FC2ブログ
宇宙をかける少女 Mission 15「魔女の騎行」
2009 / 04 / 14 ( Tue )
 ナミがついに秋葉と戦います。あれ? これ舞-乙HiME?


 つつじの態度が一変しているので何事かと思いましたが・・・演技だったのですね。何か企んでいるのは最初からミエミエなのは演技というのでしょうか。
 プライドを捨ててもやらなければいけない事があるといいながら、すぐにそれはプライドが許さないって・・・。

 ネルヴァルの影響を受けないようにつけているQTローズがかわいいですね。ちゃんとつつじの分も渡しているのが良かったです。

 ミンタオとブーゲンビリアはニーナの元で再出発です。本当にピザに釣られているところがかわいいですね。重傷者と遭遇してびっくりしているところもかわいいです。

 秋葉ってどんだけ視力がいいのでしょうか。宇宙に戻ってすぐ彼女はナミとアレイダを見つけます。ただの点にしか見えないような位置関係に見えるのですけど。

 秋葉がナミのところに駆けつけると・・・。QTアームズに素手で立ち向かうナミに驚きました。彼女の変身シーンはまるでマテリアライズ?

 脇で展開されるレオパルドとクサンチッペの戦いも面白かったです。
スポンサーサイト



18 : 44 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
花咲ける青少年 第2話 廻り愛
2009 / 04 / 14 ( Tue )
「立人様もやきもち焼くんだ」
 そう呟いた後、寅之介が立人にエレベータで置いていかれるのがいいですね。


 立人が花鹿を大切に思っているのに、お目付け役にしてしまうハリーは酷ですね。花鹿も彼のことを想っているのにそれに気付いていないからややこしくなるのですね。2人の会話を聞いていると、もうここでゲーム終了でもいいのではと思ってしまいますね。

 前回ハリーが行っていたように、婿候補と自然に出会うよう仕向けているのが面白いですね。デザートはテラスでというのが自然すぎて・・・。
 ユージィンを見るなりムスターファと言って、感情を抑えきれなくなっている花鹿は変わっていますよね。白豹と人では全然違う・・・。そう思っていたら、こういう土俗的なことを言う人がいたのですね。カリブの島でのマリアの話を真に受けている彼女が何だかかわいいです。

 花鹿は思い立ったら即行動なのがいいですね。短慮なのかと思えば、ユージィンや立人との会話の中には思慮深いところも見えますしよく分からないですね。寅之介を弄っているときはどっちもかわいいので好きです。

 ユージィンのところへ行って突然修羅場になるのが驚きますね。乱入してきた女性に銃を「僕は死ぬときは一人で死ぬ」と言い放つ彼が格好いいですが、酷いですよね。花鹿はただ見守っているだけと後で立人に言って擁護していますが、当事者だと堪りませんよね。3人死んでいるというのも納得です。

 彼に懐いているように見える花鹿を見て、立人がやきもちを焼くところがいいですね。茶々を入れた寅之介は災難でしたけど。ユージィンの方も彼を快く思っていないのが怖いところです。
12 : 05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ティアーズ・トゥ・ティアラ 第2話 「誓約の民」
2009 / 04 / 14 ( Tue )
 魔王様いいひとすぎ・・・。リアンノンを助けて、兄妹喧嘩も微笑ましく見守り、変な骸骨兵が出てきたら指摘して加勢して・・・。少しずつ面白くなってきましたね。


 真の名を知られて力を失ったと殻に閉じこもってしまっているリアンノンの後ろ向き過ぎる言葉が卑屈すぎますね。そんな彼女に何故か魔王のはずのアロウンが声をかけて・・・。本当に魔王なんでしょうか。ドルウクもあっさり排除していますし。

 助かったリアンノンがアルサルにダイブするところはびっくりしました。そんなことする娘に見えなかったので・・・。それにしても危ないですね。階段ですることではないです。
 リアンノンが結構ぶっ飛んでて楽しかったね。「私はアロウン様のお嫁さんになります」に始まる兄妹漫才は面白かったです。妹にタジタジのアルサルがかわいいです。「お兄ちゃんは!」と次の句が挙げられないのがいいですね。

 魔王復活の副産物である変な骸骨の兵隊がうじゃうじゃいて気持ち悪かったです。アロウンがさりげなくリアンノンを守っているのがいいですね。アルサルを囮にしたところも。
 途中で合流したオガムもよく分からないですけど、アロウンが彼を知っているのも謎ですね。本当にアロウンって何者なんでしょう。

 無事リアンノンを救出して、ゲール族の村に帰ってきたときのアルサルの演説が・・・。何だか狂信者みたいな感じですね。

 帝国にもゲール族が叛いたということは当然伝わります。いきなり強そうなガイウスという男が出てきましたがどうなるのでしょう。
10 : 52 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
シャングリ・ラ 第2話 池袋呪海
2009 / 04 / 14 ( Tue )
 ミーコは熊谷徹雄。ごつい名前でした。アトラスクジって入植権利を当てるものなんですね。アトラスへ行けばいいことがあるのでしょうか。


 國子たちと軍の衝突は謎の砲撃によりうやむやに。国仁の剣と國子が持っていた凪子の剣の共鳴でお話が進むのかと思っていたのですが、後で涼子が共鳴したと言っていただけで終わりました。いわくありげな感じですが、この剣が何かの鍵になるのでしょうか。
 
 街が壊れたのをメタルエイジのせいだと難癖つけるおばさんが嫌な感じでしたね。國子はどちらかと言うと男の子助けて偉いと思うのですけど。

 涼子は前回に続いて男の人を殴っていました。暴力的で怖いです。烈音が国仁といるときとは別人みたいですね。彼が弟の紫音をかばうところはちょっとよかったです。池袋の調査は自分がとか言っていたと思うのですが、実際は自分で行っていないような・・・。

 メタルエイジの方も池袋の呪海が砲撃の発信地ということを突き止めていました。國子が行こうとするのを止めつつもさりげなく同行するようにしているモモコが格好いいですね。
 モモコが防護服のサイズはB90・W60・H88と古河に言ったとき、彼が國子の方を見ているのがボケすぎで面白かったです。肝心の防護服は体のサイズ関係なさそうなのも・・・。

 呪海の風景は何だか綺麗でしたね。先に軍が到着していて、あっさり国仁に見つかって逃げ出す羽目に。国仁は只者ではないですね。
 逃げる途中でモモコが金を取ったら銀を手に入れたというようなことを言っていたのですが、何なのでしょうか。気になります。
 防護服がないと危ないのに動きにくいからと言って脱いで国仁と戦う國子が無茶しすぎですね。帰った後も酸素吸引していましたけど大丈夫なのでしょうか。

 国仁が國子との戦闘報告で水玉と言ったのが何とも・・・。そこですか・・・。

 砲撃したのに炭素量が変化していないというのが謎ですね。こういう見えない敵というのは重要事項のはずなのですが、メタルエイジの面々はアトラスクジに夢中です。武彦の言うように反政府組織なはずなのですが・・・。
09 : 14 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |