FC2ブログ
気合
2007 / 12 / 09 ( Sun )
 本当に気持ちの問題だけなのでしょうか。
スポンサーサイト



21 : 44 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
しゅごキャラ! 第10話 「キャラなり!アミュレットクローバー!」
2007 / 12 / 09 ( Sun )
 ようやく緑の子の出番です。思ったよりあっさりしていてちょっと?な感じだったのですが、アンコールっぽくもう1回キャラなりしたのがツボでした。

 あむの朝は大忙しです。外キャラの維持は大変なんですね。バタバタしている彼女とは対照的にスゥはマイペースです。ランやミキはあむにこき使われているのに、彼女だけは一人で朝のお散歩。なんだかかわいいですね。
 出発前の忙しいときにあみが絡んできます。クリスマスツリーの飾りつけをせがまれ、またしゅごキャラが見つかって大慌てです。しゅごいキャラって台詞はいつ聞いてもかわいいのですが、朝からコレでは疲れますね。

 いつものようにロイヤルガーデンにいるけど仕事はしていないあむ。何もしなくていいからと言っても顔を出すのがいいですね。放課後は皆でツリーの飾りを買いに行くことに。
 ツリーの飾りというよりは、あむたち以外は、すでにしゅごキャラたちの気に入ったアクセサリーを買う場にしかなっていないような気がしますね。

 店を出たところでスゥはヨルとその仲間の猫たちにアクセサリーを奪われてしまいます。追いかけるうちに皆とはぐれて・・・。かなり経ってからあむが気付くのがなんともいえませんね。それでも心配で探し回るところはいい娘だと思いましたが。ランやミキはいつものことと言いながらさほど気にしていないのようですけど。一方、隣町まで来てしまって帰り道が分からなくなったスゥ。あくまでマイペースです。

 心配しているあむの元にイクトが現れます。スゥは隣町にいると。それだけ言い残して行っても全然役に立ちませんが、言うだけ言いたいのでしょう。ベランダに立つのが結構お気に入りなのかも知れません。そのころのスゥは迷子の犬を見つけ、一緒にお休み中。

 翌日は、学校が終わったら再びスゥを探すことに。ガーディアンのメンバーも協力してくれるようです。しゅごキャラたちは先に捜索に出るようですが・・・。スゥと犬はやはりのんきに移動中です。途中お財布を拾って交番に届けています。その代わりにアクセサリーを忘れたら意味がないと思うのですが・・・。

 スゥの脇を×たまが通り抜けます。慌てて追いかけていくと、そこにはヨルとイクトがいました。×たまを壊すというイクトにスゥはあむならどうにかしてくれると反論しまう。どう見てもイクトに壊す気がないので緊迫感がありません。キャラチェンジして威嚇していますが、本気かどうか・・・。でも割って入った歌唄は壊す気満々ですね。
 彼女がたまごを割ろうとした瞬間、スゥの声に導かれてあむが登場します。すぐにキャラなりしてたまごを元に戻します。変身シーンとリメイクハニーのエフェクト時間が長いので稼動時間はかなり短いです。
 ここでガーディアンたちが登場しますが、いまさら来てもイクトも歌唄もいませんし、役に立っていません。まあ探してあげることに意義があるのでしょうけど。
 
 スゥはあむにもう一度キャラなりするよう頼みます。再びリメイクハニーを使って直したのは迷子犬のプレート。わんこを届けてめでたしめでたしです。
19 : 09 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
♯10 ガンダム鹵獲作戦
2007 / 12 / 09 ( Sun )
 始めてのソレスタルビーイングのピンチらしいピンチということで面白そうではありますが、フェルトとロックオンの動向ばかり気になってしまうのはどうしてでしょうか。結局ハレルヤとナドレに全部持っていかれましたけど・・・。

 いきなりルイスの着物姿、後からついてきたのは沙慈。帰れというルイス母に言われています。前途多難ですね。これはこれで緊張感ありますが、宇宙ではもっと大変なことになっています。ガンダムを鹵獲する作戦だと看破するスメラギ。ピンクの機体がアレルヤの前に現れます。

 ティエレン・タオツーの毒々しい機体がキュリオスに迫ります。アレルヤは恐慌状態です。彼の叫び声にセルゲイは以前であったガンダムマイスターと同一人物だと気付きます。そして彼はピーリスと同じだと・・・。捕らえられるキュリオス。

 キュリオスはそのまま人革連の船に収容されます。ティエリアがそれに気付きますが、そのまま攻撃しようとします。容赦ないですね。それを阻むようにティエレン・タオツーがヴァーチェに攻撃を仕掛けます。
 鹵獲されたキュリオスはコックピットを開けられようとしていましたが、ここでアレルヤが覚醒します。内部から輸送艦を破壊して脱出します。

 このままでは終われないセルゲイは標的をヴァーチェに変更します。パイロットとして上手のセルゲイにあっという間に身動き取れなくされてしまいます。それでも粘り続けるティエリアが始めて格好いいと思いました。
 タオツーに迫られてさらにピンチを迎えたとき、ティエリアはヴァーチェの装甲をパージしてその場を凌ぎます。それでも追い詰められたことと、計画に狂いを生じてしまったことに彼は不満そうです。責任感が強すぎるのでしょうか。それにしても彼が叫んだヴェーダって何でしょうか?

 ヴァーチェの活躍によりセルゲイが撤退してようやくプトレマイオスは落ち着きを取り戻します。今回は痛み分けみたいですね。
 撤退するセルゲイの部隊にキュリオスが迫ります。ハレルヤをピーリスが迎え撃ちます。切れた彼を阻むことはできません。ピーリスとセルゲイを失うことを恐れたミン中尉は2人に割って入ります。ハレルヤは暴走を続け、ミン中尉のティエレンをなぶり続けます。アレルヤがとめることでようやく止まるハレルヤ。

 パージされたヴァーチェの姿はナドレというみたいですね。

 また間違えたと嘆くスメラギとガンダムマイスターの不完全さを嘆く留美。結構事態は深刻だったみたいですね。
06 : 26 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |