FC2ブログ
ネオ アンジェリーク Abyss -Second Age- act.03 「剣をその手に」
2008 / 07 / 21 ( Mon )
 OPのアンジェリークは凛々しいのに、本編は未だになよなよしているのは何故?と2期が始まってからずっと思っていました。その答えが今回のお話ということですね。ちょっと格好良くなったアンジェに期待です。


 港町を歩いていていきなり、アンジェリークが攫われたのには笑いました。みんな役に立たなさすぎです。裏路地に連れ込んで男3人は何するつもりだったんでしょう。後で人集めて大々的にしてしまうなら、最初からおおっぴろげに文句言えばいいのに。小物すぎですね。あっさりセドナにやられるのも頷けます。
 相変わらず人々の意識の中では、オーブハンターたちがタナトスを呼び寄せているということみたいですね。首謀者はニクス。そこは間違ってないですけど、やはり皆変ですね。仮にアンジェたちがタナトスを呼び寄せていたなら、彼女らを追い詰めると自分たちが危険なんじゃないでしょうか。

 行き場のないアンジェたちは、セドナの船へ。オーブハンターより先に現れて、アンジェリークを助けたり、若いのに船の船長(お頭)だったり、なんだか男前な女の子です。アンジェの周りにはお嬢さんタイプしかいなかったので、いい刺激になっているようです。
 タナトスが船を襲ってきたときの撃退法が面白かったですね。網で捕らえて遠くに放り投げるって・・・。でも、仲間を守る彼女に触発されてアンジェリークは剣を取ることを決意します。突然無茶を言い出しますね、この娘は・・・。
 ひらひらのいつもの服が戦いに向かないことも知りませんし、セドナに借りて着替えてもやはりひらひら。ビジュアル的に駄目なのも分かりますけど変化が良く分かりませんね。
 彼女の剣の修行光景もまた・・・。あんな感じで大丈夫なんでしょうか。セドナもあまり本気でなさそうですし。これを見てヒュウガが渋い顔・・・と思いきやただの船酔い。なんて駄目な子。
 放り投げただけなので、当然タナトスが戻ってきます。船員のピンチにアンジェが颯爽と剣を一閃、ここまでは格好いいですが、すぐにふらふら。少し和みます。それよりも船酔いでボロボロだったヒュウガがあっさり復活して戦っているのに驚きました。そんなので船酔いが克服できると思わないのですが・・・。

 港に着き、別れ際にセドナが自分の名を教えるところがいいですね。最初は友達でもないのに名前は教えられないとか言ってて、ちょっと何この子だったのですが、照れ照れでしかも小声で教えているのが可愛すぎです。
スポンサーサイト



15 : 23 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN 15 「C の 世界」
2008 / 07 / 21 ( Mon )
 ギアスの謎に迫るお話? 毎回展開が速すぎてついていくのがやっとです。00のCMなんて見ている暇がないくらいに情報量多すぎですし。扇が・・・。どうなんたんでしょう、彼?


 シャルルと対峙するルルーシュは再び父に過去と同じ質問をします。皇帝は知りたければギアスを使うよう誘いかけます。悩むルルーシュ。
 そして彼が使ったギアスは・・・貴様は死ね! もう滅茶苦茶ですね。倒れるシャルルを見て勝ったと喜ぶルルーシュは怖いです。

 ギアス嚮団への攻撃をなおも命じるロロが駄目すぎて・・・。こんなことを言っていたらゼロの信用が落ちるじゃない・・・。

 スザクはリフレインを持ってカレンに迫ります。酷いものです。しかし、ゼロのことが思い浮かんでリフレインを投げ捨てます。とりあえず廃人カレンにならなくて良かったです。

 C.C.はV.V.の元へ。V.V.はシャルルにコードを奪われてしまいます。コードって何でしょうね。その頃、ルルーシュは殺してしまったとシャルルの下に歩みよりますが、彼は生きていました。一気にルルーシュはピンチに。変な世界へ飛ばされてしまいました。

 扇はヴィレッタと密会していました。彼に銃を向ける彼女。扇は初めから死ぬつもりのようです。かつて助けたことを問い質す彼女に、扇は再び告白。なんだかいいですね。でもそこに咲世子が現れます。咲世子はいいキャラなんですが、空気読みませんからね。

 ルルーシュは皇帝に心理的に追い詰められていきます。そこへC.C.が現れます。彼女はルルーシュにはもう用がないと言い放ちます。彼女の望みは死ぬこと。その望みを叶えうるものはシャルルのみ。必死で彼女を生かそうと説得するルルーシュがいいですね。シャルルに対抗するには自分を殺せという彼女。彼はアーカーシャの剣から追い出されてしまいます。残されたC.C.はシャルルにV.V.のコードを何故奪ったと問いかけます。

 ナナリーはローマイヤの施策に不安があるようで彼女を呼び止めます。サイタマ租界の件がエリア11の人のためになるのかどうか、彼女は問い質します。言葉を濁し、彼女を政治から遠ざけようとするローマイヤですが、ナナリーも負けていません。総督は私ですと言い放つナナリーがいいですね。こんな人ばかりで彼女も大変です。

 スザクはルルーシュを探しに学園へ。機密情報局へ乗り込んだスザクはすでに彼らが篭絡されていることを知ります。スザクはナナリーに会っています。エリア11が衛星エリアに昇格しそうだと喜ぶ彼女にスザクは黙ったまま。迂闊に動けば、彼女がシャルルに利用されてしまう。彼もまた手詰まり。

 消えたルルーシュはC.C.の記憶の中へ。彼女のギアスは愛されること。彼女に力を与えたシスターだけが彼女のよりどころ。シスターが自らを葬るための芝居が怖いですね。彼女を殺すC.C.。不死の命を擦り付けられ、永遠を生きる辛さを語る彼女。
 ルルーシュは思考エレベータから戻ってC.C.とシャルルの下へ。シャルルに殺されることを一旦は覚悟したC.C.ですが、ルルーシュの言葉で彼女は考えを変えます。お前の本当の願いを知っているぞというルルーシュがいいですね。
 崩れ落ちるアーカーシャの剣から落ちるC.C.をルルーシュの蜃気楼が助けます。しかし、C.C.は記憶を失ってしまっていました。なんだか妙にC.C.が可愛いのですが・・・。やはりC.C.が本命なんですね。

 ニーナはなんだか凄い兵器(フレイヤ)を作っていますし、扇はヴィレッタを庇って咲世子のクナイを受けて崖下におちてしまいますし。気になることが多いですね。
05 : 26 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |