FC2ブログ
夏目友人帳 第十二話「五日印」
2008 / 09 / 23 ( Tue )
 ちっちゃいニャンコ先生がかわいかったですね。大きくなったときもゆるい斑声で、それはそれで面白かったです。


 しばらく優しげでほのぼのな妖怪が続いたので、今回は少し怖かったです。偶然妖怪を食べる邪鬼をみてしまった夏目が呪われて、彼が食べられそうになります。ニャンコ先生も小さくなってしまってかなり危険な状況になるのですが・・・。
 
 この状況は、三篠が夏目を試すために仕組んだものというのが最後に分かるのですが、度を過ぎた感じでやはり妖怪は油断ならないなという印象です。途中で夏目に、彼が寂しさを妖で埋めていると言うところが印象的でした。ここのところ夏目は妖怪側に心が惹かれているような感じがしまったので、鋭い指摘だなあと思いました。

 ヒノエが最初は強烈な感じだったのですが、お話が進んでいくと少し大人しくなってしまたのが残念です。レイコ大好きで男は嫌いというところが面白かったんですけどね。途中から普通にいつもの優しい妖怪っぽく見えてしまいました。

 5日間邪鬼から逃げ切った夏目が、行き先を告げず外泊したことで塔子さんが彼に大目玉を食らわせているのがいいですね。彼としては巻き込まないようにしたい、余計な心配はさせたくないということから取った行動なのでしょうが、彼女にとっては心配なのは変わりありません。塔子さんは夏目を本当に大事に思っているのですね。逆に夏目の方にまだ見えない壁が残っていそうな印象でした。
スポンサーサイト



22 : 53 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ソウルイーター 第二十五話「召集!デスサイズス~ふせげパパの人事異動!!?~」
2008 / 09 / 23 ( Tue )
 デスサイズス大集合ということで期待していたのですが・・・。どちらかというとスピリットばかりで終わったような気がしますね。マリーはいいけど、ジャスティンは存在感ないですし。


 鬼神、阿修羅復活ということで、8人のデスサイズに召集がかかりますが、来たのは3人。スピリットを含めても半分にしかなりません。来なかったうち任務の2人はまだしも、残りの2人の理由というのが無茶苦茶ですね。死神もあまり気にしていないようですし、そんなのでいいのでしょうか。
 後で明らかになるのですが、びびりの阿修羅がすぐには行動を起しそうにないのと、鬼神の波長を受けても、シュタインの言うように、すぐにどうこうという訳ではなさそうなのがその原因でしょうか。それにしても死神の態度は曖昧ですね。クロナの処置も最初は適当でしたし。

 新登場のデスサイズはマリーが面白いですね。さっさと結婚して引退したいのに、ついつい頑張ってしまうというのがかわいいです。男に尽くしすぎて相手に負担になるという話はありがちですが、便器と結婚するというのはぶっとびすぎて面白かったです。
 梓はキングオブ委員長。見たままですね。ジャスティンはどこか変な子みたいです。音楽聴いていて人の話を聞いていないのはよくないと思います。

 他のデスサイズが召還されたことで、スピリットが左遷を恐れてびびりまくるのが面白いですね。死武専のろうそく台を磨くところが小物過ぎます。結局左遷はなしで死神様に自信を持てと言われるのは情けないですしね。しかし、スピリットだけが真にデスサイズを名乗れるというのはどういうことなんでしょう。

 マカたちは3on3に興じていました。ソウルが無理やり連れて行くのがいいですね。リズが爪を理由に来ないのも彼女らしくていいです。ルールを知らないマカがキャプテンであたふたする姿がかわいいです。
 
 あとは、シュタインが鬼神の狂気にあてられているという話とクロナの死武専入学がきになりますね。
08 : 44 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
隠の王 第二十五話「二人」
2008 / 09 / 23 ( Tue )
 嫌な感じで怖かった服部があっさり宵風にやられてほっとしていたのに、今回は風魔小太郎が煩わしくて・・・。雷鳴はなんかいい娘ですね。


 服部を殺された一季が怒って宵風に向かっていくのが怖かったです。それを止めようとした雪見がタテガミに切られて、呆然自失になっている宵風の前で力尽きるところが今回最大の山場だったような気が・・・。このまま全員消滅かと思ってしまいましたよ。後で雪見が生きていたのが分かって驚きましたけど。

 また壬晴が無関心に戻ってしまいました。昔より酷いですね。無視ではなくて拒絶という感じがしますから。雷鳴に向かって、雷光の死は俺のせいだから恨んでいいよというのはかなり酷いですよね。投げやりすぎますし、彼女の気持ちを全く考えていません。
 壬晴にだけ背負わそうなんて誰も思っていないよと彼に平手打ちする雷鳴を見て、いい娘だなあと思いました。いなくなった宵風が見つかって病院から出て行く壬晴を見送るところはかわいいですね。彼女はいつも彼に友人として接しているのがいいです。

 雲平先生はいつものように、へなちょこかと思っていたら、なんだかややこしい人になっていました。森羅万象を使うかどうかは壬晴に任せると言っておきながら、使ったら全力で止めるって・・・。何が変わったのかよく分かりません。

 違いが分からないといえば、小太郎もそうです。森羅万象を使って世界を変えようとした服部と、森羅万象によって世界が変わるのが見たい小太郎と、はた迷惑なのはどちらも変わりません。
 雲平をからかっている程度ならまだ良かったのですが、あれやこれやちょっかい出している彼は本当に鬱陶しい感じでした。
01 : 01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ネオ アンジェリーク Abyss -Second Age- act.12 「天空(そら)へ・・・」
2008 / 09 / 23 ( Tue )
 前半を見ているとかなりもやもやしてしまいました。後半を見ると・・・ジェット一色です。結局、ずっと一緒にいたレインやジェイドやヒュウガより、ジェットの言葉の方が重かったのでしょうか。


 アンジェの迷いと男たちの煮え切れなさに半ばイライラしそうな展開でした、前半は。アンジェリークが女王になると言っていても悲しそうな顔をするのがいけないのですが、男性陣の反応も良くないですね。優しすぎるとかえってためにならないということの見本のような光景ですね。ベルナールとロシュは特に。レインの何かウジウジしたところも。

 ジェットの言い方はつっけんどんなところがありますが、核心を突いていましたね。アンジェリークの主はアンジェリーク。自分で決めるべきことなんですよね、全て。ここで情にほだされて残留したら、後悔しか残らないですよね。

 甘いことばかり言って彼女を駄目にしそうな人たちでしたが、彼女が決断するとみんな態度が変わりましたね。相変わらず言っていることは甘ったるいですけど。
 女王になると決めたアンジェリークの吹っ切れ方が良かったですね。巨大オムレツを美味しい美味しいと食べるところは、下手すると空元気に見えなくもないのですが、さばけすぎで良かったです。でも、ジェットまで料理に手を出すのは勘弁。

 星の船の出航に向けての最終チェックのところで、エレボスが動きました。もっと派手にやるのかと思いましたが、意外と地味な作戦ですね。爆弾なんて解除されるか、外して投げ捨てられるか、失敗フラグ立ちまくりなのに。
 急にジェットが活躍しているのは死亡フラグだなあと思っていたら、爆弾の方とコンボできましたね。一番ありがちなパターンですね。爆弾を投げたら被害多数ということで、抱えたまま・・・。
 ジェットが消えたのをジェイドだけが感じている風なのが切ないです。
00 : 06 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |