FC2ブログ
隠の王 第二十二話「混沌」
2008 / 09 / 03 ( Wed )
 不幸は人の数でも幸福は一つ。だからといって何も感じない世界が肯定されるわけではないと思うのですが・・・。最近は、人類補完計画もどきが多いですね。こういうのを見ると、なんだか袋小路に入っているような感じがしてモヤモヤします。


 織田八重がボロボロでかわいそうです。彼女はいろいろと不憫ですね。助けに来たのが加藤候なのは、それでもマシなのか、どうか・・・。
 加藤は服部、一季とばったりという感じにならないか、少しハラハラしてしまいました。彼が出てくるとなんだか不安です。実際は結構やる子だと思いますけど。

 雷光は八重と加藤を見逃して、服部のところにけじめをつけに行くのが格好いいですね。どんだけ俄雨が好きなんだか、とは思いますが。
 八重から服部の企てを聞いて、問い質すところも凛々しいですね。しかし、彼の言葉も服部にとっては、浅い生ぬるい感傷でしかありません。確かにそういう部分はあるかも知れませんが、いまいち納得はできませんね。結局、服部が目指しているのも、自分に優しい世界でしかないでしょうから。幸福は一つとか偉そうに言っていますが、個人の理想を押し付けるので、結局のところ己の幸福でしかありませんしね。

 怖い顔をしている雷鳴がかわいいですね。虹一は彼女といいコンビです。前回あんな感じだったので、今回も顔見世だけかなと思っていたら、最後の方でそれなりに動いてくれたのでよかったです。それでも、本筋になんら影響がないのは寂しいですね。このままフェードアウトしないか、ドキドキしてしまいます。

 俄雨はしばらくぶりに雑魚でした。ドジっ子ぶりを発揮して虹一と雷鳴の前で躓くのはかわいかったですけど、タテガミ戦では全く役立たずです。しかし、それがいいのかも知れません。 

 逃げる壬晴と宵風は相変わらずどこの恋人同士という雰囲気でした。諦めて動こうとしない宵風に、壬晴が言った言葉が、宵風と一緒に死んでやるって・・・。

 雪見はなんだか複雑ですね。ある意味一番かわいそうです。自分の手で決着をつけると言っていますが、宵風に情が移っていないはずはないので、苦汁の決断なんでしょうね。説得して連れて行こうとしても、タテガミに邪魔されますし、侭ならない感じがよく分かります。結局はタテガミから強引に2人を奪って服部のところへ向かうのですが、これからどうするんでしょうか。

 最後に雷光が白我聞を取りにいくところが、格好よかったです。
スポンサーサイト



23 : 21 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ネオ アンジェリーク Abyss -Second Age- act.09 「雪原のtermination」
2008 / 09 / 03 ( Wed )
 前半はエレンフリート、後半はジェットとジェイドのお話でした。アンジェの出番は後半のみ。終盤なのに寄り道感が溢れますね。


 エレンフリートが何故かボロボロでした。聖都からウォードンまでいろいろあったんでしょうね。さすがにそんなところを描いていると寄り道すぎるのですが、なんだか唐突な感じがしました。もっともルネと別れた時点で本当はボロボロだったような気もしますけど。

 ヨルゴの処刑を歓迎する人もいれば、財団に助けられたことを忘れない人もいます。ヨルゴの処刑が明朝だと知り焦るエレンフリートの前に馬車が現れるのは都合良過ぎですね。ついでに、ギリギリで刑の執行前に到着するのも。
 ルネがお守り代わりに渡したものは効果絶大ですね。あれがエレンフリートの胸から落ちなければどうなっていたことやら。きっとヨルゴは助かっていませんね。議会がもっともらしいことを言っていますけど、あれだけの助命嘆願の手紙があっても、黙殺して刑を執行しようとしていたのには変わりありませんから。

 ヨルゴが、ボロボロなエレンフリートを見て、財団の制服を仕立てるよう言うところがよかったですね。これでエレンフリートはなんとか一安心という感じがして好きなシーンです。
 
 ジェットは相変わらず迷走していました。失敗したなら成功するまでというのはいいと思うのですが、いまさらやってもというのは考えないのでしょうか。ジェイドの捕獲とアンジェの聖都への連行、エレンフリートとマティアスによって別々に出されて失敗した命令を遂行しようとします。
 ジェットを救おうとジェットが一人で彼の相手をするのですが、少し奇妙な戦いでした。ジェイドがもっともらしいことを言うので、心や感情は不要というジェットを圧倒しないまでも五分には渡り合うだろうと思っていたのですが、2人の戦いはいつも通りな感じです。
 結局、アンジェの涙を見たジェットが自分の中の彼女への感情に気付いて、自らも不完全だと去ります。これだけ見ると彼の考えは何も変わっていませんし、心や感情は任務遂行の邪魔だという理論を自ら照明して去って行っただけに見えます。
 ここはとりあえず、かわいい子の涙は最強ということで考えていればいいだけなのでしょうか?
00 : 07 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |