FC2ブログ
マクロスFRONTIER 第14話 マザーズ・ララバイ 感想
2008 / 07 / 12 ( Sat )
 ガッコの授業で習ったと言ってもすぐに動かせるものではないですね。それでもシェリルならなんとかしてくれる、そんな期待で溢れていたのですが・・・。


 女の子はある日突然女になるのよ。ボビーとオズマの会話がいいですね。ボビーはオカマ口調ですが、男視点のような気がします。クォーターのトランスフォーメーションは相変わらず漢ですし。
 
 それに対して女の子はやはり女の子。恋バナで盛り上がっています。キャサリンがブリッジ3人娘と打ち解けているのには驚きました。そういう風には見えないんですけどね。
 ブリッジの3人娘は、マクロスの伝統ですけど、過去作に比べて目立ってなかったので、こういうシーンが描かれたのはよかったですね。特に艦長好きのモニカがかわいかったです。温すぎる雰囲気でしたが、バジュラが現れたらちゃんとしていたのもいいですね。

 バジュラにくっついてホールドしたのはいいのですが、ミハエルは怪我して気を失ったままです。前回は妙に格好よかったのですけど、今回は駄目ですね。
 シェリルが授業で習ったと無理やり動かそうとするのがなんとも・・・。もってっけーって流れているので凄く期待したのですけど。結局、無茶苦茶で、助けに入ったルカの死亡フラグがMAX近くなったと思ったのですが、アルトが格好良く現れます。
 助けてもらったシェリルの嬉しそうな表情がいいですね。ランカのことを聞かれると申し訳なさそうに誤るところも、そして彼がランカを助けようと飛び立つときに駆け寄るところも。

 アルトが本当に格好よかったですね。ルカは確実にやられたと思っただけに活躍が引き立ちます。ガリア4からホールドブースターを回収して飛んでくるところから、全部よかったです。
 このままアルト大活躍のお話かなあと思っていたのですが、今回も活躍し切ることはありませんでした。いつもいいところはブレラが持っていってしまいますね。
 バジュラの母艦に乗り込んだ彼の目の前で先にブレラがランカを助けて脱出してしまいます。半分はブレラが凄いのでしょうけど、半分はアルトがバジュラと戦う方に気を取られていたからのような気がします。ここは何を置いてもランカを先に回収すべきだと思ったのですが・・・。

 ランカを助けたブレラがフロンティアに向かって通信します。彼はマクロスギャラクシーのアンタレス小隊所属のブレラ・スターン少佐と名乗ります。ギャラクシーの人間なのは、グレイスと繋がっていることから想像できますが、普通に軍人なんですね。本当かどうかは分かりませんけど。

 助け出されたランカを見て、グレイスがリトル・クイーンと言っているのが気になりますね。ランカって本当に何者なんでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト



12 : 12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<しゅごきゃら! 第40話 「りま!こころのアンロック!」 | ホーム | マクロスFRONTIER 第14話 マザーズ・ララバイ ルカ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/1516-15477260
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |