fc2ブログ
戦場のヴァルキュリア 第21章「はかなき絆」
2009 / 08 / 23 ( Sun )
共通テーマ:
戦場のヴァルキュリア テーマに参加中!
スーパーアリシアタイムでした。セルベリアも相変わらずの出鱈目ぶりを発揮していましたし、アリシアはそれ以上に思えました。ヴァルキュリア人登場でお話がガラっと変わってしまいましたね。



ファルディオは、ラマールたちの死により正気を失ってアリシアを撃ったと思っていたのですが、意外と計算していたのですね。コーデリア姫を人質にヴァルキュリアの槍と盾を持っていくのはほとんど暴走ですけど。
死に瀕したときに覚醒するって凄い設定ですね。どこかの戦闘民族みたいです。心臓を打ち抜かれたはずなのにファルディオたちがやってきたときには回復しかけていましたしね。

ウェルキンはアリシアのことが気になりつつも、隊長としてすべきことを優先させて出撃します。どうせセルベリアには敵わないのですから、誰かがアリシアのところに行くように言ってあげても良かったのに…。
セルベリアは前回同様凄まじい力を見せ付けています。彼女一人で戦局は自在に操れますね。1000の兵に匹敵するといっていますが、100でも1000でも10000でも全て同じことのように思えます。対抗手段がないですからね。

彼女に対抗するには、ヴァルキュリア人としてのアリシアの覚醒が必要です。ファルディオが呼びかけていますが、反応はありません。目覚めそうなんですけどね。姫様はすっかり空気です。

ウェルキンはセルベリアの侵攻を止めるべく部隊を散開させて多方向からの攻撃を試みるのですが……
ファルディオの作戦の発展型みたいな感じで、最初から失敗フラグですね。多少の足止めにはなりましたが、怒ったセルベリアの反撃で……ラルゴはてっきりやられたものだと思いました。

無線から流れるウェルキンの声でアリシアはようやく覚醒です。ファルディオの立場がないですね。撃ったときから先はなかったですけど。
最終防衛ラインも突破されそうになったときに、アリシアが参戦します。彼女の力も圧倒的ですね。無表情で淡々としているのが怖いです。アリシア対セルベリアが格好良かったですね。
アリシアがゲルビルを叩いて、帝国軍は撤退を開始します。マクシミリアンはやられたかと思ったのですが、ちゃんとセルベリアが助けているのがいいですね。

セルベリアがアリシアの戦いの最中に見たちびアリシアらしきものが気になります。2人は何か関係があるのでしょうか?

関連記事
スポンサーサイト



11 : 26 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<咲 -Saki- 第21局 「追想」 | ホーム | よくわかる現代魔法 第7話 voodoo programming>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/550-71ab9613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |