FC2ブログ
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN 25 「Re;」
2008 / 09 / 29 ( Mon )
 どうやって終わらすのが非常に気になりますね。また超展開なのかしら。そんな感じで視聴開始したのですが・・・。ゼロレクイエムの真実に驚きました。予想外に綺麗に終わったことにも。


 ダモクレス内部でルルーシュとナナリーが対面します。ナナリーのいう人殺しの顔というのが悲しいですね。ここでナナリーから彼女にギアスをかける可能性を示唆されてルルーシュは悩みます。またシスコン再発ですかね。

 カレンとスザクの対決が続いています。2人はずっと平行線ですね。アルビオンと紅蓮の戦闘をもっと見たかったのですが・・・。リヴァルとミレイも、ジェレミアとアーニャも、藤堂と千葉のシーンも一瞬。もっと見たいです。今度は、ルルーシュとナナリーの兄妹の兄弟喧嘩、次々にシーンが移ります。藤堂が倒れたのが気になりますね。場面転換早すぎです。
 みんなが戦いに疑問を持ち始めています。まだやれるのにという玉城が面白いですね。みんな好き勝手な理論を振りかざしすぎです。結局みんな思いは一緒なんですけどね。
 ルルーシュはナナリーの思いを受け、彼女にギアスをかけます。彼一人で背負うつもりなんでしょうね。

 ジェレミアはアーニャにやられてもなお取り付きます。記憶がないという彼女にジェレミアはギアスキャンセラーを使います。
 アルビオンと紅蓮は双方手を尽くし、戦いは最終段階に・・・。エネルギーの切れた紅蓮の攻撃は辛うじてアルビオンに届きます。爆発するアルビオン。スザクはどうなったのでしょう。
  
 ルルーシュは、ナナリーが自分の道を歩み始めたのを確かめ、憎まれることを承知で、ダモクレスの鍵を取り上げます。神楽耶がC.C.に降伏を勧めていますが、時すでに遅しですね。
 彼は、フレイヤを使い、世界に向けて勝利宣言です。世界はわが手に落ちたというのが、偽悪的でいいですね。そしてまたギアス。オール・ハイル・ルルーシュの言葉が世界に響き渡ります。

 
 2ヶ月後、ブリタニア皇帝兼超合集国議長に就任したルルーシュが、反抗したものを処刑しようとしていました。そして日本には再びゼロが現れます。ルルーシュは全ての憎しみを一人で受けるつもりなのです。彼を討つゼロに扮するのはスザクでした。これがゼロレクイエムだったのです。世界の明日のために願いという名のギアスにかかるというのが格好いいですね。
 スザクがルルーシュを討ちます。壇上から滑り落ちた彼はナナリーの元へ。そこにはナナリーがいました。彼に触れたとき彼女は全てを理解したようです。ナナリーの泣き声が切ないですね。カレンもおぼろげながら真実を悟ったようです。民衆が立ち上がり、ゼロを称えます。

 カレンは再びアッシュフォード学園の制服に袖を通します。彼女の語る後日談が平和そうでいいですね。でも、彼女が繰り上がりヒロインには変わりないんですけどね。農園みたいなところで働いているジェレミアとアーニャが気になりました。ラストにC.C.が出てきて少しほっとしました。


 いつものまたみてギアスがありがとギアスに変わっているのが、もう終わったんだなという感じで寂しくなりました。某アニメみたいに劇場版発表とかはないんですね。
関連記事
スポンサーサイト



05 : 25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ソウルイーター 第二十六話「嬉し恥ずかし体験入学!~死武専新生活応援フェア開催中?~」 | ホーム | らき☆すた OVA(オリジナルなビジュアルとアニメーション)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/1385-14d97c0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |