FC2ブログ
しゅごキャラ! 第38話 「キーとロックとアイツとあたし!」
2008 / 06 / 28 ( Sat )
 会えない分想いが募り・・・という訳ではないでしょうが、久々にイクトが出てきたので、あむのドキドキシーン満載です。2人の時のあの妙な空間は何なんでしょうね。今回はキャラなりはなし。海里の回想では出てきましたけど。


 海里は、ゆかりにガーディアンのことを報告しています。要注意はあむだという内容です。彼が辛そうなのがかわいそうですね。そんな彼の気持ちはまるで無視で、彼女はハンプティーロックを持ってくるよう命令します。

 ガーディアンたちは、のんびりトランプをしています。どうやらババ抜きのようですね。あむは苦手みたいです。遊んでいないで帰ればいいのに・・・。温い空気の中、一人キセキだけが気を吐いています。唯世の天然にりまの突っ込みはほのぼのしてていいですね。
 姉に命令された海里は、あむを見ながら考え事、それをややが見つけて冷やかし始めます。海里はあむに気があるだけに、こういう誤解はちょっとキツイですね。

 家に帰ったあむにエルはハンプティーロックのことを訪ねます。昼間のキセキの言葉が気になったようです。ランたちとの絆だと語るあむに対してエルは眠いと面倒くさそうにたまごの中へ。自分で振っておいてこれは酷いですね。マイペースすぎです。

 次の日はお休みです。あむは前日の宣言通り、家でゴロゴロTVをみています。ぼやーっとした親子3人がかわいいすぎますね。しゅごキャラたちはキセキに呼び出されているのでロイヤルガーデンへ。
 だらだら過ごすあむのもとに海里から電話が入ります。ボーイフレンドと伝えるあみがかわいいですし、がっかりするお父さんが面白いですね。海里はゆかりに上手く言いくるめられ、ハンプティーロックを借りる手段を考えたようですが、浮かない顔ですね。

 あむを待つ海里が初デートでそわそわしている男の子のようですね。やって来たあむは何故かボケ顔のまま。なんだか申し訳なさそうにしています。思い切って話を切りだした彼ですが・・・。ハンプティーロックはしゅごキャラたちが持ち出してしまいったようです。

 その頃しゅごキャラたちは、エンブリオ探しにはやるキセキ以外は、クスクスの曲芸を見てバカ笑い中でした。結局みんな温いのは持ち主に似たからでしょうか。
 そこへイルが現れて、エルからハンプティーロックを取り上げてしまいます。それをさらにヨルが奪ってしまったから大混乱です。あむたちがやって来たころにはもうみんなボロボロ。

 このどさくさでハンプティーロックは図らずも海里の手に。都合よく事は進んでも気持ちの整理が付かない彼ですが、ゆかりの部下の研究員がすかさず取り上げて持って行ってします。海里としては落ち度がないので、良かったと思うべきなんでしょうが、大変なことになりましたね。

 追いかけるあむの前に、イクトがここで登場、キャラなりしてロックを追いかけます。あむも負けじとランとキャラなりしようとするのですが・・・。何の反応もなし。最初の頃は無くてもできたと思うのですけど・・・。
 キャラチェンジであむが追いついたときには、すでにイクトが取り返してくれた後でした。彼は彼女にくっついて、ハンプティーロックにダンプティーキーを押し付けます。動きが妙に嫌らしくて笑えますね。あむがドキドキなのが可愛いです。
 ロックにキーが触れた途端、なんだか別の世界に飛んでしまいました。なおもキーを押し付けるイクトに、あむは思わず拒絶の言葉。世界はもとに戻りました。まだ鍵穴が閉まっているとロックを返してイクトは去ります。

 一方、ゆかりはまた何か思いついたようで、大きな×の付いた黒いディスクを手に得意げな笑みを浮かべています。そして歌唄は倉庫のようなところで、変装してバンド活動、ここにも黒いディスクが・・・。
関連記事
スポンサーサイト



17 : 17 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<男女 | ホーム | 精霊の守り人 第12話 「夏至祭」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/1545-1ccd71df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |