FC2ブログ
重箱の隅
2007 / 12 / 27 ( Thu )
 つつきたくなることってありますよね。
22 : 16 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
鋼の錬金術師 第18巻
2007 / 12 / 27 ( Thu )
 鋼の錬金術師第18巻です。舞台は引き続きブリッグズですが、中央のリザのお話も重要です。なんと言っても背のところの絵が・・・。プライドが登場してホムンクルスが7体揃うのもこの巻です。

 見所はやはりキンブリーとエドおよびブリッグス軍の化かし合いですね。アニメだとただ爆破が好きな男だったキンブリーですが、本編では知的で狡猾な本来の持ち味が生かされてきてある意味格好いいです。エドと交渉するシーンでは、ウィンリーという駒の使い方が上手いと思いました。
 
 リザとプライドの顔合わせもいいですね。ギャグパートが非常に少ない今回のお話ですが、ここの部分は特にシリアスです。こういうのを見せられたらマスタング一派に打つ手はあるのと心配になってしまいますよね。


21 : 10 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
櫻の園のエトワール
2007 / 12 / 27 ( Thu )
 櫻の園のエトワール、読了しました。やるきばこ2のお話よりも雰囲気はおとボクらしい、そういう印象を受けました。おとボク好きには瑞穂が好きだという方と聖應の雰囲気が好きだという方がいらっしゃると思いますが、後者にはかなりツボなお話だと思います。

 八王子パルサー版を少し膨らませたお話かなと購入前は思っていましたが、読む前に感じたようにかなり読み応えがあって引き込まれました。薫子が格好いいのは予想通りでしたけど。彼女の友人の真行寺茉清も、物語終盤に出てくるケイリ・グランセリウスや魚住響姫もいい味を出していますね。特にケイリのキャラは珍しいタイプなので動きや声と一緒に見たいですね。

 上級生になった奏がすっかりお姉さんしているのが微笑ましいお話でもあります。本編でのちっちゃくてかわいい子から小さいけど優しさ溢れる子に進化していますね。
 由佳里は本質変わらないのですけど、お話が進んでいくにつれ、どんどん姉であるまりやそっくりになっていくのが面白いです。 



 お話の盛り上がり方というか構成がPC版とよく似ているように感じます。いい面も悪い面も含めて。あとがきでこれで終幕と書いてあるのが残念です。薫子や初音が3年生になった姿も見てみたいと思うのですけど・・・。ただ奏たちがいなくなると瑞穂とのつながりが薄くなるので難しいのかなというところはありますね。
10 : 01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スクラン ♯255
2007 / 12 / 26 ( Wed )
 スクールランブル ♯255 「THE BODYGUARD」です。なんだか非常にあっさりした印象のお話でした。谷間というか繋ぎの回という表現が似合いそうな。ところで、愛理ちゃんは何に結果を求めているんでしょうね。

 歩行祭夜の部開始といったところでしょうか。泊まるのかと思ったら仮眠だったんですね。ちょっと分かりづらい感じがします。というかまだ歩行祭続けるのでしょうか?いつもならとっくに脱線しているところですよね。

 そしてここでまさかの烏丸君は何処?という流れ。いつもなら無視して進むはずなのに・・・。あくまで歩行祭は天満が主役なんでしょうか。周りも彼女を後押しして彼を探しに行くという方向に変わっていきます。

 ただ何処にいるかも分からないし、一人では不安です。ここで愛理ちゃんがまさかの行動にでます。播磨君を連れて行くようにいう彼女の真意はどこら辺にあるのでしょう。もちろん播磨君はノリノリですけど。さらに彼女は八雲もけしかけます。決着をつけなさいと。煮え切らない八雲に白黒つけさせようという考えなのか、はたまた別の狙いがあってのことなのか、どちらにしても彼女にメリットはあるのでしょうか?

 いざ歩き出すと、ボディーガードのはずの播磨君は相変わらず猿だといわれて弁明をしていますが、今回ちょっと雰囲気が違います。天満の受け答えに以前のような拒絶はありません。本当のトコロはどうなのとちゃんと聞く耳を持っているみたいです。
 播磨君の気持ち、姉の気持ち、そして全ての状況を一番理解している八雲。彼女はこの状況に何らかの答えが出ると感じ、2人から距離をおきます。
 これは千載一遇のチャンスと播磨君は行動に出ようとします。天満も何やら恥ずかしそうに何かを言いたそうにしています。

 いざ告白というところで・・・。烏丸君が見つかったら2人で歩きたいと天満。はじめから全然ブレてないですね。


 今回のタイトル元ネタは「ボディーガード」。
23 : 01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
解放
2007 / 12 / 26 ( Wed )
 抑圧から逃れたいのは自分だけでしょうか?
20 : 35 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
乙女はお姉さまに恋してる 櫻の園のエトワール
2007 / 12 / 25 ( Tue )
 普段は読まないで書くことはありませんが、我慢できませんでした。「乙女はお姉さまに恋してる 櫻の園のエトワール」を購入です。パラパラっとめくってみたのですが、凄く面白そうです。最初にめくってのカラー頁には少しドキっとしますけどね。

 やるきばこ2と同じく「おとボク」のアフターストーリーなのですが、向うは瑞穂自身の物語であるのに対し、こちらは彼が卒業した後の聖應女学院での物語です。同人版を読んでいますので基礎知識はばっちり?といいたいところですが、結構ボリュームがありますので、読みがいがありそうです。

 やはりイチオシは奏の妹の七々原薫子ですね。のり太絵になって凛々しさが増していますね。彼女がメインの妹は騎士さま!?は同人版でも好きだったので非常に楽しみです。


23 : 34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
失われたコトバ
2007 / 12 / 25 ( Tue )
 紡がれなかった言葉はどこへいくのでしょう?
21 : 59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
CLANNAD 第12話 「かくされた世界」
2007 / 12 / 25 ( Tue )
 風子!なんでこんなところに出ているの?「今は思い出さなくても構いません。しかるべきときが来れば・・・」ということはまた出てくるんですね。再登場はずっと後だと思っていたのでびっくりしました。
 今回もことみのお話。前半のほのぼの笑いあり、後半シリアスがパターンなんでしょうか。前半のなのなの言っていた娘の後半の壊れっぷりが怖いです。

 ヴァイオリンを返しにいくことみ。朋也は保護者のようについていきます。面倒見良すぎですね。仁科さんが凄くかわいく見えます。変な娘ばかりなので、普通の子が出てくると引き立ちますね。

 岡崎効果なのか何なのか、ことみは普通に授業に出るようになっていました。でもそんなことよりも、渚は最近ことみや杏におされ気味なので、単独で朋也がいるときはなるべく、くっつこうとしているようにしか見えません。嫁がんばれ、といったところでしょうか。

 演劇部の部室はすでに杏たちの溜まり場でした。杏がなにやらことみに熱弁を振るっています。彼女がつっこみだらけの街に行くことはなさそうですが、そういう意味において渚、椋、ことみの3人が集まったところで太刀打ちできないのは納得できます。確かに0×3は0ですね。
 
 杏は一体彼女らをどうしたいのでしょう。グループ交際と称して、日曜日にみんなで出かけることを提案します。朋也一人に女の子4人。どう見ても普通ではありません。
 ことみの誕生日が近いことを知った杏は、ゲームセンターでぬいぐるみを取ろうと必死です。店員に文句を言って位置を直させるほどの熱の入れようです。怖いです。しかも朋也のお金・・・。どうも取るのは無理そうです。そこで敢然と一人の少女が立ち上がります。風子です。この登場は嬉しいですが、こんなところで出していいのでしょうか?
 風子はいつものキリっとした顔でしれっと星型のぬいぐるみを取っていきました。思わず形に惹かれたと言っていますが、絶対他のを取る気なんてないですね。ヒトデじゃないぞという朋也のツッコミがいいですね。

 帰り道、ことみと朋也は同じ方向なので一緒です。2人きりになってことみは朋也に青い本を渡します。ただ持っていればいいということみ。なんだかよく分かりませんが、渚の嫁の座が危ういことだけは分かります。
 ここでまた怪しい男の人が再登場します。慌てて逃げる2人。ことみが言うにはわるものということです。

 その夜朋也は夢をみます。火事なのか燃えています。炎の中に見えるのはことみ?、小さな男の子?、わるもののおじさん。
 あくびをしながら登校する彼の目が急に塞がれます。そして背中には胸の感触・・・。杏にそそのかされたことみでした。杏は一体朋也をどうしたいのでしょう。いまいち婉曲すぎて見えてきません。そこへ渚が慌てて駆け寄ってきます。椋が乗っているかも知れないバスが事故を起していると。引き返してみるとバスは回送で誰も怪我をしていませんでした。怪我をした人はいないと喜ぶ渚もいいですが、無事な椋を見つけて抱きつく杏もいいお姉さんぽくて、珍しくいいです。

 事故にあったバスを見ていたことみの様子がおかしくなりました。倒れこむ彼女を病院、救急車、保健室と叫んで結局は保健室へ連れて行く杏。どう考えても優先順位は逆です。しばらくしてみんなでことみを訪ねると彼女は早退した後でした。理由を聞いてもプライバシーに関することと言って詳しく教えてくれません。心配する彼らは担任に住所を聞きだして彼女の家に向かいます。これも十分保護されるべきプライバシーなんですけどね。ことみにとってまだ自分たちは友だちじゃなかったと呟く杏の台詞が寂しいですね。

 ことみの家に着いた一同。しかし、人が出てくる気配はありません。朋也一人がその家に何か違和感を感じているようです。そんな彼の変化を嫁の渚が見逃すはずもありません。彼女はこれ以降ことみそっちのけで岡崎さん、岡崎さんです。
 このままでは埒があかないので、朋也一人残り、女の子たちは帰らせます。彼がことみの家まで引き返すと、そこにはわるもののおじさんが・・・。詰め寄る朋也が怖いですね。おじさんはことみの両親の研究チームにいた人でした。彼の言葉は回りくどく選んだような話ばかりでちょっと分かりづらいです。ここでもまたプライバシー。結局よくわかりません。

 再度ことみの家を訪れた朋也は、黒い蝶に導かれるまま、裏に回り庭から家に入ります。フラッシュバックされる過去の記憶。ことみの部屋についた彼は過去を思い出します。2人は子どものころに出会っていたということを・・・。幼なじみなんでしょうか。渚ピンチですね。
03 : 01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
やる、やらない
2007 / 12 / 23 ( Sun )
 後悔とかより、リスクの問題。
22 : 03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
しゅごキャラ! 第12話 「悲しみのクリスマス・イブ!」
2007 / 12 / 23 ( Sun )
 ほしな歌唄凄い・・・。なんて歌、歌唱力。と崇め奉るべきなんでしょうね。アニメで流れる歌のレベルじゃない。そう思いました。でも同時に歌唄の声じゃない。そう思いました。歌詞はもろ歌唄ですけどね。あむは・・・、歌唄と一緒に出しちゃ駄目でしょう。

 あむの学校では終業式。いいですね。子どもはいっぱい休みがあって。作中でもクリスマスシーズンということで街に買い物に出かけます。ややは相変わらず遊ぶことしか考えてないのがかわいいですね。なでしこはちょっと大人びていすぎですから、バランス取れていいのかも知れません。

 すっかり遅くなったあむは慌てて帰ります。近道だと言ってあちこちウロウロするのですが、ミキがいうように普通に帰った方が早いですね。犬に吠えられてビビるあむが微笑ましいです。私も小さい頃あんな感じでしたから。
 近道して迷うってどんな才能かと思いますが、おかげてあむはイクトのヴァイオリンを聴くことができました。もうかなりグラっと来ていますね、唯世君はどうなったのっていうぐらい。あむに気付いたイクトは演奏を止めて去ろうとします。それでも馴れ馴れしく演奏をせがむあむに、敵だということを忘れるなと告げて消えます。
 
 イクトのことが気になるあむ。もう一押しすれば落ちそうな表情をしていますね。一方イクトの方もイースター社のヘリポートで寝転んであむのことを考えています。両思い?
 そこへ歌唄が現れてイクトに抱き付きます。今日イブだから会いたいという彼女。もう会っているんじゃないの?と思いましたが、そういうことではないみたいですね。彼女はイクトのためにイースター社のエンブリオ探しに協力しているみたいですし、特別な感情があるのは間違いありません。前回あむを見る目の恋敵を見る目でしたしね。

 ガーディアンたちはロイヤルガーデンでクリスマスパーティーをしています。小学生が学校の施設でこんなに派手に活動していいのかといつもながら考えてしまいます。日が暮れてもやっていたみたいですし・・・。唯世のライオンの着ぐるみ姿に萌えるあむがいいですね。余興でキャラなりしているあむはなんだかなあと思いましたが、アミュレットスペードが見られたので良かったです。

 日もすっかり暮れて帰ろうとするあむは大きな×たまの気配を感じます。彼女が駆けつけると、昨日訪れた公園でした。転がる大量の×たま。昨日は楽しそうに演奏していた人たちだけに何で?という感じです。あむの視線の先にはイクトがいます。彼女が近づこうとすると、威嚇攻撃を加えて×たまと共に消えていきました。この人たちどうするんでしょう・・・。

 歌唄は一方的にイクトに宣言したように、8時には仕事を放り出して街の中で彼を待っていました。イクトは現れません。二階堂にそそのかされて大量の×たまを作っていたからです。でも理由はそれだけなのでしょうか?
21 : 21 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ