FC2ブログ
精霊の守り人 第23話 「シグ・サルアを追って」
2008 / 09 / 06 ( Sat )
 トロガイに衝撃の事実が・・・。よく考えるとそう変でもないことなんですけどね。バルサがびっくりしているのを見ているとつい驚いてしまいました。


 トロガイが戻ってきました。彼女はチャグムに大人の服を与えます。バルサは彼女に頼んでいた短剣を受け取り、同じく彼に与えます。すっかり逞しくなったチャグムが、衣装替えしますと、さらに大人になったような感じでいいですね。ただバルサがお父さんすぎる・・・。

 チャグムは何かに導かれるように歩きはじめます。バルサたちも一緒に狩穴を発ちます。宴の地へ向かっているのでしょうか。
 途中でのバルサとトロガイ、タンダとチャグムのやり取りが面白いですね。女同士、男同士で。話している内容は結局タンダとバルサの今後なんですどね。トロガイが子どもを生んだことがあるというのは驚きました。それにしてもタンダがチャグムにバルサへの想いを語ったときに、秋のような想いと表現したのが気になりますね。今はそのままでいいといっても、次は冬ですからね。
 道中、チャグムがバルサとタンダの手を取るのが、何となくかわいかったです。

 青池に到着しました。ここが宴の地なのでしょうか。チャグムにも確証はありません。遅れてシュガたちヨゴ軍も到着します。合流する前にシュガが、狩人には戦うなと言っておきながら、弓の名手を帰り道に3人潜ませたというのが気になりますね。帝の命令と言っていますが、バルサたちを始末するのでしょうか。

 シュガはラルンガは火が弱点と教えます。集められた兵たちはそのための人員なんでしょうか。まだそのときではないのに、チャグムは池の中央へ歩いていきます。
 やがてときが経ち、そこへラルンガが襲ってきます。火を灯してチャグムを囲むように守るヨゴ兵ですが、あまり役に立っていませんね。バルサの方がまだマシです。ラルンガに囲まれ、窮地に陥ったチャグムですが、卵の作り出す壁によってとりあえずは脱出します。そのまま何処かへ向かうチャグム。まだまだ何かありそうですね。

 その頃王宮ではガカイが、この期に及んで新事実を発見します。危険を顧みず自ら石版を引き上げに飛び込む姿が格好いいですね。滅んだ国で星を読む気か!と傍らの者を一喝するところがいいです。どうやら青池は宴の地ではなかったようです。一体どうなるんでしょうか。
スポンサーサイト



18 : 22 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
しゅごキャラ! 第48話 「ややにお願い!」
2008 / 09 / 06 ( Sat )
 やや回でした。頼りないややを海里の抜けた穴を埋めるべく、鍛えようとするのですが・・・。ややはややでした。
 今回のキャラなりは、ディアベイビー。あむのキャラなりはありませんでした。


 2学期が始まりました。相変わらずガーディアンは異常な人気ですね。ややちゃん先輩というのがいいですね。唯世、りま、あむとややとでは少し反応が違うんですね。

 ロイヤルガーデンではいつも通り食べてばかり。海里がいなくなって何だか寂しそうです。ガーディアンは理事長が任命なので、ジャックスチェアはとりあえず空席です。
 唯世は時々出てくる白いたまごがエンブリオだと見ているようですが、ややが王子といったことでまたスイッチが入ってしまいました。なんだかこの壊れ方も慣れてしまいましたね。
 そこへ理事長が様子を見に現れます。唯世の様子はまだ変でいきなりややに特訓を命じます。これも海里の穴を埋めるためということです。そこで呼び出されたのが空海ですが、ややのペースに振り回されています。みんなもややを持ち上げて何とかやる気を出させようとするのですが・・・。

 ややの特訓は、3年生がインコが逃げたと言ってきて、とりあえずはうやむやに。空海の特訓って何でいつもダッシュなんでしょう?
 インコはガーディアンが探すことになりました。あむはミキとキャラチェンジして似顔絵かき。青い子の見せ場なんですけど短いですね。
 ややの自覚を促すために、唯世はこの件を敢えて彼女に任せることに。ややはみんなに協力を頼みますが、これもややのためと拒否。結局涙目の下級生たちに押し切られることに。

 ややは赤ちゃんキャラ全開で、母親に愚痴三昧です。よく怒らないものですね。弟のつばさのことを持ち出して、逆に優しく諭すのが母親って凄いですね。ややもようやくお姉さんとしての自覚が出てきたのでしょうか。

 翌日、ややは探偵スタイルで登場。TVの真似ですか・・・。心配そうな3年生に絶対みつけると約束します。これで安心と思ったのですが、彼女は何故か理事長のところに。彼の名前が天河司というのを聞きだして、クッキー食べて、なんだか駄目っぽいです。心配そうに唯世たちが見守っているのがいいですね。

 イースターでも白いたまごに気付いたようですね。何故かイクトが責められているのがかわいそうです。歌唄を自由にしてやったのだから働けとか、イースターの専務は相変わらず嫌な男です。でも、ひさびさのイクト登場が嬉しいですね。
 
 ややのインコ探しは難航中です。誘拐事件とかありえませんから。何故かバレエ教室に呼び出され、練習する羽目に。苦し紛れにインコの件を聞きますが、知っているわけないですよね。様子を伺うあむのおなかが鳴って、唯世たちに空耳だとつくろっている姿がかわいいですね。
 ややはダウン。偶然バレエ教室の側で見つかるのが都合よすぎですね。追いかけようとして転んでも泣かない。当たり前のことなんですが、何だか頑張っているような気がするのは何ででしょう?
 あむたちはあんぱんに牛乳と何十年前の刑事ドラマかというスタイルです。あむが妄想している間にややを見失ってしまいます。

 慌てて彼女を追いかける3人。すぐにややに見つかります。尾行の意味がないですね。ややはインコを捕まえるためにキャラなり。メリーメリーでインコを眠らせます。見事捕獲完了。そこへ小児科の先生が現れて、自分のところのマーガレットだといいます。インコ違いでした。捜査はふりだしに。 

 学園に戻ったややは、現場に戻ってくると、インコがいました。3年生はややに感謝しています。自分たちで探したのにややの手柄にしている下級生がかわいいですね。ほっとけないのもガーディアンの資質なんでしょうか。
12 : 18 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |