FC2ブログ
宇宙をかける少女 Mission 14「夜ひらく花」
2009 / 04 / 07 ( Tue )
 いろんな謎が少しずつ明らかになってきましたね。


 フォンの性格が何処となくレオパルドと似ているのが面白いですね。レオパルドが似ているの方が正しいのかも知れませんが。

 ニーナが怖いですね。腹黒いです。ミンタオとブーゲンビリアを助けたように見えて、その実、従わせていますからね。アレイダがナミを引き入れたのと少し似ているかも。

 ほのかと神楽のことも分かってきましたね。神楽は秋葉とも関係があったのですね。神楽が秋葉を宇宙をかける少女と呼んでいるのに対し、アレイダはナミをそう呼んでいるのが面白かったです。表と裏ということなのでしょうか。

 つつじは秋葉に鏡泥棒と呼ばれてかわいそうです。暴走というか妄想は相変わらずですが、軌道エレベータの件も含めて、ちょっと抜けている感じなのがかわいかったです。
スポンサーサイト



19 : 07 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
咲 -Saki- 第1話 「出会い」
2009 / 04 / 07 ( Tue )
 コンピュータであがりを管理しているのがなんだか凄かったです。麻雀は良く分かんないですが、エフェクトが派手なお話だなと思いました。


 原作はまれに読んでいるのですが、内容は良く知りません。京太郎って咲を麻雀部に誘う以外に存在価値があったのかどうか・・・。何だかこういう子いたなあと思いますけど。でも、福山潤さんなので出番多いといいなあ。

 麻雀苦手とかいいつつ、やたら本格的な打ち方をしたり、得点を全部±0に抑えたり、挙句には恐ろしいほどの強運を見せて嶺上開花であがったり、咲はチートキャラですね。ところで嶺上開花って何?

 咲との出会いで刺激を受けた和が面白いですね。プラスマイナスゼロ子な咲の打ち方に気付いて、慌てて彼女を追いかけていくシーンがびっくりしました。突進して傘飛ばして抱きつくって・・・。危ない子?

 タコス娘の優希も良かったですね。ハイテンションな感じで。彼女の解説が良かったですけど、麻雀さっぱりなのでついていけず・・・。
10 : 20 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
花咲ける青少年 第1話 イノセントガール
2009 / 04 / 07 ( Tue )
 娘の婿選びをゲームにする父親って・・・。


 さすがに20年以上前の原作だとお話が少々古めかしい感じがしますね。帰国子女に興味津々だったり、不良が短絡的だったりと、原作準拠なだけに時代がかった感じですね。絵柄も多少が今っぽくアレンジしても良かったかも知れません。

 原作でも感じたのです、花鹿の日本滞在期間が短すぎますね。というか、日本のシーンの必要性があまり感じられません。由依は別にいなくても・・・。仲良くなる過程が端折られて、べたべたなところばかり出ていたので、クラスの子でなくても引きますね。それでも、花鹿がいちごを食べさすシーンはいいですね。

 とりあえず立人格好いいです。

 面白くなるのは、これからだと思いますので、次回に期待です。
09 : 12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |