FC2ブログ
BLOOD+ 第33話-予言されていたこと
2006 / 05 / 27 ( Sat )
 デヴィッドが飲んだくれです。使命に燃えて戦っていたころの面影はなく、その手にとるのは銃ではなく酒瓶になり、カイにすら敵わない。本当にかわいそうな状態です。でもこれがあらかじめ予言されていたらどうします?
 
 そうデヴィッドのアルコール依存症はすでに分かっていたことなのです。

 少し前に流行った成分分析がありますよね。これをちょっと引っ張り出して下さい。そしてデヴィッドと入力してみて下さい。驚きの事実がそこにあります。

デヴィッドの成分解析結果 :

デヴィッドの75%はアルコールで出来ています。
デヴィッドの21%は嘘で出来ています。
デヴィッドの3%は野望で出来ています。
デヴィッドの1%は波動で出来ています。


 もともと彼はアルコールでできているのです。アル中は仕方ないです。残りはお酒に逃げて自分についている嘘。初めから分かっていたことなのです。

※「★カドルコア世代☆」(http://tekipaki.jp/~clock/)さんのを使って下さい。他のですと別のが表示されますので。
関連記事
スポンサーサイト



19 : 06 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<バイクはもう無理です。 | ホーム | ほとんど一緒>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/2889-9b05c60e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |