FC2ブログ
集中力
2007 / 12 / 15 ( Sat )
 どんどん下がるものです。
スポンサーサイト



23 : 56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
デルトラクエスト 第50話 「真実の世継ぎは誰?」
2007 / 12 / 15 ( Sat )
 バルダさんが格好いいのは初めてじゃないでしょうか。空気だったリーフも一番目立っています。代わりにジャスミンが空気・・・。それにしてもエンドン、シャーン、ジャード、アンナは前にリーフの語りで出てきたときと顔が違うのですんなり受け入れられません。若かりしときのジャードが特に・・・。

 両親を人質に取られたリーフに決断が迫られます。両親を取るかベルトを取るか。でも将棋の王手飛車取りほどには緊迫感ありません。ここ最近のお話同様淡々としているんですよね。気がついたジャードも何処となく落ち着きすぎですし、リーフはあまり困っているような感じに見えませんし。
 父親の言葉でベルトの方を取ることに決めたリーフ。ちょうどタイミングのいいことに、待機してもらっていたゼアン、ファーディープ、ルーカスが戻ってきます。あちこちで火の手があがります。グロックもデルの市民を引き連れて反撃の態勢が整いました。強引にまとめようとしているのか、ご都合主義満載ですね。

 混乱の隙に乗じてリーフは両親を助けに向かいます。バルダは過去の因縁に決着をつけるべく、ファローと対峙します。今回はヘマも何もなしです。ひたすら真面目なバルダです。少々ファローが卑怯でも彼には何も関係ありません。こんなに強かったっけと思う半面、やはり戦闘に緊迫感がありませんので淡々としています。
 レジスタンスや7部族らの活躍があって憲兵団をほぼ鎮圧したころ、バルダ対ファローにも決着が付きます。余裕を残して勝っているように見えますので、バルダはそれなりの実力者なんでしょうね。過去の苦戦が嘘のようです。

 助かったジャードとアンナの前にジョーカーが現れます。彼はジャードのことをエンドンと呼び、ジャードも彼をジャードと呼び、再会を喜びあいます。ややこしいですね。そして語られる過去。以前リーフが語ったデル城落城の日のお話と同じ話ですが、顔が・・・顔が・・・。

 リーフの腰に再びベルトが巻かれましたが、以前とほとんど変化はありません。ここでファローが登場して一騎打ちです。デルの市民を味方につけた彼のベルトが光を放ち始めて・・・。バルダのときもそうですが、何で他の人は見ているだけなんでしょう。
 ファローを追い詰めたときデル城周辺にアクババが集まりはじめます。影の大王が現れるとファローが言っていますので、いよいよお話も大詰めですね。
12 : 52 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
CLANNAD 第11話 「放課後の狂想曲」
2007 / 12 / 15 ( Sat )
 ことみは風子と同じで恋愛部分はあまりないのかなあと思っていたのですが、渚とは違った意味でいい雰囲気になっていますし・・・。杏は婉曲な言い回しをしていますが、誘っているようにしか見えませんし・・・。
 そもそも渚、ことみ、椋、杏の4人て普通にしていればつるむ必要がないんですよね。彼女らの共通点は全部朋也。うわべでは仲良くしていますし、ことみのためとか、気が合うなんてふりをしていますが、内面は朋也を巡って牽制しあっているような・・・。そんな裏CLANNADが見えるお話でした。

 ことみのヴァイオリンで目を覚ます朋也。子守歌がわりと彼女はいいますが、永遠に眠ってしまってはいけません。前回も思いましたが、凄い音ですね。どうやって出しているんでしょう?破滅的な音色です。借りてきたといいますが、貸したほうがすんなり渡したのか非常に気になるところです。

 演劇部の部室でことみになんとかヴァイオリンに注意を向けさせまいと杏が頑張っていました。でもツッコミの勉強って・・・。これまでの演劇部の活動ってボケとツッコミとだんご大家族だけ・・・。ことみがかわいいのと動きが面白いからいいのですけど。
 渚と椋が合流すると今度は備品を漁りはじめました。ことみは魔法のステッキに興味津々です。手に取り突然呪文を唱え始めたときにはどうしようかと思いましたが・・・。これを見ての杏と朋也のやり取りも面白いですね。魔法少女姿の杏は確かに笑えます。

 ここまではまったりほのぼのですが、ことみが飽きたのかヴァイオリンを手に・・・。さすがにこれはと杏が一計を案じます。発表会を提案します。喜んだ彼女は渚、椋とともに練習しに出て行きます。これで邪魔者はいなくなったと杏がモーションをかけてきますが、朋也はフラグ折りまくりで・・・。公園でのやり取りなんかはもう告白寸前の光景にしか見えません。妹のためにやっているのか、自分のためなのか全然区別がつかないですね。

 発表会直前のお休みの日。朋也が図書室にいくとそこにはことみの姿が・・・。名誉図書委員ということらしいですが、本物の図書委員は全然見たことありませんね。ここからはことみがモーションかけまくりです。照れる仕草がいちいちかわいいですね。朋也はちょっと鈍すぎです。それにしてもアップルパイがおいしそう・・・。

 そして月曜。発表会の日です。杏が人を集めると言っていましたが、来ているのは彼女が連行してきた校則違反組ばかり。お仕置きですか・・・。いくらことみの演奏がアレだとしてもちょっと失礼な気がしますね。そんな中に混ざって古河夫妻や智代、有紀寧、美佐枝などもやってきます。古河パンっていつ営業してるの?
 渚が上手くなったと言っていますが、全然違いが分かりません。風子とは別の意味で最終回ぽい展開です。それでもことみが満足そうなのでいいですね。

 帰りはやはり皆一緒。抜け駆けするなーっていうことでの団体行動なんでしょうか。でも固まって行動しているおかげで、ことみが怪しい人に連れ去られるのを未然に防ぐことができました。渚がちょっと格好よかったです。

11 : 32 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
区別(BlogPet)
2007 / 12 / 15 ( Sat )
きょうわんこは、一緒したかったの♪
それで区別するはずだったの。
でも、ラチェットでセルゲイ攻撃♪

*このエントリは、ブログペットの「わんこ」が書きました。
08 : 15 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |