FC2ブログ
のだめカンタービレ Lesson 13
2007 / 05 / 06 ( Sun )
 卒業演奏会って格好いいですね。当然千秋も最終選考に残って・・・まだ結果出てないのに。さすが千秋様という感じですね。
 
 千秋は自分自身の現状に対して腹を立てているのかのだめに腹を立てているのかわかりませんが、不機嫌です。彼の怒り方って面白いですよね。のだめのご飯が缶詰になる。さすがにのだめもこれには参ったのか、回る寿司に千秋を連れていきます。寿司が回ることに不満な千秋。彼が上等そうなものを頼んでやきもきするのだめ。シャリだけをのだめに与えているのはおいしくないから?最後はガリ寿司まで与える始末です。

 三木清良嬢登場です。桃ヶ丘音楽大学に何故?と思いましたが、師事している先生の都合らしいです。理事長恐るべしという感じですね。その彼女は千秋に一緒にオケを作ろうと申し出るのですが、見事に即答です。峰君が誘ったときには無視したのに。

 そして卒業演奏会。真澄の相方が急病で代わりに千秋が伴奏することに。見事な演奏を見せる2人ですが、千秋は自分の演奏のときはさらに凄さを見せることに。こういうのっって格好いいですね。

 演奏会が終わると今度はSオケの解散式。鈴木薫と萌の2人に気がある腹黒2人組はあの手この手で千秋の邪魔をしようとしますが、どれも失敗。別に千秋もやりたそうにしてましたから案外上手くやれたんじゃないでしょうか。

 帰り道、千秋はのだめにSオケのメンバーからの新オケへの参加を断ったことを告げます。新オケはSオケの延長ではやりたくない。彼のやりたいことが徐々に形になってきた感じですね。参加を断ったのもそれでも這い上がってこいという彼なりのメッセージのようですし。
スポンサーサイト



15 : 42 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
以前住んでいたところよりも街中(BlogPet)
2007 / 05 / 06 ( Sun )
今日、沙華が
以前住んでいたところよりも街中(住宅街)なのでらが見られるとは思っていなかったです。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、ブログペットの「わんこ」が書きました。
11 : 27 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
らき☆すた 第4話:「やる気の問題」
2007 / 05 / 06 ( Sun )
 監督降板という凄いことになっているらき☆すたですがそれは第5話から。うちの地域は一週遅れなので山本監督の最後の回ということです。雰囲気は3話とよく似てますね。本当に4コマのテンポでお話を進めてぱっと次に入る。そんな感じです。各エピソードのつながりが希薄なのでわりと唐突な印象を受けます。

 各話サブタイトルがついていますが、中のお話のどれかのタイトルのような感じであまり全体とは関係なさそうですね。それでもこなたを見ているとやはりやる気の問題だなあというのは感じましたけど。

 ネトゲーで人助けとかクエストやってて遅れたとか今の世の中では普通にありそうで怖いですね。またななこ先生も内容が分かっているところがなんともいえません。落ちるに落ちられないというのは共感するところがありますけど。

 かがみとつかさの誕生日にこなたが暑くてだるいので家で誕生日をというのがなんとなくツボでした。クッキーがあるから来るようにとういうかがみのお姉さん口調も良かったです。でもこなたが2人持っていったプレゼントには驚きました。つかさを見て第1話から似ているなあとは思っていましたが、あんなにあからさまにやるとは。

 試験勉強そっちのけで片付けしたり、漫画読んだりするのは良くある光景ですね。こなただけじゃなくつかさも。2人はこういうところ似てますね。割り切っているかいないかの違いだけに見えます。

 みゆきさんは水の中で目が開けられないからあまり泳げない。新たな萌え要素にずるいと悔しがるこなた。別の話でこれだから女ってやつはとかがみに言っておきながら、萌えには反応する。複雑ですね。
09 : 56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
地球へ・・・ section05 : 死の跳躍
2007 / 05 / 06 ( Sun )
 どうやらブルーはまだ大丈夫なようです。色々言われてますが、それでもブルーにべったりなジョミーが可愛いです。顔に似合わず性格がちょっと激しすぎですけどね。

 ジョミーのミュウとしての生活がスタートしました。ミュウの長たちはブルーのこともあり、その心情はともかく、ジョミーの訓練やら何やらをサポートしているみたいです。他のミュウとはギクシャクしたまま。子供たちだけは彼に分け隔てなく接していますが、これはもともとのことなので、もっと頑張らなければいけません。リオはこっそりジョミー派みたいですけどね。癇癪起こして部屋に去るジョミーを感じて微笑むところがいいですね。

 ミュウの母船の存在を知った人類はサイオン・トレーサーを設置してその発見に力を入れてきました。その開発者のセキ博士の息子セキ・レイ・シロエとジョミーは出会います。ピーターパンに憧れる少年はミュウの力を持っていました。彼を救い出そうとするジョミーですが、そのころ母船シャングリラはサイオン・トレーサーにより発見され、衛星軌道上から激しい攻撃を受けていました。

 シロエが母への想いから同行を拒否したので、ジョミーの思惑は失敗に終わりました。とって返した彼は軌道上からの攻撃を単独で防ぎ続けるという大活躍を見せます。挫折と実績が対比されて面白い状況なのですが、ますますジョミーは中途半端な感じに見えるだけですね。ブルーに慰めれているようにも見えますし。

 このまま攻撃を受けていては地球へ行くという本来の目的が達成できません。キャプテン・ハーレイはシャングリラを宇宙に向け脱出を図るのでした。
09 : 34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |