「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?9」その2
2010 / 07 / 28 ( Wed )
 6月終了作品の評価その2です。

 企画元(ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人:http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51582158.html)

 その1(http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-4072.html)


 評価基準等は企画元および前回(その1)をご参照下さい。

 今回は残りの作品です。「Angel Beats!」「デュラララ!!」「薄桜鬼」「化物語」の4作品。それとベスト賞です。

「Angel Beats!」

ストーリー:2
キャラクター性:3
画:3
演出:3
音楽:4
総合的な評価:3

総合点:18

 お話がいきあたりばったりな感じがしました。ときどき出てくるギャグがすべり気味な感じもしますし。終盤はバタバタした感じでした。音無の消え方でいろいろ台無しなところも。
 キャラ的にはほぼ奏一択なのが辛いところです。TKとかもっと出せばいいのに。意外と松下5段が好きでした。ラスボス的扱いな謎の青年がなんか生かしきれていないような…。
 演出的にはいいとも悪いとも。ガルデモって何だったのでしょう。
 音楽的には良かったですね。Alchemyがお気に入りです。

デュラララ!!

ストーリー:4
キャラクター性:5
画:5
演出:5
音楽:4
総合的な評価:5

総合点:28

 2クール目の方が面白かったですね。個人的にはこういうことは滅多にないので、驚きでした。最初から面白かったですけどね。6月終了作品の中では唯一次回が楽しみなアニメでした。
 序盤が少し個人的には合わない感じでしたが、話数を重ねるごとに引き込まれていきました。キャラクターは文句なしに立っていましたね。作画も綺麗でした。同じエピソードと別面を描いたり、時間軸をずらしたりする演出は昔からありますけど、妙にハマっていて新鮮でした。いろんな意味でセンスを感じさせる作品でしたね。

薄桜鬼

ストーリー:4
キャラクター性:5
画:5
演出:4
音楽:4
総合的な評価:4

総合点:26

 終盤の端折り気味な展開を除けばよくできた作品だと思います。新撰組のエピソードを上手く解釈して盛り込んでいるそんな印象を受けました。ただその辺りは好みで大きく変わってくるでしょうけど、私は好きでした。
 キャラ的には、千鶴が嫌味が無くてよかったですね。おかげで十分に男性陣を堪能できました。左之助と新八がお気に入りです。

化物語

ストーリー:5
キャラクター性:5
画:3
演出:4
音楽:5
総合的な評価:5

総合点:27

 非常に面白かったです。会話劇が凄く楽しくてキャラクターも魅力的でした。ただアニメーションではなかったですね。所々文字ばかりでしたし。それでも演出として成り立っているところは凄かったです。
 音楽というかOP、EDは凄かったですね。全部好きです。恋愛サーキュレーションのシ抜きが凄いですね。

ベストキャラクター賞:アレクサンドル=ニコラエビッチ=ヘル(聖痕のクェイサー)

 大真面目に変なことばかり言っているのが面白かったですね。思考が全部それなところも。

ベストOP賞:ヴィーナスとジーザス(荒川アンダーザブリッジOP)

 やくしまるえつこさんがいいですね。OP映像もかわいくていいです。

ベストED賞:君ノ記憶(薄桜鬼

 EDらしいEDに好感が持てます。映像も美麗でしたしね。

ベスト声優賞・男性:神谷浩史(折原臨也、音無結弦、リク、相馬博臣)

 臨也一人だけだったとしても彼でしょうね。それだけ存在感がありました。

ベスト声優賞・女性:花澤香菜(天使、園原杏里、御手洗史伽、千石撫子、宮野まゆ)

 ずっと花澤さんのターン。そんな感じですね。

関連記事
スポンサーサイト
23 : 11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<07/28のツイートまとめ | ホーム | けいおん!! 第17話 「部室がない!」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/4092-6f17ea98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |