ささめきこと 第13話 「CALLING YOU」
2009 / 12 / 31 ( Thu )
共通テーマ:
ささめきこと テーマに参加中!
最終回です。何かゆったりした展開でそれが余計に待ち遠しさを引き立てていたような気がします。純夏大好きな少年、照明がかわいかったです。



今回はストーリー云々というよりも、離れている2人の心境に見所がありましたね。純夏は里帰りしても始終上の空ですし、汐はずっと電話を待ち続けていますし、こんな一時も離れられない感じに2人がなっているとは思いもしませんでした。

純夏が田舎に帰って、家がボヤを出しているのが驚きでした。そこで寺に泊まることになるのですが携帯は圏外です。案外携帯って繋がらないものですよね。
純夏は隙あらば街に出て汐に電話をと目論んでいましたが、全然上手くいかないものですね。二日酔いの父や兄に代わって稽古をしたり、清香や照明たちを連れて川遊びに行ったり…。

清香も照明も純夏大好きなのがいいですね。慕われているのですね。純夏にいいところを見せようとして木に登った照明ですが…。彼が川に落ちたとき何も考えずに飛び込む純夏が格好良かったですね。
川に入ったので携帯は…。落ち込んでいる照明放置で、家電に走る純夏ですが、知らない番号だから汐は出ません。純夏壊れかけですが、最後は照明を許す大人な対応でますます彼が立場がないですよね。

汐はずっと純夏の電話を待っているのが健気ですね。一晩かかって来ないと今度は事故を心配しているのが面白いですね。それだけ気になるのに、自分からは先にかけないと意地を張るところがいいですね。

純夏は清香たちを連れて夏祭りへ。浴衣が似合っていますね。ずっとぼーっとしたままなのはいただけないですけど。
照明は家でバケツを持って立たされていました。前時代的罰ですね。突然、純夏の携帯が鳴り始めて…。純夏のために携帯持って走る照明がかわいかったです。
純夏も汐もお互いに声が聞きたいだけなのにここまでが長かったですね。

戻ってきた純夏は汐に宿題を教えているようです。川に飛び込んだところ以外はすっかり女の子だった純夏ですが、ここからはイケメンタイムのようですね。彼女を眺めている汐の表情がかわいかったです。
スポンサーサイト
23 : 09 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キディ・グレイド 第9話 「Mirage/Snare -罠網-」
2009 / 12 / 31 ( Thu )
エクレールとリュミエールには何か秘密がありそうですね。惑星ダルダノスの人はみんな目が死んでいて怖かったです。



エクレールは惑星ダルダノスに潜入捜査です。そういう割にはGOTTの査察官として普通に入国審査を受けて入っていますね。毎回のエクレールのコスプレが何か楽しみになって来ました。

GOTTのダルダノス出張所は、熱帯魚だらけでした。働かなきゃ。ブッフフォルツらが経済界の大物が次々失踪していることはまだしも、同僚であるSOメンバーが戻って来ていないことも知らないのが変ですね。

エクレールが調査している人はみんな目が死んでいますね。街の人も何だか変です。消えた人の足取りが途絶えたという場所にやって来たエクレールたちですが…。ブッフフォルツたちもおかしくなってしまいました。平手打ちでとりあえずは正気に戻したのですが、今度は警察に追われる羽目に。

エクレールは肉体労働担当だと思っていたのですが、結構考えているので驚きました。これまでの状況からちゃんと判断して核心に迫るのが凄いですね。しかし、エクレールは…。

一方、リュミエールはずっと頭痛に悩まされていました。その原因がダルダノスからのパルスであることを突き止めた彼女はそれを絶つために降下します。あわよくばエクレールとランデブーということです。しかし、彼女がたどり着いたときにはエクレールは倒れてしまっていました。

リュミエールはエクレールの頭に手を伸ばして…。エクレールの見ている映像も気になりますが、リュミエールのまたあなたを失うのは嫌なのという台詞も気になりますね。

アームブラストが周辺を破壊して、エクレールの意識は戻ったのですが、どこか虚ろなままですね。

エクレールが休暇を取ると聞いたときの「仕事は休めても人生は休むことはできないわよ」というエクリプスの台詞も気になりますね。
23 : 06 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キディ・グレイド 第8話 「Forbidden/Instrument -禁断-」
2009 / 12 / 31 ( Thu )
だんだんお話が重たくなって来ました。局長の意図がよくわかりませんね。アームブラストは実はいい人なんでしょうか?


ジオソート弾の管理はGOTTの管轄ということですが、違法に使われているようです。しかも兵器として。今回はこの調査なのですが…。

エクレールにお嬢様役は無理…。そもそもあまり意味がない調査ですね。彼女は囮でその隙にリュミエールがコンピュータにハッキングするのでそれでもいいのかも知れませんけど。

ハッキングを進めるリュミエールは中でトゥイードゥルディとばったり。彼女たちも同じ特務を拝命していたようです。信用されていないのかそうでないのか。どうとでも取れる措置ですね。

一緒に進めた方が効率が良いということで協力しあうことに。トゥイードゥルディとリュミエールの情報検索の仕方が面白かったですね。ちびドゥルディとちびリュミエールがかわいかったです。

あっという間に拠点を見つけてそこを抑えることにしたのですが…。まるで情報が漏れているかのように撤収している最中でした。エクレールは局長に緊急逮捕権の執行承認を求めるのですが、返事がありません。
エクリプス局長は上に言われてあえてそうしているっぽいのが気になりますね。

エクレールがそのまま暴走してしまうのが彼女らしいですね。トゥイードゥルディはなるべく証拠保存に努めようとしているのですが、弟の方は…。リュミエールがジェネティックビーストに襲われそうになったときにエクレールがやって来たのは良かったですね。

証拠隠滅のためジオソート弾が発動されて、一気に窮地に立たされます。上位のESメンバーとしてエクレールとリュミエールを逃がそうとするトゥイードゥルディが良かったですね。
ただトゥイードゥルディとドゥルダムの力ではジオソート弾は防げません。どうなるのかと思えば…。アールヴとドヴェルグが現われてアブソーブで力を吸収してしまいます。トゥイードゥルディたちも彼女たちとはソリが合わないみたいですね。

エクレールたちには繋がらなかった回線もアールヴたちには繋がっています。これは不信感を抱くには十分な材料ですね。不機嫌そうなエクレールをメルクルディがお茶でなだめていましたが、火種は残りそうですね。
21 : 25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
紅白
2009 / 12 / 31 ( Thu )
今年は紅白みましたよ。水樹奈々さんの「深愛」のところだけですけど。やはり上手いですね。でも、何か短くなかったですか。ショートバージョンなんて。
出番が終わって、すぐにTV消して「深愛」をフルで聞き返しています。

20 : 55 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キディ・グレイド 第7話 「Trial/Child -試練-」
2009 / 12 / 31 ( Thu )
エクレールとリュミエールは上手く利用されてしまいました。金融管理局にもESメンバーがいるのですね。



今回は財閥の御曹司ティムを目的地に送り届けるという任務でした。時間以内に到着しないと彼は相続権を失ってしまうそうです。しかし、どこに行けばいいのか分かりません。

これはリュミエールの活躍シーンが多いのでは? そう思っていたのですが、ちょこちょこっと検索しているところやアームブラストの行動を監視していたところが目立ったぐらいでやはり今回もエクレールですね。

GOTTを出たところでエクレールたちが尾行されていましたので、どうなるのかなと思っていたら味方でした。ヴァイオラとシザーリオです。本当にいいタイミングで現われました。ヴァイオラがお礼にイタリアンを奢って貰うことを取り付けるのがちゃっかりしているのがいいですね。彼女がエクちゃん、リュミちゃんと2人を呼んでいるのがかわいいです。

無事ティムを送り届けて、パーティーとなるのですが…。エクレールたちは宇宙服みたいなのを着せられて雑菌扱い。当主なのにティムまで同じ格好なのがかわいそうです。ノーヴルズはそんな立派なものなのでしょうか。

マシンホースによるスピードレースをけしかけられたティムはエクレールと共にドナシュラークで参戦です。彼の父母を悪く言っていた一族の男たちが妨害してくるのですが、あっさりエクレールに撃退されるのがいいですね。
レース参加者に見せかけて金融管理局のESメンバーがティムの命を狙ってきます。ここで再びヴァイオラとシザーリオが活躍です。エクレールたちと同じCクラスですが2人のあわせ技は結構強そうですね。
手を繋いでいないと分子間干渉能力が働かないので、シザーリオがわざと手を離して奢りの料理を中華にしてもらうのがいいですね。

結局、ティムたちが勝利です。後継者と認められた彼ですが、委任状を破いてしまいます。最初から断るつもりだったのですね。ここで彼の祖父が出てきて丸く治めてしまいました。ヴァイオラとシザーリオが連れてきたのでしょうか。何も知らされていないのはエクレールとリュミエールのみという感じです。
金融管理局への牽制の材料となる映像を撮るためだけに2人が利用されているのがちょっとかわいそうでした。
19 : 49 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キディ・グレイド 第6話 「Twin/Star -双壁-」
2009 / 12 / 31 ( Thu )
何も知らないパドゥーシカが面白かったですね。ところでSOメンバーって何?



シャトルの中でいつの間にか品物が強奪される事件が多発して、GOTTも調査に乗り出したのですが…。
エクレールと一緒にいるのがリュミエールではないのでちょっと驚きました。真面目っぽい格好のエクレールがいいですね。

デクストラとシニストラのESメンバーコンビが登場です。いかにも出来そうな感じで格好いいですね。
エクレールとパドゥーシカは彼らを陽動としてデータを運ぶ役目のようですが…。GOTTの先輩としてエクレールを気遣うパドゥーシカですが、ガチガチなのが面白いですね。受付カウンターではベタなスリに引っかかりそうになりますし…。あっという間に犯人をエクレールが捕まえるのが凄いです。

シャトルに乗ってもパドゥーシカはガチガチです。何もなくても怪しくみえますね。強盗団が迫ってきたとき、先輩として必死でエクレールを守ろうとしたのは良かったですね。最もエクレールにしたら少々邪魔だったのかも知れませんけど。

エクレールはガードロボットのドナシュラークでシャトルに取り付こうとする強盗団を撃退しようとするのですが…。最初は上手くやっていましたが、徐々に追い詰められてまたまたピンチになっていました。彼女は毎回危なっかしいですね。いいタイミングでデクストラとシニストラが救援に駆けつけ、リュミエールが本拠を抑えて事件解決です。

パドゥーシカが退職のときにエクレールを見た旦那に彼女の正体を聞かされて驚くところがかわいかったですね。
18 : 41 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キディ・グレイド 第5話 「Day/Off -休日-」
2009 / 12 / 31 ( Thu )
体でって、そういうことだったのですね。確かにエクレールにはそっちの方がお似合いですけど…。



今回は2人の休日のお話。それでも事件に巻き込まれるというのはありがちなパターンですね。

夕方まで寝ているのに早起きしたと喜ぶエクレールが面白いですね。リッキィのお誘いの電話がなかったら気付かないままだったのでしょうか。
彼女に誘われて最上階の高そうなレストランへ。未成年は入れませんとか。ここでもエクレールは子ども扱いなんですね。支配人っぽい男が出てきて通してくれますが…。安っぽい花という言い方は酷いです。

色気より食い気なエクレールがかわいいですね。お子様な彼女が側にいるからもてないと思ったリッキィは彼女に口紅をつけます。それでもエクレールの方が誘われて、自分は誘われないのが寂しいですね。

リュミエールの方は優雅にオペラ鑑賞に。泣いている女の子を心配して近寄ってみると…。

その頃エクレールは、口紅を塗られたことでパワーの制御が上手くいかず、偶然出くわしたインサイダー取引の現場を台無しにして、挙句の果てに捕まってしまいます。
交渉決裂の責任を体で払えと迫られるエクレールですが…。

リュミエールとエクレールがそれぞれ別の組織に捕らえられるのがいいですね。リュミエールが捕らえられた方は子どもを誘拐して時限式の洗脳を施し、彼らが社会に出た後意のままに操ろうと目論んでいます。それを知った彼女は一人で逃げずみんなを助けようとするのがいいですね。リュミエールの嘘泣きがかわいかったです。
エクレールの方はそれを横取りしようとする組織でした。体で払うっていうのが、肉体労働というか襲撃チームって…。

戦闘中、お互いの存在を知った2人が協力してインサイダー取引をしようとしていた2組織を一網打尽なのがいいですね。
身柄を引き取りに来たメルクルディとリュミエールがエクレールのところに行くと…。赤ん坊を抱いて子守唄を歌っている彼女がいました。これも後々の伏線なのでしょうか。
15 : 39 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キディ・グレイド 第4話 「High/Speed -超速-」
2009 / 12 / 31 ( Thu )
今回もエクレールが大活躍です。リュミエールはぶどうジュースぐらいしか見せ場がないですね。



エクレールは一人で潜入捜査なのですが…。格好が凄いですね。非合法というか連合の機密パーツを使ったアンドロイドを探すために闘技場に飛び入り参加です。キャットウーマンかと思いましたよ。

リュミエールはアームブラストと待機です。彼女の力を持ってすれば誰が機密パーツである超高速リアクターを使っているか丸分かりなのですが、子どもは入れないということで中に入れて貰えなかったそうです。何かちょっとかわいいですね。
アームブラストが彼女に勧めているのはどう見てもワインなのですが、ぶどうジュースということでいいのでしょうか。

エクレールは対象を発見して身柄を確保に行くのですが…。ちょっと遅かったようです。実際にパーツを使っているフォクシーフォックスの救出には成功したのですが、脱出までいろいろあって面白かったですね。エクレールの優しさにフォクシーフォックスが影響されていくのが良かったです。
貧しい子を救うためにGCWAチャンピオンになると言っていたフォクシーフォックスは、超高速リアクターを取り上げられることを恐れていましたが、結局は記憶操作で終わったようですね。チャンピオンになった彼女に花束を渡すエクレールですが、彼女が何も覚えていないのがちょっと切ないですね。

フォクシーフォックスを救出するときに、アンドロイドの一人が以前エクレールに酷い目に会わされたと言っていましたが、彼女は何も知らない様子でした。彼女が先代と言っていたのが気になりますね。
15 : 38 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キディ・グレイド 第3話 「Prisoner/Escort -虜囚-」
2009 / 12 / 31 ( Thu )
孟警部が格好良かったですね。ひょっとしてエクレールは親父趣味?



いきなりぢゃっぢゃーんです。今回は護送任務のようですね。犯人のドレイク・ハンの格好が凄かったです。ラミューズには乗らないので、巡航艦で護送というのが凄いですね。

同行する警部がエクレールたちに対する態度や視線が厳しいのでどうしたのかなと思っていたら…。子どもなので心配だったのですね。
仲良くしようとしてチャイナ服でお茶を持ってくるエクレールがかわいいです。警部は手ごわいですが、部下のスミスはメロメロですね。警部は妻子を護送任務で失っているので、エクレールたちがそれと被っているようです。

保険屋という設定が面白いですね。掛け金を払っていると逮捕されても逃がしてくれるそうです。何か現実でもありそうで怖いです。
同行している警官が保険屋兼業というのが驚きでした。ドレイクのところに向かうエクレールと警部。警部がエクレールを心配しているのがいいですね。
迂闊な動きをしていると思ったら、エクレールがあっさりやられてしまいました。妻子と被って落ち込む警部が良かったですね。エクレール復活で喜ぶ顔も良かったです。

内部の保険屋を倒したら、今度はワープアウト先で待っている保険屋です。大艦隊ですが、リュミエールが遠隔操作しているラミューズで一掃です。彼女が今回精彩を欠いているなあと思っていたら影で頑張っていたのですね。

「やっぱり違法な女は嫌い?」
「もし君みたいな子を嫌う奴がいたら私が逮捕してやる」
別れ際の警部とエクレールの会話が良かったですね。抱きつかれて満更でもない警部とこの後ずっとご機嫌なエクレールがいいですね。
15 : 34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キディ・グレイド 第2話 「Tight/Bind -重力-」
2009 / 12 / 31 ( Thu )
アームブラストは何か怪しい奴だなあと思って見ていたら…。最後は何か凄くいい話で驚いてしまいました。



何か凄く真面目ですね。ガーランドの2話と大違いです。ガーランドでは幽霊だったアールヴとドヴェルグが出て来ました。そしてトゥイードゥルディとトゥイードゥルダムも。ドゥルディはこっちの方が好きかも。ドゥルダムは全然変わってないような…。

アールヴとドヴェルグはエクレールを見下したような態度です。エクレールの方も2人のことが気に入らない様子です。あからさまなエクレールをたしなめるリュミエールが良かったですね。そりが合わないのにエクレールたちはアールヴたちのサポートに。

重力爆弾で身動き取れなくなっているリュミエールたちを見捨てて脱出するアールヴたちは酷いですね。アームブラストがアールヴたちの船に乗って逃げたとはいえ、エクレールたちの船で脱出するのは…。いきなりのピンチで驚きました。

一番酷いのはアームブラストだと思っていたのですが、相手を釣る罠だったのですね。彼が残していった手紙というのはこのことを書いていたのでしょうか。エクレールだけ理解できずに手紙を読むところがかわいかったです。

アームブラストのペテンも良かったですけど、敵のお間抜けさも面白かったですね。あからさまに目の前に重力爆弾を出されてもあっという間にリュミエールに処理されて終わりなのに。

アームブラストが重力制御装置の原料となる鉱石を怪しげな男に渡していたのでどうなるのかと思っていたら…。「ここら辺28のコロニーの未来」ってそういうことだったのですね。いい話で驚きました。
15 : 32 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ