FC2ブログ
テガミバチ 第22話 夢つなぐノート
2010 / 03 / 06 ( Sat )
 マナのお話で終わるのかと思えば、後半はちょっと意外な展開に…。やっとお話が動き始めた感じですね。



 マナはラグたちに研究成果をまとめたノートを見せます。彼女が視力を失った当時にはまだ科学的裏づけがなかったそうです。

 彼女を救うため何か方法はないのかと問うゴーシュサンダーランドホイットマン博士のことを話します。彼がマナの研究を認めさえすれば、彼女が残れる可能性があるということです。でも極めて可能性は低いということです。時間もありませんし、ホイットマンは気難しそうですし。それなのにゴーシュは自分が行くといいます。ちょっと格好いいですね。サンダーランドが分かって言っているのもいいですね。

 遠いのでゴーシュは近道をしますが、結構大変そうです。ホイットマン博士のところに来たときはすでにボロボロです。倒れ込んでしまいます。気付いたときにまず時間を尋ねるのが、ありがちですがいいですね。
 テガミを読んだホイットマンは科学的根拠のない論文とマナの研究を評しますが、ゴーシュサンダーランドの思いを伝えます。ゴーシュサンダーランドのちょっと変わった友情がいいですね。
 ホイットマンは最初からマナを否定していたわけではありませんでした。彼女の可能性に期待しているところはサンダーランドと同じですね。
 とりあえず目的は果たしましたが、あと3日しかありません。

 あと半刻というところで、なんとかゴーシュ到着です。分かっていてもドキドキしますね。すぐに委員会が召集されます。
 ホイットマン博士のテガミは意外とベタ褒めでしたね。委員会もこれでは認めざるを得ません。喜びを伝えに来たマナですが、ゴーシュは疲れて眠っていました。
 マナが今ここにいるのはゴーシュのおかげでもあったのですね。

 マナの話が終わったとき、サンダーランドがゴーシュの情報を持ってきます。精霊に慣れなかった男の話が気になりますね。ジギー・ペッパーがゴーシュのことを調べていたのにちょっと驚きです。サンダーランドはラグの心弾なら手がかりが掴めると期待しているようです。

 ラグとコナーたちはハニーウォーターズへ。街に到着した彼らは人だかりが出来ている方へ向かいます。何か怪しげな女性が演説していますね。彼女が持っている黒い精霊琥珀はゴーシュのものでした。ようやくお話が大きく動きそうですね。

関連記事
スポンサーサイト



23 : 28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<WORKING!! 1品目 ワグナリアへようこそ♪小鳥遊、働く。(先行放送) | ホーム | デュラララ!! ♯09 「依依恋恋」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/3752-f5a9a1fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |