fc2ブログ
獣の奏者エリン 第44話 アクン・メ・チャイ 
2009 / 11 / 15 ( Sun )
大公が王になれば王獣を操る技は封印される。発したダミヤと聞いているエリンとで解釈が全然違うのが面白いですね。



エリンは真王の命によりラザルへ。自らが災いの原因になるなら命を絶つ覚悟で向かいます。キリクがそんな彼女をまた妹と重ねているのが気になりますね。ひょっとして彼は最後には味方になるのでしょうか。

ひさびさのアケ村。ワダンが仕切っているのが少し嫌な感じです。チョクは成長しましたね。そしてサジュと結婚していました。今回はこれが一番驚きましたね。娘までいますし。エリンは死んだことになっているようです。しかし、お墓は村の外れにあります。アクン・メ・チャイだからだそうなのですが…。

エリンはダミヤと対面。彼は王獣部隊を彼女に指揮するよう命じます。それこそがこの国のゆがみを正す方法だと。一見、国を憂う立派な人にも見えますが、彼の考えは危険です。エリンは自分が置かれた状況を利用してなんとかそれを阻止しようと頑張ります。
霧の民と闘蛇衆の間にできた子であるエリンは自分がアクン・メ・チャイであること、そして霧の民への誤解を利用することにします。もともと利口な子でしたが、ますます凄くなっていますね。

アクン・メ・チャイだから王獣を操れる。そんな根拠のないことを理由に彼女がどう切り抜けるかドキドキしました。エリンとオウリが全く同じことをやって、エリンだけが王獣を従わすことができるというのが面白いですね。
リランとの信頼関係は崩れても彼女が一番王獣を理解していることには変わりないですね。

それでもまだダミヤが諦めません。エリンと同じように育てれば結果が変わるかもというのがなかなか鋭いですね。
ただ、彼にとって奇跡は一度起これば十分です。シュナンが納得さえすればダミヤの勝ちなのですから。
エリンに対し彼はカザルムを人質に取って従わせようとします。やり方が酷いですね。そして彼はさらに大公がこの国を支配すれば、王獣を操る技は封印されてしまうと彼女を脅します。しかし、それこそが王獣を戦いの道具に使いたくない彼女にとっての希望となるのが面白いですね。
関連記事
スポンサーサイト



00 : 27 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<テガミバチ 第7話 ユウサリ中央 夜想道13番地 郵便館BEE-HIVE | ホーム | 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 第7話 踏み出す生徒会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/281-6d7bca22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |