fc2ブログ
化物語 第七話 するがモンキー 其ノ貮
2009 / 08 / 21 ( Fri )
駿河のレズ発言はわかっていてもああいう風に堂々と言われるとびっくりしてしまいますね。



ひたぎが怪我の心配をしないで暦をなじり続けるので驚きました。すぐにちょっと心配そうな顔にはなりましたけど。暦はとりあえず誤魔化しますが、ひたぎはお見通しです。疑いの目を向けて暦の嘘の矛盾をついて行くところがいいですね。

暦は駿河の部屋に。何だか大きな家ですね。赤い本がいっぱい。散らかっているレベルではありませんね。駿河は暦を襲ったことをあっさり告白してしまいます。何事もなく話しているのが怖いです。暦の興味は駿河の怪力のようです。
話はそのうちひたぎと一緒の中学時代の話に…。ヴァルハラコンビって駿河が自分で言い出したことなんですね。なんて子。
駿河は手に巻いた包帯を取ります。恥らっているようで恥らっていない駿河がおかしいですね。包帯の下から出てきたのは猿の手でした。暦が触れたときに変な声を上げるのが面白いですね。時々その手を自由にできなくなるそうです。暦を襲ったのもそういう状態のときらしいのですが、本当なのでしょうか。

猿の手とか前フリだそうです。本題はこれから。そして彼女の口から出てきたのは「私はレズだ」でした。それが本題なんですか? 
高校に入って変わったひたぎについて語る駿河の語り口がそれまでと全然違って重いですね。今までの慇懃無礼な言い方が妙に軽かったのでギャップが凄いです。やっと本音なんでしょうね。
駿河は彼女が見たことのないひたぎの表情を引き出す暦に嫉妬していたようです。それからの感情が溢れだしたかのような台詞がいいですね。ひたぎに優しくして欲しい、側にいたいというのが彼女の願いであり、それを猿の手に願ったのだそうです。

駿河は暦に迫ります。駿河はひたぎの代わりになり得るかというのが彼女にとっての焦点らしのですが…。攻めを受けきる自身があるとか、BLだとか方向性が変ですね。どんどん変な方向に話が進んでいきますね。スパッツの話に食いつく暦がなんとも。食いつきすぎです。

ようやく忍野のところへ。忍を見て目を輝かす駿河がかわいいですね。忍野が暦に会うたびに違う女の子を連れていると突っ込むところがいいです。
駿河の手に気付いた忍野の言葉が、ひたぎのときと比べて重いですね。そして彼はいきなり猿の手ではないと言い出します。彼女の手はレイニーデビルだそうです。悪魔の手。魂と引き換えに願いを叶えるのだそうです。何だか怖いですね。
関連記事
スポンサーサイト



23 : 31 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<獣の奏者エリン 第32話 大罪 | ホーム | Phantom ~Requiem for the Phantom~ 第21話 憤怒>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/554-4782e134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |