fc2ブログ
化物語 第六話 するがモンキー 其ノ壹
2009 / 08 / 14 ( Fri )
神原駿河登場です。するがモンキーというぐらいですから彼女のお話なんですが、まだまだ導入部分。むしろ今回はまたまたひたぎ回でした。



真宵と暦の言葉遊びから始まります。真宵が暦とひたぎの関係を男女交際というのが堅苦しくて面白いですね。そんな2人の前に駿河が現れます。奇遇だなって絶対奇遇じゃないでしょ、彼女。

それは暦にも分かっているようです。駿河の笑顔がいいですね。真宵は逃げてしまいました。いても駿河には見えないと思うのですけど。
駿河は追いかけてきたことをあっさりバラします。何で来たという彼の問いに時事ネタではぐらかそうとするのが変わっていますね。そうやって斜め方向に話題を振ってから、暦から聞きたいことを引き出しているのである意味鋭いのかも。
らららぎさん。駿河がいなくなってすぐ真宵が現れます。かみまみた。わざとでもかわいいですね。何でも恋愛に持っていこうとする真宵に、すでに一番難易度の高いキャラを攻略済みというのがいいですね。

暦とひたぎの勉強会。できる子にはできない子のことは分かりません。ひたぎは苦労しているようですね。親のようにズバズバと指摘していく彼女に親かという暦に、恋人でしょと返すところがいいですね。同棲を提案するのも凄いですね。
ひたぎが、ため息をつく彼に煩わしいといっておきながら恋わずらいというのがうまいですね。彼女が男と別れたことがないというのは、つきあったことがないという解釈でいいのでしょうか。

暦はひたぎに駿河のことを聞き始めます。シャーペンを暦の目に刺そうとするひたぎ。嫉妬の仕方が怖すぎですね。戦場ヶ原一筋だと叫んでその場を回避しますが、ひたぎの言葉はますます変な方向に。殺す殺さないって…。
ひたぎは駿河との過去を語り始めます。駿河は暦より先に彼女の異変に気づいていたようですが…。ひたぎにしたら彼女との関係は清算したつもりなのですが、まだ駿河としては未練があるようですね。迷惑だとはっきり言うひたぎが凄いですね。

暦は羽川翼に電話。何かあるとすぐ彼女に相談しますね。ひたぎと駿河はヴァルハラコンビと呼ばれていたようです。なんだか格好いいですね。うまいこと言うというよりこじつけみたいな気もしますけど。
翼が清く正しい男女交際をと諭すところが少し怖い感じです。セルフフィールドの話は面白いですね。いずれにしても少し説教臭いですけど。

暦はひたぎから忍野への仕事料を預かったつもりが忘れてきていました。彼が線路で電車の通過を待っているといきなり襲われます。血がいっぱいで怖いですね。そんなところにひたぎが登場します。「忘れ物を届けに来たんだけど」という前に言うべきことがあると思うのですが…。


関連記事
スポンサーサイト



23 : 57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Pandora Hearts 第20話 「うつりゆく音」 | ホーム | VISTA再インストール中>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/574-c20c1e7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |