FC2ブログ
スクラン ♯253
2007 / 12 / 05 ( Wed )
 スクールランブル ♯253 「RADIO DAYS」です。久々にショートショート。もはや歩行祭がどうでも良くなっているような気がして少々心配です。田中と永山とか、円と梅津とかこういう細かいのはショートでないと無理ですからね。一番気になったのは手錠の鍵です。

 花井君と美琴の擬似結婚式のお話で彼女が一度も出なかったのはおかしいなあと思っていましたが、ここで出てきました。つむぎです。彼女はそんなことは興味ないと受験やら天文の話をしていますが、意識しているのは明らかです。1万年後には・・・って、どれだけ待つのでしょう? 1万年と2千年前から♪というのを思い出しました。

 足をくじいた田中君。このままだと先に進めません。一緒にいる永山朱鷺は真剣な表情で彼から携帯無線を借ります。助けを呼ぶのかと思っていたら・・・。

 アンゴラにはナカムラとマサルがいました。すぐ引き返すという話でしたが、ハンティングとか言っています。現れたライオンを追い払うために鍵を投げつけるマサル。そんなものでは無理です。それにその鍵は播磨君の手錠の鍵です。このまま播磨君と八雲はそのままなんでしょうか?

 円と茂雄は相変わらずです。かわいそう過ぎるというか、なんというか。

 熊を見たと騒ぐ女子生徒たち。ララが敢然と茂みに向かいます。熊退治するのかなと思っていたら、そこには迷子になったまま国に帰れない彼女の父の姿が・・・。本当に熊を倒しても良かったと思います。

 晶は相変わらずカゴの話が好きですね。ちっちゃいカゴが妙にかわいいです。でもカゴの墓はないですね。
 
 今度は茂みを見て熊が出たと騒ぐ男子生徒。西本が慌てて茂みの中に入ると・・・。彼のコレクションを漁る菅君の姿が・・・。同じシチュエーションを2度見せられるのはちょっと・・・。

 稲葉美樹は花井君の気を引くために遭難したフリを・・・。これだけ準備して遭難も何もないと思いますが、普通に迷子になったようです。ちょっと抜けているところがいいですね。

 妙と絃子と葉子。何かあったときのためにいるはずが、酒盛りしていてちっとも役に立っていません。谷先生は改めて偉いと思います。

 
 今回のタイトル元ネタは「ラジオ・デイズ」。
スポンサーサイト



22 : 26 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
不平不満
2007 / 12 / 05 ( Wed )
 努力ではなくならないものです。
20 : 17 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |