FC2ブログ
花咲ける青少年 第4話 長き夜の明ける日
2009 / 04 / 28 ( Tue )
 ユージィンの出生の秘密が語られますが悲しい内容でしたね。そのままだと誰も救われずに終わる話だったのを花鹿一人で救ってしまった、そんなお話です。


 折角、花鹿が訪ねて来たのに邪険にするユージィンは最初から何かやるつもりで遠ざけているのがミエミエですね。
 そんな彼に今回も愛していると花鹿は連発します。軽々しく言うものではないとたしなめる彼に、言霊の話を彼女は語って聞かせるのですが・・・。ギボリも日本もユージィンには分からないのではないでしょうか。

 ディナーには同席するなという彼に対して、執事のオーバックには彼から目を離すなと言われてしまいます。当然花鹿としては放って置けないですよね。聞き耳立てている彼女がかわいかったです。
 中では、ユージィンが自らの出生の秘密を暴露しています。内容がなんだかすさまじいですね。彼の父オーギュストの告白もなんだか惨いです。クリスティンがかわいそうなお話ですね。そしてその業を背負って生まれてきたユージィンも・・・。そんなことがあれば、死にたいと思っても無理からぬことです。

 ユージィンはかつて母がそうしてように、20歳の誕生日に死のうとします。それを花鹿が阻むところがいいですね。窓ガラスを撃ってユージィンは死んだというのはありがちですが、なんだかいいです。ついでにムスターファに強引に結びつけることもできますしね。
 身内の3人が全くユージィンの行動を見抜けなかったばかりか、おかしいと思っているオーバックですら何もしようとしていないのが駄目ですね。ちょっと情けないです。オーギュストは花鹿に言われるまでユージィンが自分をどう見ているかさえ理解していませんし・・・。救いの天使とか言っているところが・・・。

 仕事を終えて駆けつけた立人が、花鹿が「ユージィンはやっぱりムスターファだった」というのを散々否定した後で、彼の行動を見てあっさりムスターファを連想しているのが面白かったですね。
スポンサーサイト



21 : 38 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
宇宙をかける少女 Mission 17「友達の輪」
2009 / 04 / 28 ( Tue )
 桜の帽子が喋り始めたのには驚きました。誰?という雰囲気だったので、一瞬ベンケイたちかと思ってしまいました。もっともベンケイは今回活躍していましたけど・・・。


 木星の強力な電磁波で秋葉たちは窮地に陥ります。そんな状況でも、レオパルドはエネルギー切れとか何とか言い訳してやる気なし、神楽の件がずっと尾を引いているようですね。かわいそうな気もしますが、ちょっと情けないですよね。
 秋葉の能天気な意見にイツキがまた怒り出して険悪になったところで、突然声が・・・。誰?というみんなの反応が面白いですね。声の主は桜の帽子でした。ゆぴたんってなんだかかわいいですね。名刺交換会になっているのが笑えました。

 使えないレオパルドに代わってベンケイが頑張っているのがいいですね。つつじが敦盛風なことを言っていたのも面白かったです。
 でも途中で出力が落ちて、秋葉たちのQTアームズの力でなんとか脱出、ついでに彼女たちは仲直りしてしまいました。ここ最近の余裕のないイツキはかわいくなかったので元通りになると嬉しいですね。

 ナミはマドカに復讐していました。どんどん小者になっていくのが寂しいですね。マドカの方が正論を言っているのですが、ナミにやったことを考えると人のことを言えた立場ではないですね。どっちもどっちということです。ただネルヴァルの力を傘に偉そうにしているナミはちょっと寂しいですね。

 
 リングステーションから異星人と人類が撤退した理由が経営破綻とは・・・。
 

19 : 01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ティアーズ・トゥ・ティアラ 第4話 「アヴァロン」
2009 / 04 / 28 ( Tue )
 リアンノンがヒロインのはずですが・・・。次々に登場する新キャラの方が魅力的だったりして、結構ピンチなのではと心配になってしまいますね。


 妖精なんかいないとか言いながら、森の中でビクビクしているモルガンがかわいかったですね。いざ妖精であるリムリスとエルミンに会うと安心してガツガツと焼きりんごを食べている姿が面白いですね。
 浜辺での狩りも何も考えずにカニ笛を思いっきり吹いて、巨大なカニをわらわらと引き寄せてしまっているのがいいです。みんな最初は驚いていましたけど、彼女を筆頭に食い気先行であっという間に倒してしまったような気がするのですが・・・。ゲール族って変ですよね。

 ゲール族ってどれぐらいいるのでしょう。アヴァロンへ向かう途中、ゲール族の人たちが描かれていますが、いっぱいいますね。小部族かと思っていたら民族大移動みたいな感じで驚きました。

 妖精ってもっと見た目で分かるのかと思いましたが、普通の人間と変わりませんね。リムリスがちょっとリアンノンとキャラ被っているところがあるような・・・。エルミンは典型的な感じの子どもっぽいキャラであまり面白みがなかったです。今後の活躍に期待ですかね。エポナは、アロウンと知らずに動きを封じてしまって、後で謝っている姿がかわいかったです。モルガンと一緒にカニ食べているところも・・・。

 わりと目立たなかったヒロインのリアンノンですが、岬の石碑のところで意味深なことを言っていますね。ミルディンとアロウンの関係が気になります。
12 : 16 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夏のあらし! 第4話「想い出がいっぱい」
2009 / 04 / 28 ( Tue )
 大倉山高等女学校での撮影に無理矢理ついてきたマスターの格好に唖然としました。何だか凄いですね。


 今回はカヤ登場です。一とカヤを見ているとエウレカセブンを思い出してしまいました。それなのに、潤を見てソウルイーターのマカとは思わなかったのが不思議・・・。
 映画の撮影のときとか、大人っぽい顔も見せていたのに、カヤが出てきた途端に、あらしの素の部分がいっぱい出始めたのが良かったですね。

 2人の交換日記をあらしが無くしたことをカヤに責められて、彼女が過去に取りに行った後のシーンが良かったです。

 なにかあって
 はなればなれに
 なったときは
 方舟でお互ひ
 おちあひませう

 あいよ!
 お待たせ!


 あらしの日記の返答が彼女らしくて面白いですね。それまで小言ばかりだったカヤも約束が果たされたと微笑むのもいいですし、あらしが笑顔で「うん!」と応えるのも絶妙な感じでした。

 今回、光の描写が綺麗でしたね。古い校舎の埃まで表現しているのに驚きました。グラサンが交通違反などでお金を使い切って、食料を求めて事務所で悪戦苦闘しているところも、サイケな色合いなのに雰囲気が出ていて良かったです。

 黒髪のカツラを被ったときとあらしの真似をして窓辺で夕日を浴びて振り返る潤はちょっとかわいかったですね。撮影のときの潤の演技にも中の人的な意味で驚きました。一の中の人の棒演技も上手かったので、引き立っていましたね。
11 : 09 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
シャングリ・ラ 第4話 超秋葉原
2009 / 04 / 28 ( Tue )
 ちょっとだけアジアンなテイストが混ざっていますが・・・秋葉原があまり変わっていないのが面白いですね。


 ミーコが女官で美邦に気に入られているのが驚きました。よく生きていましたね。今回は美邦がそこそこかわいいので良かったです。残酷なシーンがなかったですしね。紫音との会話のところは本当に子どもっぽくてよかったです。紫音のカミングアウトには引きましたけど・・・。

 モモコも國子も謎ですね。美邦のイアリングとモモコのそれが同じです。何か繋がりがあるのでしょうか。國子は香凜が秋葉原の取引記録を調べているときに検索不可能って出ていますし・・・。この辺が前回の國子だけ偽造パスで通れなかったことに関係しているような気がしますね。

 凪子もなんだか凄いですね。ひょっとして香凜と同じようなことが出来るのでしょうか。でも、タコ足配線は危ないと思います。
 ややこしげな炭素市場を國子が理解しているのにも驚きました。今の市場の動きから先手を打って、グラファイトを売ろうと言い出したときはもっと驚きましたけど。アホの子じゃないのね。

 秋葉原の老人たちは面白かったですね。ロリ爺、軍爺、カメ爺って・・・。話が脱線しまくりなのはモモコを誤魔化しているのではなく、単に人の話を聞かずに言いたいこと言っているようにも見えますね。
 
 グラファイトを売りに訪れたジャンク屋でまさかの國子の3サイズバレ。78-54-83と聞いたとき、思わず前々回のモモコのサイズと比べてしまいました。
 
 最後に店に現れた冴えない男は・・・。
09 : 28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |