FC2ブログ
ネオ アンジェリーク Abyss -Second Age- act.04 「夢魂の塔」
2008 / 07 / 29 ( Tue )
 ヒュウガが騎士団を出奔した理由が明らかに・・・。というお話だったのですが、もっと重要なことが明らかに。あまり出てこなかったマティアスとルネの方が気になりました。


 雷で無駄に悲鳴を上げているアンジェが可愛いです。いつもマクロスFのシェリルが頭にあるので、こういう仕草を見せられると笑ってしまいますね。

 夢魂の塔を見て様子がおかしいヒュウガに、アンジェリークは何でも話してと話しかけますがその反応が・・・。彼は敢えてアンジェリークさまと呼ぶところが、何コイツですね。慇懃無礼という感じがして好きになれません。

 塔にタナトスが出たと騒ぎになりますが、ヒュウガはすでに発っていました。いくら因縁の地とはいえ、入れ込みすぎです。
 彼を追いかけるアンジェリークたちは、駆けつけた銀樹騎士団長ディオンと一緒に塔へ。そこで彼女はヒュウガの過去を訊ねます。ディオン、ヒュウガ、そしてカーライルは親友だったこと、ヒュウガが聖騎士に叙任されそうだったこと、騎士の家に生まれ誰よりも聖騎士を望んだカーライルはそれを知り、騎士団から消えたこと。そして最後はカーライルはタナトスに取り込まれ、ヒュウガが彼を葬ったこと。延々と3人の過去が話されます。話し込んでいて全然進んでいなさそうだったので、心配になりました。

 タナトスにカーライルの幻影を見たヒュウガが孤独に戦っているのは少しよかったです。しかし、最後にカーライルだと思ってアンジェに抱きつくのは・・・。
 カーライルを狂わせたのは財団にいたときレインが開発した浄化能力の増幅装置です。今エレンフリートが復元しようとしているものですね。それを知っていてマティアスはやらせているんでしょうか、ルネとの会話もなんだか嘘っぽいですし、気になりますね。
関連記事
スポンサーサイト



19 : 21 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<隠の王 第十七話「決壊の時」 | ホーム | ソウルイーター 第十七話「聖剣伝説2~飲む、打つ、買う、いっとく?~」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/1480-ff683bd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |