fc2ブログ
ささめきこと 第6話 「二人の夜」
2009 / 11 / 12 ( Thu )
共通テーマ:
ささめきこと テーマに参加中!
めがね、ねがねが面白かったです。純夏は愉快な子ですね。


汐は千津香と廊下でばったり。この先輩はもう出てこないのかと思っていました。汐はまだ引きずっているのか凄くギクシャクしています。

純夏は朋絵の発案でドジっ子になるため練習をすることに。千津香がそうなのを見て思いついたみたいです。マイナス方面の努力はやりやすいという何だか駄目な理論がいいですね。バナナの皮で滑る練習って…。みやこが転んだのは計算? 正樹はいつも損な役回りです。

仲直りしたいという千津香の申し出をすっぽかし、汐は純夏の家へ。相変わらず野江が面白いですね。
道場破りが来たところも面白かったですね。純夏の父親と兄たちはわざと彼女に振ったとしか思えません。掌底の一撃で相手を倒す純夏が格好良かったですね。
お風呂のところは汐がアップにしているのがかわいかったです。純夏もノックダウンするぐらい。
汐はまたもや純夏を振り回していますね。大好きという言葉はいいのですけど、あくまで親友としてというのが…。純夏的には悶々としてしまうところです。眠れなかったのかやつれている純夏がちょっとかわいそうでした。

汐は吹っ切れたのか千津香に約束をすっぽかしたことを謝ります。そして大好きだと彼女に言います。動揺した純夏が正樹を使って気を引こうとしているのが面白いですね。
関連記事
スポンサーサイト



08 : 03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ローゼンメイデン TALE19 まやかし | ホーム | 11eyes 第6話 「心乱れて ~szíbtép fájdalom」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/294-073e0994
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |