FC2ブログ
精霊の守り人 第14話 「結び目」
2008 / 07 / 13 ( Sun )
 ニュンガ・ロ・イムの謎に迫るお話でした。ひさびさにトロガイやシュガが出てきてよかったです。脇役が出てきた方がお話が進んだように感じるのも不思議なところですが・・・。


 水妖に関する言い伝え、さらには建国正史が間違っているということに、立場の異なるシュガとトロガイ双方が別の方法でたどり着くというところが面白いですね。
 サグとナユグの折り合う結び目に出かけて水の民から情報を得るトロガイ。聖導師の目を盗んで碑文を読み解くシュガ。どちらも水妖は渇きの原因ではなく、むしろ逆だという結論に至ります。

 このことがもっと早く分かっていれば、チャグムが追われることもなかったというのが皮肉ですね。卵自体は危険は無いようですが、卵を食らうものの存在が示唆されています。トロガイはそのことをチャグムたちに言っていないのですが、大丈夫なんでしょうか。

 水の民から情報を得た後のトロガイは、火の民に追いかけられて危険な目に遭いますが、巨大ミミズの罠にかかって食べられそうになった時に、ウサネズミを差し出して先に食えというのは酷いですね。結局ウサネズミも助かっていてほっとしましたけど。
 トロガイがなんとか無事でしたが、シュガは聖導師に碑文の間に閉じ込められてしまいます。これはもっと酷いですね。
関連記事
スポンサーサイト



10 : 21 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN 14 「ギアス 狩り」 | ホーム | テレパシー少女 蘭 第4話 蘭を呼ぶ花 ~闇からのささやき~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/1513-10f6e761
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |