FC2ブログ
スクラン ♯169
2006 / 03 / 15 ( Wed )
 スクールランブル♯169「GIGI」です。待望の播磨×沢近。もちろんバレンタインです。♯167で晶の追跡を飽きたといって脱落した愛理ちゃんはこんなことを考えていたのですね。そろそろ素直になった方がいいです。

 美琴と天満はなにやら占い雑誌に夢中です。占いってはまりますよね。私も大好きです。彼女らの関心事は恋愛面のようです。それを冷ややかに見つめる愛理ちゃん。本当は興味津々のような気がしますが、とりあえずはくだらないと言っておきます。
 放課後やはりというか当然というか彼女は本屋で2人が見ていた占い本を見つけ、立ち読みしようとします。そこへ美琴が現れ慌てふためく彼女。このあたりはお約束ですね。結局馬鹿にしていたはずなのに読みふけることに・・・。
 彼女がアドバイスされたいこと、それは播磨君にいかにして義理(本当に義理なのかな)チョコを渡すかということ。単純な彼に駆け引きは通用しません。すがる気持ちで占い本にあるように、他の人には冷たく、ターゲットには正反対にとギャップ作戦に出ることに・・・。

 まずは天満で練習です。何の予備動作もなく突然引きつった笑みを浮かべる彼女に天満は驚きを隠せません。慌てて美琴を呼びにいきますが、今度は冷たくする方の練習です。どうみてもいつも通りな愛理ちゃんです。なんだか失敗の予感がしますが、彼女は自信たっぷりに播磨君の下に向かいます。
 事前の脳内シミュレートでは完璧です。そしていよいよ播磨君に声をかけ・・・。激しく拒絶されました。彼のポケットには天満達が読んでいた本が、そしてその視線の先には晶を追跡中の天満がいます。彼も本のアドバイス通りに動いていたのです。
 愛理ちゃんの怒りは当然頂点に達します。通りがかりの晶の打った球を後頭部に受け、倒れた播磨君にチョコを叩きつけます。彼女らしいといえば彼女らしい渡し方で結局は収まります。播磨君は変な形とはいえ、八雲と愛理の2人からチョコもらったので、もらえないよりはましですね。


 今回のタイトル元ネタは「恋の手ほどき」。舞台の「ジジ」の方が好みかな。
関連記事
スポンサーサイト



00 : 00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<占いサイドバー置いてみました(BlogPet) | ホーム | いつになるやら>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/2987-931b1000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |