スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
スクラン ♯248
2007 / 10 / 31 ( Wed )
 スクールランブル ♯248 「A BITTERSWEET LIFE」です。アソミコ!こういうお話は好きです。美琴は凄く大人っぽいというか、何か一人で先に行ってしまったような感じがしますね。麻生君は忘れようとしているのにまた惚れ直したみたいですし・・・。サラはいい娘。

 まだ好きな人が「いる」「いない」を引っ張っているようです。バスケ編から特にこういう引っ張り方をしているのが気になります。まだ浮かれている男子をみると妙に子どもっぽく見えるのはなんででしょうね。
 醒めている女子を放置していても事態は進展しませんから、徐々に男の子たちは様子を伺いに行きます。ここで白けなかったのでちょっとほっとしました。

 でも彼らでお話は進むわけはありません。彼らからひとりぽつんと離れ寝転んでいる男の子がいます。麻生君です。こういうところに交わらないのが彼のいいところですね。彼に声をかけるサラ。一人でいるのを心配しているのか、それとも・・・。
 彼を気遣い甘いチョコを渡そうとするサラですが、麻生君は苦手だとあっさり断ります。それでも笑顔で去っていくあたりはさすがというかなんというか。
 
 また寝ている彼に今度は菅君。当然ながら彼では力不足です。

 それでは誰なら彼は動くのでしょう? ここで真打登場です。美琴です。普通にしようとするあまりギクシャクする彼に対して美琴は至って自然体ですし、どことなく優しさが漂っています。最初のサラに比べて一枚上手な感じですね。

 別れた彼女がさらに魅力的になって現れると辛いですね。行こうと声をかけた彼女に返事はすれども体は動いていないようです。またサラが現れてこんどはピターチョコを渡します。一部始終を見ていたらしく麻生君の頭を撫でるサラ。麻生君の心境はいかばかりでしょうか。

 
 今回のタイトル元ネタは「甘い人生」。
スポンサーサイト
22 : 00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
足踏み
2007 / 10 / 31 ( Wed )
 泥沼にはまっている姿を見るのは辛いです。
20 : 16 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スキップ・ビート! 17巻 
2007 / 10 / 30 ( Tue )
 スキップ・ビート!第17巻です。V・Gのレイノはもう駄目かなと思っていたら、ちょっと復活しますし、何故か妙にいい味だしていました。前とは全然違いますね。蓮の核心に迫る何かを見ますし大活躍です。

尚に苦汁を舐めさせるためV・Gのレイノが選んだ手段は、キョーコ襲撃! コーンの聖なるパワーで撃退しようと試みるキョーコだが、コーンを手にしたレイノは? さらにアメリカから、かつて嘉月を演じたVIPスターのクー・ヒズリが来日。お世話係を命じられたのは・・・?
(作品かいせつ より)


 尚とキョーコでもうひと波乱かと思っていましたら彼は全然出ません。16巻では滅茶苦茶格好よかったので今回もと思っていましたら見事に肩透かしです。代わりにレイノが電波な存在感ありありで迫ってきます。蓮の妙に紳士なところとキョーコの異常に鈍いところは相変わらずというよりスケールアップしている感じですね。
 
 今回はなんといってもクーです。俺様度では尚以上。蓮よりも存在感ありますし、顔見世程度で終わっているのが残念です。ラストのキョーコの意味深な笑顔も気になりますしね。


23 : 46 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
取捨選択
2007 / 10 / 30 ( Tue )
 優柔不断だと思うこともあります。
21 : 04 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ふ・・・太った・・・
2007 / 10 / 29 ( Mon )
 何か見た目が不細工になったなあと思ってはいました。服もちょっときついかなと。でもね、体重計に乗る勇気はなかったんですよ。しかし、そのまま放置して知らない間に違う領域に突入しているのも嫌です。思い切りました。

 当然、太っているわけです。見た目通りですね。それもかなり。夏と全然違うのです。今までの人生で秋に太ったことなんてありませんでした。何ででしょう。のんびりしすぎているのでしょうか。

 また微妙に人生最高体重に届いていないところが、まだ引き返せそうで希望に溢れている半面、安心してしまって大変なことにという危険性も満載です。痩せていたのが15年経って完全に戻ったということかも知れませんが、やはり標準とか普通とか書かれるのは許せないというかやるせないというか・・・。

 とりあえず自己流ダイエットの奥義その1、イメージトレーニングから初めてみようと思います。
23 : 57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
矯正
2007 / 10 / 29 ( Mon )
 変な癖は早めに直さないといけませんね。
22 : 51 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
デルトラクエスト 第43話 「スカ-ル大暴走!」
2007 / 10 / 28 ( Sun )
 大暴走!とかタイトルにあるのでどんな大事?と思って見ましたが、意外とあっさりした感じでした。やっぱり最近は淡々としていますね。大物相手じゃないからでしょうか?

 前回のデインとの会話で7部族召集を決めたリーフが、各部族の代表を発表します。ものすごくリーフたちの主観で決められているのですがいいんでしょうか。トーラ族の長であるゼアンや他に生き残りがいるかどうか分からないグロックはまだしも、他は適当に知っている人をあげているだけじゃ・・・。デル族がバルダというのもなんだか・・・。

 ジョーカーの提案で集合場所はベタクサ村に。2手に分かれていくことになるのですが、リーフたちは追われているのでルーカスの馬車に隠れていくことになります。歩かないで済むと知ったときのジャスミンの喜びようがなんともいえません。よっぽど歩くの嫌いなんでしょうね。野育ちなのに・・・。そして馬車に乗ると狭いと文句をいいますし・・・。またツンだけかと思っていたら、なんとジョーカーに助けられた礼を述べます。照れている感じが凄くかわいいんですけど。

 その場にいない人たちへの連絡手段はクリーに蜂にと様々です。いつもながら人間以上に活躍してますね。
 ベタクサ村へ向かう道中、バルダさんはずっと睡眠です。この辺はさすがですね。ジャスミンはいつものように文句ばっかりです。彼女はルーカスの歌がうるさいと言っていますが、リーフはその歌が外の様子を伝えていることに気付いて彼女に教えます。するとちょっと機嫌が直ったみたいです。

 そんなルーカスの歌が不穏なものに変わります。影の憲兵団の検問です。しかも回りは崖で避けようにも避けられません。歌あんまり役に立ってない・・・。ルーカスは憲兵団の気を引こうとアップルドリンクを持ち出し頑張るのですが、逃げようとした3人はあっさり見つかってしまい、結局戦うことになります。
 憲兵団なんか余裕の雰囲気ですが、ルーカスを人質に取られては身動きできません。全員捕らえられてルーカスは殺されそうになります。そこでスカールが彼の中から現れ、憲兵団を一掃、ついでにバルダも弾きとばし、ジャスミンも殴り飛ばしてしまいます。リーフはベルトの力を使いスカールを落ち着かせることに成功します。またベルト・・・。

 バルダは打ち所が悪いのかダウンしたまま。こんなのでデル族の代表が勤まるのでしょうか。そのままベタクサ村に到着します。そこは事前にジョーカーが言っていた清潔とも安全ともかけ離れた場所でした。

 でも、そんな本編よりも、リーフたちが出発するときに彼らの身代わりとしてトル川へ向かったトーラ族の3人の方が気になるのですけど・・・。
23 : 53 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ゴール
2007 / 10 / 28 ( Sun )
 終着点に向かって進んでいくだけです。
23 : 04 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
デルトラクエスト 第42話 「七つの宝石が集う時」
2007 / 10 / 28 ( Sun )
 また淡々としたお話にもどってしまったような・・・。お話自体も合間というか中継ぎっぽくて緊迫感ありませんし。アクババとスカールでは・・・。

 遂に7つの宝石が揃ってあとはお世継ぎを探すだけになりました。ベルトが導いてくれるとわりとリーフは楽観的ですが大丈夫なのでしょうか。普通に考えたら凄く大変ですよね。何処にいるか分からない人を探すって。しかも全然知らない人ですよ。でもいつものようにベルトがどうにかしてくれるんでしょうね。正直ベルト頼みな展開が多すぎるのも問題なのかも。

 いましめの谷は解放されたにも関わらず、すぐさま霧深いもとの状態に。この方が影の大王を欺けるのだとか。魔法の霧で人にも動物にも優しいのだとか。魔法便利ですね。
 いいにおいがするといいますが、トーラ族復活の祝宴をかぎつけたような格好でちょっと間が悪い感じがします。そこへジャスミンが一番に駆け寄って手掴みでほおばる姿を見て、この辺が野育ちって言われる由縁かなとぼんやり考えてしまいました。
 
 アクババがいましめの谷に飛んでいったのを見て心配したジョーカーとデインが谷へ。様子を伺いに来たファーディープとリーフがあっさり姿を晒したのには驚きました。オルだったらどうするの? そうじゃなくてもトーラ族が折角隠したのが台無しなんじゃ・・・。

 夜、その場の流れで残ってしまったものの、落ち着かないリーフたちは谷を出ます。途中でジョーカーたちが休んでいるところをこっそり抜けようとしますが、バルダが枝を折ってしまって、スカールに見つかります。スカールってどう見ても人間じゃなさそうなんですけど。
 暴れるスカールと対峙する3人ですが、バルダは謝ってばかり。リーフが今はそんなことを言っている場合じゃないといいますが、時すでに遅く、ジャスミンがピンチです。そこへジョーカーが彼女をかばって負傷してしまいます。
 リーフはダイアモンドの力を使って彼を癒します。全てを打ち明ける決心をしたリーフはトーラ族の下に戻り、こちらにも事情を話します。そこでデインの言葉にヒントを受けて、道が開けるのですが・・・。なんか上手く行きすぎですね。
20 : 55 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Appendix XI 「恋と愛の主題による変奏曲」
2007 / 10 / 28 ( Sun )
 やるきばこ2の紫苑さまシナリオです。恵泉でも聖應でもなく翔陽大学なのでおとボクという感じは貴子さんシナリオ同様薄いかも知れません。瑞穂ちゃんも宮小路ではなく鏑木ですしね。

 Appendix Xとほぼ舞台が同じで設定もよく似ていますが、やはり順番通りXからやった方がいいような気がします。紫苑さまの声がちょっと違和感ありますから、先に貴子さんシナリオで慣れた方がすんなりと入れそうだからです。

 紫苑さまシナリオといいつつ、新キャラの桃子や楓さんの恋模様ばかりにスポットが当たっていますので、全体的な雰囲気から言えば、紫苑は奏ルートの貴子のような役回りです。ある意味大活躍なんですけどね。らしさはよく出ていますが、もっと動かしていいようなそんな感じです。
12 : 37 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。