FC2ブログ
しゅごキャラ! 第41話 「ホントのじぶん!」
2008 / 07 / 19 ( Sat )
 キャラなりのオンパレードでしたね。これだけみんなキャラなりしてしまうとちょっと・・・。あむだけでエンジェル、ハート、クローバーと3つもですし、ありがたさが半減というか、山場が薄くなりますよね。とりあえずややがかわいかったし、海里が格好よかったのでいいのですけど。


 自ら正体をばらしてしまった海里。本人が気に病むよりも周りはさほど気にしていないのは世の常です。姉のゆかりの弟の不手際を指摘しますけど、怒っている様子もありませんしね。何となくしっかりしなさいっていうそんな感じですね。私生活はむしろ彼女の方がしっかりしなさいなのに・・・。

 歌唄のレコーディングというかブラックダイヤモンズのレコーディングが行われています。以前より彼女が進んで歌っているのはダイヤ効果だったようです。イルはダイヤばかり一緒で面白くなさそうにしているのがいいですね。
 スタジオにはイクトの姿も。彼の姿を見つけた歌唄はまた壊れていました。相変わらずの好き好き攻撃にイクトもタジタジかと思えば、それなりにあしらう方法を見つけていたようです。ここでも置き去りのイルは×たまに当り散らしていますが、反応が無くてつまらない様子。エルを懐かしんでいます。苛めているシーンしかないので、エルが不憫ですが・・・。

 海里はおねだりCDの作り方を姉から教えてもらってさらに鬱です。こういう真面目タイプが一旦悩むとなかなか抜け出せないんですよね。イースターの前で一人佇む彼の前に二階堂が現れます。
 なんだか二階堂がいい先生っぽくて意外でした。彼が海里のことを黙っていたのは、あむたちに接してどう変わるかが見たかったそうです。かつての自分のように海里が本当の自分を見失っていると思ったのでしょうか。まるで今の海里は嘘であるかのような言い方です。

 ロイヤルガーデンには4人。海里がいないと寂しいですね。ややは雑誌でゆかりの記事を見つけ、改めて海里がスパイだという現実を知り怒り始めます。しかし、彼女もあむたちもガーディアンとしての彼は誠実で一生懸命だったことを思い出ししんみりしています。
 そこへ二階堂がブラックダイヤモンズのシークレットライブのチケットを持って現れます。今回の二階堂はなかなかいい役ですね。相変わらずスゥと仲良しなのもいいですね。

 海里とこのまま終わるわけにはいきません。彼女たちは彼に会うためにライブ会場を目指します。しかし、道に迷って遅れるって・・・。エルが歌唄の声を聞いてようやく到着です。ここでミキがエルことを疑っているのがなんとも。
 ライブはすでに始まっていました。歌唄の右にヴァイオリンのイクトがいるのいいですね。無駄に格好いいです。いつものように彼女の歌で×たまが大量に抜き出されて・・・。

「ウエイト!」
 叫び声を上げ、会場に現れたのはアミュレットエンジェルでした。相変わらず無茶苦茶しますね、エルは。目立ってなんぼって・・・。歌唄はダークジュエルにキャラなりして対抗します。あむは彼女に今の自分は本当になりたい自分なのと問いかけます。しかし、その答えはありませんでした。会場の明かりを落としたイクトがこっそり彼女を連れ出したからです。

 歌唄が消えて、追いかけようとするあむたちの前に海里が立ちはだかります。木刀ふりまして危ない子・・・。彼の木刀が振り下ろされた瞬間、エルはランと交代していました。アミュレットハートになってもあむに戦う意志はありません。一方的に攻撃を受けるしかない彼女。そのとき×たまたちに異変が起きます。大量に固まって大きな黒い影になりました。
 外に出て応戦するガーディアンたち。唯世とりまもキャラなりして動きを封じようとしますが、上手くいきません。それを見たややはキャラチェンジして飛び込みますが、またまた役立たず。無駄にかわいいですね。しかし、今回はここで終わりません。ハンプティーロックの力で遂にキャラなりです。ディアベイビーもやはり無駄にかわいい、攻撃はたまごを眠らせて、自分も眠ってしまうなど、少し情けないですけど。

 外に出てもあむの相手は海里です。いくらあむが言っても海里は何も聞かなさそうなのですが・・・。×たまたちの攻撃があむに向けられたとき、勝手に彼の体は動いていました。あむを庇って彼はサムライソウルにキャラなり、こちらも無駄に格好いいです。技の名前は変ですけど。でも、ややと違って効果抜群です。動きの鈍った×たまをアミュレットクローバーのリメイクハニースペシャルで大量浄化。やはりスゥの技は凄すぎますね。

 ここでまた海里とあむが急接近です。内心気が気でない王子がかわいいです。イクトもあむが現れたときに微妙な表情をしていましたし、恋愛方面もまだ多難なようです。そして歌唄との対決も・・・。
関連記事
スポンサーサイト



18 : 34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<テレパシー少女 蘭 第5話 蘭が呼ぶ風 ~闇からのささやき~ | ホーム | マクロスFRONTIER 第15話 ロスト・ピース 感想>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/1501-ede18b67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |