fc2ブログ
蒼天航路 第20話 「不動の魔神」
2009 / 08 / 19 ( Wed )
呂布が少し変わったように見えるのは、曹操でなくても興味が惹かれますね。唸っているのは相変わらずですけど…。



曹操は楽進を抜擢します。前半は彼中心のお話でした。こういうのって珍しいですね。曹操は新たに加わった荀イクの甥の荀攸に彼の教育を任せます。甥なのに荀イクより年上なのが面白いですね。それに楽進の教育というのが張繍戦といういきなり実践教育なのが凄いですね。
楽進の勢いには賈クの策も効果なく、見事勝ち戦となるのですが…。曹操が楽進を鍛えるためだけにこの戦を行ったというのが凄いですね。

呂布は劉備軍と戦っていました。劉備は最初から逃げる作戦ですね。追う呂布軍の側面を突いて夏侯惇が呂布を挑発しますが、全く乗ってきません。陳宮の進言を聞かず突っ込んで生きそうに見えるのですが自重しましたね。
呂布軍は元董卓軍の精鋭を取り込んでさらに強くなっていました。このまま逃げるのが困難なことを悟った関羽は殿を買って出ます。関羽と張遼の一騎打ちは久しぶりに戦っている感じがして良かったですね。
劉備は逃げる途中にあることに気付きます。曹操軍の兵と一緒に逃げるから追われるとうことで、軍を解散して呂布に降ります。確かに曹操と呂布の戦に乗る必要はないのでしょうが、何だか釈然としませんね。

曹操は呂布の変化に興味を持ったようで、呂布攻めを決意します。何だか最近の曹操は興味本位で動いているように見えますね。

関連記事
スポンサーサイト



21 : 17 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<涼宮ハルヒの憂鬱 第20話 涼宮ハルヒの溜息? | ホーム | 宙のまにまに 第7話 「月とキンモクセイ」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/560-a376bad2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |