FC2ブログ
ソウルイーター 第十三話「魔眼の男~ソウルとマカ、ズレゆく魂の波長?~」
2008 / 07 / 01 ( Tue )
 椿が可愛くて格好いいですね。魔眼の男とか、ソウル&マカはどうでも良くて、椿。台詞も登場シーンも少ないですけど、彼女が一番良かったと思います。


 魔眼の男フリーは強いのですがドジです。全く怖いという感じがありませんね。勘が鈍ったと言っていますが、あれは天然のような気がします。
 エルカが彼を脱獄させたときからその兆候はありました。大人しく囚われていたのは、スプーンで掘って脱出するのに憧れていたから。でも、魔女の牢獄の食事は箸で、アイデアマンじゃないから、他に思いつかなかったって・・・。最初からメデューサに言いように使われるのが決定していたようなものですね。

 エルカは必死になってフリーを逃がしたのに、メデューサに1パシリごとに蛇を取り除くと言われていたのが哀れでした。彼女の言い様を見ていると、実は蛇なんて入れていないような気もするのですが、ミズネの件があるのでそれはないですね。でも、嘘っぽいです。

 マカは自分に足りないものに気付いたので、シュタインに頼んで特訓です。お休みなのにソウルも一緒です。頑張り屋さんですね。シュタインが指示した特別授業の内容は・・・お互いの欠点をあげること。ののしりあう2人がちょっと悲しいです。

 ブラック☆スター&椿とマカ&ソウルは課外実習でロンドンへ。特別授業で険悪になった2人をそれとなく和ませようとしている椿が可愛いですね。
 そんな4人の下に、フリーが現れます。妖刀モードで先手を打つブラック☆スターでしたが・・・。マカが強いけどバカというのがよく分かる戦いっぷりでした。
 戦線離脱した2人に代わって、マカとソウルが攻撃しますが、2人の魂の波長はズレているので、上手くいきません。時々おバカな失敗をするフリーですが、不死の力を持つ人狼であることには変わりありません。苦戦必死です。

 互いに譲らないソウルとマカ。そんな2人を見かねた椿は2人を一喝します。怒った椿って初めてですね。凛々しくていいですね。自己主張が激しいのはブラック☆スターの方だという突っ込みにもうちはこれでいいと惚気るのもまたいいです。
 椿の言葉でようやく2人はかみ合い始めます。しかし、いつもより強く共鳴して何だか危なげですね。おまけにマカは攻撃が浅いと見るや、フリーに単身向かって行く始末。勢い余って彼女も橋から落ちそうになります。その腕を掴むソウル。

 マカを道連れにしようとするフリーの腕をブラック☆スターが切り落とします。結局ブラック☆スター&椿の方が上なのかも。なおも粘ろうとするフリーは魔法を自爆して川に沈んでいきます。戦い終えたマカの手には、黒い血が・・・。これもまたメデューサの思惑通りなのでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト



07 : 39 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<かわいげ | ホーム | 暗転>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/1539-ce3e6e70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |