FC2ブログ
しゅごキャラ! 第51話 「エンブリオをこの手に!」
2008 / 09 / 27 ( Sat )
 イクトが出てくる回はあむもかわいいですね。久々に格好いいイクト連発で嬉しいです。今回のキャラなりはアミュレットハート。唯世、りま、やや、空海もキャラなりします。


 やはりダイヤはかわいいですね。あむの夢の中にエンブリオとともに現れます。ダイヤは彼女に願いは何かと聞いて・・・。ベッドから転がり落ちる主人公。慌ててダイヤのたまごを見に行くところがかわいいですね。

 あむはしゅごキャラたちと街を歩きながら夢の話をしています。エンブリオに願いをということで、勝手にいろいろ考えているのがいいですね。世界平和が出てくるあたり、あむはいい子すぎ。他は欲張りすぎですが。
 そんなとき、二階堂とゆかりとばったり。喧嘩していますが、なんだか若夫婦な感じです。二階堂はあむに気になることがあると、イースターから御送信されてきたメールの内容を知らせます。九十九って駄目すぎですね。エンブリオが今夜現れるというのは気になりますけど。

 イクトは専務に連れられて御前の元へ。顔も出てこないですし、何者なんでしょう。イースターが今夜何か仕掛けるのは確定みたいですね。専務が特別な装置と言っていましたが、まさかエンブリオンじゃないでしょうね。それなら失敗フラグですから。
 専務があむの動きを封じようとしているのも気になります。

 ガーディアンたちは今夜エンブリオが現れるということでパーティーをしていました。あむじゃないですけどこれには驚きますね。相変わらずゆるい子たちです。
 エンブリオに託す願いについて、ややはスィーツ食べ放題、唯世は本物リーダーになりたい、空海は世界をガツンと言わせてやりたい、りまは両親のことを思い浮かべてヒミツと言っています。りまが凄くかわいいです。空海が抽象的すぎですね。
 和やかな雰囲気のところに、イクトからメールが来てあむは抜け出します。罠ですね。いそいそで出かける彼女がいいですね。

 閉園した遊園地でイクトとの思い出にひたるあむ。懐かしいというほど前ではないんですけどね。イクトの姿を探す彼女は、温室を見つけて中に入ります。そこに格好悪く変装したイースターの研究員が現れて彼女を閉じ込めます。これはイクトが助けに来るフラグでしょうか。×たまのバリアが凄いですね。こんなの作れるなら、もっとマシなエンブリオンができたと思うのですが・・・。

 戻ってこないあむを心配するガーディアンたちは、夜空に浮かぶ無数のエンブリオンを見つけます。やはりエンブリオンでしたね。ややが暢気に写メしているのがいいですね。
 閉じ込められたままのあむはキャラなりしようにもハンプティーロックは学校に忘れて
・・・。こういう抜けたところもいいですね。しゅごキャラたちから避難轟々です。スゥが何となく笑っているようにも見えます。
 あむを閉じ込めた研究員がわざわざイクトの側で報告するのが迂闊すぎですね。困っているあむを颯爽と助けるイクトはやはり格好いいです。

 大量に集められた×たまは、九十九たちの思惑を超えて暴走しはじめます。×たまの攻撃で飛び散ったお菓子を拾いにややが飛び出して被弾するのが情けなさすぎます。絶妙のタイミングであむが現れて、アミュレットハートにキャラなりします。唯世たち4人もキャラなりしてガーディアン5って・・・。
 あとは必殺技の応酬で、オープンハートでしめます。お説教タイムがないと物寂しいですね。

 浄化されたたまごに混ざって、エンブリオが再び姿を現します。エンブリオに向かって跳んでいく、イクトとあむ。エンブリオに2人の手が伸ばされたとき、専務の声に驚いた九十九が誤って発炎筒を発射してしまいます。
 あむを庇うイクトが格好いいですね。落ちる2人をみて唯世と空海も動きます。あむを助けた唯世がイクトに、おまえには何も渡さないと言っているのがいいですね。放っておくとあむが取られそうですからね。

 エンブリオを逃したことを残念がるしゅごキャラたちに、あむは、まだ本当の自分も本当の願いもまだ分かっていないといいます。それに対してそれはまだまだいろんなことががあるとポジティブに彼女を励ますランたちがいいですね。
 

関連記事
スポンサーサイト



13 : 54 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<テレパシー少女 蘭 第14話  蘭と赤い手鞠~人面瘡は夜笑う~ | ホーム | 精霊の守り人 第25話&第26話>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/1388-1f6bd255
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |