fc2ブログ
しゅごキャラ!!どきっ 第96話 「届かない声、くだかれる思い。」
2009 / 08 / 15 ( Sat )
ヨルが健気でいいですね。イクトにヨルの思いが通じればいいのですが…。だんだんと物語も佳境に入って来ました。



九十九が専務にエンブリオンキャッチャーのプレゼン。また失敗フラグでしょうか。専務のイクトに対する扱いがますますひどくなっているのが気になります。

あむはあみとお出かけ。あみが楽しそうなのがいいです。そこであむは以前たいやきをあげた男の子と出会います。相変わらず変わった子ですね。
あむは街中でイースターの主催するクラシックコンサートのポスターを見かけます。ポスターにはDLと名乗るイクトの写真が…。ガーディアンたちは罠の存在を感じつつも潜入作戦を開始します。

当然のようにイースターの罠でした。専務は妙に切れ者なので始末におえないですね。イクトに接触することだけは阻止して後は泳がすつもりのようです。
ガーディアンたちはイクトに会おうとするもののイースターのガードは固くてうまくいきません。そこで彼らは一計を案じます。なぎひこ、りま、ややがおとりになって唯世とあむが潜入します。しゅごキャラたちがフォローするのがいいですね。スゥが使ったのは胡椒でしょうか。なんとかイクトのところまでやって来ました。

ヨルはイクトに駆け寄りますが、彼は全く相手にしません。唯世の呼びかけも無視です。何もできないまま警備の男に追い出されるのがつらいですね。後はコンサート中にたまごを守るしかありません。会場には不思議な男の子も来ていました。彼を見つけた専務の反応が気になりますね。

イクトの出番になりました。大量のバツたまが抜かれていきます。ガーディアンの5人はここでキャラなりです。あむはまたアミュレットハートですね。ミキたちは相変わらず不憫です。
ここまでは専務の思惑通りのようです。イクトもデスレーベルにキャラなりします。罠の存在を知りつつもイクトは放って置けないというのが辛いですね。
ヨルがイクトにかける言葉が熱いですね。イクトは心が残っているから、手加減しているとヨルは言っていますが、九十九たちが作戦上そうしているような感じですね。プラチナハートを使うだけの力を残してイクトは去ります。
専務の思惑通りエンブリオが現れます。エンブリオキャッチャーの出番ですね。当然のようにあむが阻止します。その辺を計算していないところが、やはりイースターはどこか抜けています。
ただ専務が次に打ってくる作戦は大掛かりみたいで、気になりますね。

関連記事
スポンサーサイト



10 : 04 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<復旧というか変わってしまいました。 | ホーム | Pandora Hearts 第20話 「うつりゆく音」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/572-908cfd53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |