FC2ブログ
ローゼンメイデン TALE.4 「新たなる訪問者」
2008 / 07 / 16 ( Wed )
 銀様!銀様! ようやく水銀燈が登場です。真紅と喧嘩しているとなんだかホッとしますね。普通にただの姉妹喧嘩っぽくて少し和みました。雪華綺晶なんかそっちのけですよね。


 やはり扉が水銀燈だといいですね。いつもの調子でいたら、水曜発売なので、見逃すところでした。しばらくじっと眺めてしまいましたよ。

 ジュンが新しい「少女のつくり方」に興味津々なのが面白いですね。真紅じゃ不満なのでしょうか。まいたジュンとまかなかったジュンはやはり別ですからね。彼はよりにもよって水銀燈に関心があるようです。こっちのジュンは中々見る目がありますね。
 真紅は真紅で、あっちのジュンのことがやはりいいみたいですし、どっちもどっちですね。

 文句をいいつつもジュンの生活がいい方に変わってきているのは確かです。バイトでも斉藤さんと普通に会話できるようになっていますし、劇団の公演に誘われたり、衣装のアドバイスを頼まれたりしています。そんな2人を見て店長が子どもに八つ当たりしているのがなんとも言えませんね。格好悪すぎです。

 ジュンが帰ってくると、水銀燈がやってきていました。彼女は廃棄された穴を通ってジュンの部屋の鏡から出てきたようです。真紅と水銀燈はこっちでも折り合いが悪いのか、すぐに喧嘩を始めてしまいます。ちらかった薔薇の花びらや黒い羽を見てジュンがキレるのがいいですね。文句をいいつつ真紅が掃除しているのが可愛いです。片付けで出たゴミ袋を見てこれじゃ汚部屋だよとジュンが呟くのもいいですね。

 たまたま来たのか、必然なのか、水銀燈がジュンの部屋に現れました。気に入らなければ出て行けばいいのに、そのまま居座ってジュンのいない間にまた喧嘩。レンピカを見て蒼星石を思い出し感傷的になっている真紅がかわいいです。
 戦いに疑問を抱いている彼女は、水銀燈をなじり詰め寄りますが、同時に雛苺のローザミスティカを奪ったことを告白します。自分と同じだと返す水銀燈に雛苺の気高さはわからないと言い掴みかかる真紅・・・・・・ 笑うところではないですが、2人が子どものように取っ組み合いを始めるのが微笑ましくて笑みがでますね。

 その頃ジュンはルンルンで斉藤さんの劇団に行ったものの、彼女のお兄さんが出てきて涙目。そうそう上手い話はありません。

 そういえば、翠星石はいつでてくるんでしょう?
関連記事
スポンサーサイト



22 : 51 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<夏目友人帳 第二話「露神の祠」 | ホーム | スクラン ♯282>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/1507-3550ca92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |