FC2ブログ
テレパシー少女 蘭 第6話  蘭、幽霊温泉に行く ~ゴースト館の謎~
2008 / 07 / 27 ( Sun )
 なんか翠が無茶苦茶かわいいんですけど。凛絡みだと別人で面白いですね。リアクションがいちいちかわいい。わざとなんでしょうが、気に入られようと振る舞うのがいいですね。

 今回の舞台は温泉のようです。従業員らしき男が幽霊をみかけて・・・。 

 蘭たちは昼食中です。蘭が力説中に翠がこっそりおかずを抜き取るのがいいですね。凛が作ったのを知っているから、蘭の隙を見ていくらでも食べています。大食いキャラですね。蘭のお弁当はお米だけ。留衣がおかずをあげているのが微笑ましいです。
 そんなほのぼのな昼食時に、オカルトオタっぽい山下君が奇声を発します。彼はここから2駅ほど行った温泉に幽霊騒ぎが出ているという話をします。 
 翠は全然つまらなさそうに話を聞いていたのですが、凛が興味津々なのをみて態度を豹変させます。面白いですね。心で思って無くても自然にそうしている様がいいです。そこへぬっと出てきた蘭の母、玲奈。彼女は自分の代わりに温泉へ取材に行くことを彼らに命じます。

 凛と一緒にいると翠が生き生きとしているのがいいですね。老舗旅館「能田館」に乗り込む一同。玄関口で凛と翠は、城山にぶつかりいきなり幽霊だと叫んでしまいます。そんな様子を見た女将の八重は怒りだしてしまいます。これは翠が悪いですね。留衣が予約していることを告げてもまだ不機嫌そうです。側にいる仲居の森内はおしゃべりそうな感じなのですが・・・。

 さつきの間に通された一行。凛はダウジングロッドを取り出します。彼の様子を見ている翠がいちいち頬を染めていて可愛いです。翠は凛に5円玉をつるしたタコ糸を渡され大真面目に幽霊調査、可愛いです。
 2人に反応が出たときに、突然男の人が入ってきて蘭の前で土下座。なんだか蘭のことを知っているようです。彼は石倉優一、冒頭で出てきた人ですね。彼は蘭に幽霊退治を依頼してきたのです。

 彼が事情を話し始めると女将が入ってきて彼を連れ戻そうとします。女将は彼の母のようです。優一は父親が蘭が旅館を助けてくれると言ったと主張しますが、彼の父は3年前に亡くなっているのです。
 幽霊が原因で人が亡くなったのは本当と優一はその内容を語りはじめます。翠はサイコメトリーで優一の記憶を読みます。15年前の手紙というのがひっかかります。

 最初に出てきた城山は温泉を買い取りに来た人でした。優一は彼には売りたくないようですが、女将が強固に進めているようです。
 みんなは優一に幽霊のことを聞きます。女湯に幽霊が出るということで蘭と翠が向かいます。ビクビクの蘭に対して、翠は幽霊なんておらへんとトリックの存在を示唆します。彼女のこういうギャップがいいですね。
 そこへ森内が幽霊が出たと駆け込んできて、2人は温泉の中へ。蘭が服を脱がなきゃと引き返すうちに翠は先に中へ。蘭が来たときには翠はどこかへ行ってしまいました。ビクビクする蘭の耳に幽霊の声が・・・。

 出てきた翠は蘭を連れて用具入れの中へ。その奥にはもう一枚扉があってその先は中庭に繋がっていました。翠はやはりトリックがあったと推理を披露して満足げです。

 一方留衣たちは、氷の自販機の前で現場検証中。突然辺りが暗くなって白い布の人影が・・・
 
 温泉に戻った翠と蘭。そのとき翠の背をアロハ姿のおじさんが叩きます。蘭に促されて彼女が振り返ると彼には脚がありません。さらにその先にはもう一人。悲鳴を上げる2人。幽霊はトリックなんでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト



07 : 04 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<タブロウ・ゲート 2 | ホーム | しゅごキャラ! 第42話 「ほしな歌唄!最後の戦い」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/1486-b027a53b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |