FC2ブログ
隠の王 第十四話「夜の底」
2008 / 07 / 09 ( Wed )
 眼鏡が・・・眼鏡が・・・。雲平先生って、本当に甘ちゃんですね。忍というよりただの奇麗事ばかりいう先生。ひとりだけ浮いた存在になっていますね。


 閂もアルヤ学院の生徒会の女の子たちも目的は同じでした。蛇薬です。閂は己の欲望のため、しじまたちは学院長を救うため、蛇薬を手に入れようとしています。壬晴たちを招き入れたのも初めからそれが目的です。もっとも、萬天にしても灰狼衆にしても禁術書を手に入れるために来たのですからお互い様なのですが・・・。

 しじまがやはり面白いですね。宵風と互角に渡り合えるのが凄いです。最初に彼が出てきたときは、気羅って強すぎと思ったので、秘術もなにもない彼女が圧倒しているのが驚きでした。
 壬晴が彼女を見て、自分の中の森羅万象に似ていると感じるところがあるのですが、むしろ猫と虹一を足して女の子にしたような感じがします。

 結局、壬晴はともかく、宵風も雷鳴も十字もすばるやカタリナやしじまに捕らえられてしまいます。そして虹一は閂に。蛇薬の原料は鍛えられた若い忍だそうです。何だか嫌な感じですね。これを聞いて、蛇薬で俄雨を救おうと考えていた雷光があっさり諦めるところがいいですね。

 雪見は閂に隙を作って雷光と共に禁術書を探しに奥に行きます。それに乗じて虹一も閂に反撃するのですが、止めを刺そうとする彼を雲平は止めてしまいます。反論する虹一にも聞く耳もたず。壬晴のときと全く同じですね。考えが甘すぎます。しかも何故そうしないといけないかという理由を明確にしません。結局、背を見せた虹一を閂が銃で撃ってしまいます。酷いとしかいいようがありませんね。
 何となく虹一は彼の目を覚まさすためにわざと撃たれたような気もするのですが・・・。雲平に対する恨み言が普通に怖かったです。床に広がる血を見れば助かりそうにないのですが・・・。その頃、壬晴は久しぶりに森羅万象が発動していました。これで虹一が助かるような展開になるのでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト



23 : 02 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<夏目友人帳 第一話「猫と友人帳」 | ホーム | スクラン ♯281>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/1519-c901ad69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |