FC2ブログ
怪物王女 第7話「電撃王女」
2007 / 05 / 25 ( Fri )
 不死身の戦士だけどさっぱり活躍しないヒロがメインのお話。何かやってくれるのかなあと思えど何もなし。いつか格好よく活躍してくれるものだと期待しているのですが・・・。

 ヒロは今日もパシリです。転校デビューの失敗がかなり尾を引いているようです。これはきついですね。精神的にもきついが肉体的にもきついです。なんだか調子悪そうです。
 お屋敷では相変わらず姫は優雅に過ごしています。その脇で家計簿をチェックしている紗和々。電気代30万円ってありえないですよね。それをうっかり使いすぎたで済ますところが彼女らしいです。姫がフランドルのせいだと説明すると電気は大切にねと一言。これもまた彼女らしいですね。

 ヒロは結局倒れて病院に搬送されていました。1話でヒロが運ばれた病院ですが、なんだか様子がおかしいです。ヒロのことをリビングデッドウォーキングと呼ぶ院長。彼が高笑いする姿を病院の屋上で聞いている謎の男。またまた変なのが出てきそうですね。
 姫はそんなヒロのことはすっかり忘れていたようです。リザの一言がなければどうなっていたんでしょうね。命の炎の効果が切れたら死体に戻るようですが・・・。

 今にも命尽きようとしているヒロは病院の中で院長の蛹田方正をはじめ、医者や看護婦から追いかけられています。医学の進歩のために生き返ったヒロを実験体に使いたいらしいのですが、とてもそういうようには見えません。何かに操られている感じですね。
 結局ヒロでは逃げられるはずもありませんので手術室へ連行されます。それを見ていた令裡は彼を探しに来た姫の前に現れ居場所を告げます。彼女の目的は何なのでしょうか。

 病院を訪れた姫、フランドル、リザはリザをを露払いにヒロを探します。リザは大勢の医者に囲まれ煩わしそうに払いのけて進みます。なんでこんなに医者がいるのでしょう。余っているんでしょうか。
 フランドルはそんなことはお構いなしに壁を壊して進んでいくのがいいですね。こういうの好きです。
 手術室までたどり着いた姫はフランドルの電力を使い電気ショックで蛹田を倒します。ヒロはもう少しでただの死体に戻るところでした。

 蛹田を操っていたのはツェペリという吸血鬼。令裡は彼に近づきますが、彼女も姫の血を欲していると悟ると手を組むよう誘う素振りを見せます。令裡の胸中はどうなんでしょう。このまま再び姫に牙を向けてしまうのでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト



23 : 34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<デルトラクエスト 第21話 「神の石ラピスラズリ」 | ホーム | ちょっと怖い話>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/2448-c400286a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |