FC2ブログ
スクラン ♯280
2008 / 07 / 02 ( Wed )
 スクールランブル ♯280 「TOMORROW NEVER DIES」です。愛理ちゃんの嬉しそうな顔が良かったです。久々に播磨君が男前でしたね。播磨×沢近は一旦決着が付いたように見えましたが、これでまた再燃しそうです。

 前回の続きっぽいです。前回、行くなら行けばと言い放った播磨君ですが、またちょっとズレた事を言っています。生活費ぐらい自分で稼げと。事情を知らない彼を責めることは出来ませんが、これには愛理ちゃんも困った表情です。彼女の引きつり顔はやはりいいですね。
 
 彼女は母が病気だからと、怒りを抑えながら説明します。すると播磨君は「気にくわねえ」と吐き棄てるようにいいます。驚いた彼女の顔からうわべだけの笑みは消えます。
 何がと問いかける彼女に、全部だと答える彼。そして続けて出てきた言葉は・・・。「テメーのお袋の分は…俺が働く!! 」
 これにはびっくりしましたね。何がどうなってこうなるんだか。理由が分かりません。しかし、彼には彼なりの理由があるようです。天満がアメリカに行った後荒れてた彼を彼女が救った、そういうことのようです。そして極めつけは「俺を頼れ!」。格好いいですね。

 会話の主導権を握られぱなしの愛理ちゃんがここで頑張ります。彼女がイギリスに連れ戻されるのは体面上の問題だけで、実際に必要な訳ではないこと。適当な理由があれば、大丈夫なことを伝えます。そして彼女は彼に頼みごとをします。
「アンタ……私の婚約者になってくれる?」
 真っ赤になっている愛理ちゃんがかわいいですね。

 しばらく沈黙する播磨君。そんな彼の表情を見て、慌てて取り繕い冗談で済まそうとする愛理ちゃん・・・。
 さよならを言い出した彼女に彼は答えます。彼は彼女の申し出を受けました。思わず飛びつく彼女。嬉しそうな表情がいいですね。その様子をじっと見ている美琴と晶に気付いてすぐに離れてしまいましたが。「違うの!!」と言われても、何も違ってないようにしか見えません。

 播磨君の友情から出た言葉を好意と信じ込みたいが故の行動が図らずも彼女の望む結果を生み出したということでしょうか。ここ数回、女は愛されたいものという感じで色々描かれている箇所がありましたが、今回の展開への伏線だったのしょうか?


 今回のタイトル元ネタは「トゥモロー・ネバー・ダイ」。
関連記事
スポンサーサイト



20 : 37 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<隠の王 第十三話「眠らない学舎」 | ホーム | 753>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/1535-c8c2f5c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |