ようやく12話です。

 千秋のようにオーケストラでピアノを弾きたいというのだめ。その熱意にほだされたのか彼女を学校に引き連れて2台のピアノで合わせ始めます。千秋が伴奏でのだめは普通に演奏。いつものようにでたらめですが凄い演奏です。自然に練習室の周りには人垣ができ初めて・・・。
 千秋の部屋にいるときからこっそりとのぞいていた彩子にはたまったものではありませんね。自分が到達しえなかった位置に見た目では自分の方が上ののだめがいます。おまけに同じ声楽科の子にも馬鹿にされて・・・。もう一度自分を見つめなおす分には彼女にはいい機会だったかも知れませんが、見ていてつらいですね。

 年が明けてものだめはやはりのだめ。プリごろ太のチョコレートを嬉しそうに配っています。そんなのだめが千秋は心配です。Sオケのみんなにチョコを配る中、それぞれの道を歩み始めたことを伝えられるのだめ。
 千秋は音楽雑誌の編集者の取材を受けます。海外に留学を勧める佐久間の言葉を過去のトラウマから拒絶する千秋。もやもやした思いから部屋に帰ってからののだめへの対応もぞんざいです。ピアノの才能があるのに生かそうとしないのだめへの態度に業を煮やした彼は彼女に怒鳴りかけようとしますが、それは自分も同じことでした。実力があるのに海外に出ようとしない千秋。彼には日本で何をするかという新たな命題が生まれたのでした。
スポンサーサイト



17 : 36 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
沙華が(BlogPet)
2007 / 04 / 29 ( Sun )
沙華が
リスメアの街に向かうことにした3人は道すがら鳥を使ったルーレットをしているらに出会います。
とか思ってるよ。

*このエントリは、ブログペットの「わんこ」が書きました。
11 : 19 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
らき☆すた 第3話:「いろいろな人たち」
2007 / 04 / 29 ( Sun )
 元が四コマなのでテンポ速いです。やっていることはゆるゆるな会話なのに場面転換が早いので時々何をやってるかわからなくなってしまいます。現実におしゃべりしているときってくるくると話題が変わって最初何の話してたっけ?ということがよくありますが、そういう感じを表現するためのこのテンポだったら凄いなあと思います。実際どうなんでしょう?

 それにしてもかがみとつかさは似てるの髪の色だけのような気がします。二卵性ですね。マナカナが出てくるとは思ってなかったですし、ウエディングピーチが出てくるとも思ってませんでした。そしてエンディング。フルメタは未放映なので知りません。
10 : 28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
地球へ・・・ section04 : 宙からの帰還
2007 / 04 / 29 ( Sun )
 リオが無事だったー。良かったです。このままですとかわいそうですからね。でもブルーが、ブルーが・・・。リオの時同様きっと大丈夫ですよね。

 力に目覚め、暴走するジョミーを助けに行ったブルー。その彼を守るために母船シャングリラを陽動に使うことを決断するキャプテン・ハーレイ。長期間に渡って人類側にその存在を隠してきた船をいくら指導者のソルジャー・ブルーを助けるためとはいえ晒すのはいかがなものかと思いました。ブルーとかジョミーとか結局自分たちでなんとかしそうですしね。リオを救うのは仕方ないと思いますけど。ただ一人を救うために多大な犠牲を払うのは人道的にはともかく、指導者としては軽率な部分が残ると思うのですが・・・。

 何も聞く耳もたなそうなジョミーに対し、ブルーが取った作戦は・・・。自らの過去を見せて悲しいミュウの歴史を見せたのでした。無理やりでも思いを共有するすることでジョミーの心を開いたブルーでしたが、代償は大きく彼の命を縮める結果に終わります。そのことが新たな指導者として指名されたジョミーの行く手に影を落とさなければいいのですが・・・。
10 : 01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |