fc2ブログ
デルトラクエスト 第53話 「ふたたび冒険の旅へ」
2008 / 01 / 05 ( Sat )
 OPがいきなり英語に変わっていたのでびっくりしました。前がAKB48だっただけにこの落差は・・・。オーストラリア出身の歌手ですね。さすがオーストラリア大使館後援です。デルトラの底力は凄いですね。

 デルトラに平和が戻ってもリーフはどこか落ち着かない様子です。すぐに城を抜け出し、昔住んでいた家で鍛冶家の息子をやっています。一緒についてきているジャスミンがテーブルの上に乗っているのがお行儀悪くて気になりますね。
 確かにデル城での扱われ方を見れば、あれはあれで大変なんでしょうが、甘んじて受け入れいるべきところもあるのではないでしょうか。リーフにくっついて母シャーンもついてきているのが面白いです。彼女はもともと王妃さまなので慣れっこでしょうに・・・。

 リーフとジャスミンはデルの街へ出ます。街はすでに落ち着きを取り戻したかにみえましたが・・・。突然騒が起こります。逃げ惑う人々と逆方向に向かう2人。そこには追い払ったはずのオルがいました。応戦するリーフとジャスミンですが、倒すには至らず追い払うのみです。これは後々困るのでは・・・。2人がかりで倒しきれないということは結構強いオルなんでしょうか。

 城に戻ったリーフはすぐに影の大王を倒しに出かけようと意気込んでいます。どこから選んできたのか分からない側近の言葉には耳を傾けません。それならばとジョーカーが今真の国王を失うことの意味を説き、その場は収まりますが、全然リーフは納得していません。リーフが倒れればそこで終わりですからね。

 また家に帰ってしまったリーフ。心配しているジャスミンにも邪険にしてしまいます。怒った彼女は散々攻め立てますが、部屋を出るときに昼間に市場で買ったリンゴそっと置いて出て行くのがかわいいです。

 夜が明け、リーフは勝手にデルの街から離れて行きます。森の中に入った彼を待ち受けていたのは、バルダとジャスミンでした。またこの3人でと和やかな旅かと思われましたが、会話の端々がどうもおかしいです。リーフが隙を見せた瞬間、襲い掛かる2人とフィリとクリー。彼らはオルだったのです。
 平和ぼけか油断していたのか、あっという間にピンチになりますが、本物のバルダとジャスミンが現れて撃退します。最初にデルの街で倒しておけばこんな手間をかけずに済んだのですけどね。
 改めて世界を見ないといけないということと仲間の大切さを知ったリーフは新たな冒険へと旅立ちます。
関連記事
スポンサーサイト



13 : 28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<前進 | ホーム | ょうわんこは(BlogPet)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/1954-e93d232c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |