FC2ブログ
夏目友人帳 第四話「時雨と少女」
2008 / 07 / 31 ( Thu )
 女子高生にゃんこ先生。これに尽きますね。斑と招き猫の2段活用だけだと思っていたら、これは反則的です。前回人に化ける妖怪が出てきたので十分予想できることでしたが、びっくりしました。


 インパクトはにゃんこ先生に譲るとして、今回は笹田純のお話でしたね。彼女と時雨の想いの描かれ方が綺麗な感じでいいですね。中学のときにお守りを見つけてもらったお礼を言いたい彼女と自らは不浄だと彼女の思いを知りつつ触れることをためらった時雨。最後は夏目が上手くやって彼女は時雨に出会い、時雨は彼女の頭を撫でて・・・・・・・

 真面目な委員長だと思っていたのですが、彼女のキャラはなんだか生々しい感じでした。前回、何故彼女が肝試しなんて言い始めたのか良く分からなかったのですが、まさか妖怪に会いたいとは思っていませんでした。そんな理由だけはいかにもアニメ的ですね。そのためだけにあんなに多くの生徒に声かけているのも凄いです。しかし、妖怪が見えるっぽいということだけで夏目を強引に誘って、さらに途中では脅してそれ確認しようとするのが妙に打算的で生々しいです。それでいて、中学の時の時雨との出会いを語ったときの表情やラストで夏目に見せた笑顔は凄くいいんですよね。侮り難い娘です。

 夏目のキャラはやはりいいですね。笹田に見えるのかどうか問われたときや肝試し後の会話は他人のあしらい方が初めの方のお話より上手くなっているように見えます。それでいて冒頭とラストで河童に水をかけてやるおせっかいな優しさが対比的で面白いですね。
スポンサーサイト



23 : 59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |