FC2ブログ
テレパシー少女 蘭 第3話 蘭、跳ぶ! ~ねらわれた街~
2008 / 07 / 06 ( Sun )
 なんで関西弁なん? 翠がいきりなり関西弁キャラで驚きました。彼女は標準語だとちんたら喋っている感じがあるようです。関西人なんでしょうかね。これまでの事件を引き起こした仮面の人物の正体にも驚きました。


 蘭が超能力者ということを知っても兄の凛は凄いと喜ぶだけです。留衣と一緒で蘭は蘭だと思ってくれるようです。そうした人が周りにいなかったために起こったのが今回の事件でした。
 まだ人を信じたいと思う翠ともう信じたくないと思う仮面の人物、本質的には似ています。しかし、ほんの少しの差ですが、結果は全然異なってしまいます。蘭が手を差し伸べたことで翠は救われますが、仮面の人物は初めから拒絶するだけです。最後まで信じていても裏切られるという考えを変えませんでした。

 今回は、蘭もよかったですけど、やはり翠のお話ですね。仮面の人物を追ってきた蘭のピンチに現れて助けたのは格好よかったです。突然関西弁なのは驚きましたが。
 反撃されて屋上から落ちそうになっても蘭に助けられるのを拒んだり、妙にいじっぱりなところが可愛いですね。ラストで蘭と留衣と一緒に登校しようと待っているのもかわいらしいです。

 超能力は何でもありですね。テレパシーは一応毎回出てきますが、翠も蘭もわりとオールラウンダーのようです。留衣の部屋の残された絵から居場所を突き止めるのはサイコメトリーですし、屋上から落ちそうになった翠を引き上げるのはPKですよね。

 仮面の人物が大原先生なのはびっくりです。蘭はもっと彼女に対して甘い動きになると思ったのですが、全く躊躇していませんね。それでも蘭と翠は追い払っただけですから、結構超能力者としては凄いのかも知れません。ただ男に振られて事件を起こしたとしか思えない描かれ方が不憫すぎです。
スポンサーサイト



08 : 21 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |