ローゼンメイデン FINAL TALE 薔薇乙女
2014 / 01 / 23 ( Thu )
 最終回です。扉絵の薔薇乙女たちがかわいいですね。


 2008年4月から6年弱続いたのですね。ほぼ月1だったこともあってあっという間な感じがします。


 アリスゲームは真紅らしい選択をもって結末を迎えました。どんな終わり方をするのかなといろいろと想像することもありましたが、やはりこういうのがらしくていいのかなと思います。

 ちゃんとみんなが救われた感じになっているのがいいですね。姉妹たちのためにな真紅は今はああいう状況ですけど、彼女の望んだ世界は半ば実現されているような感じです。

 まいたジュンは最初から比べると随分格好良く、頼もしくなりましたね。まだまだ彼の活躍は期待できそうです。

 目覚めたときの雪華綺晶がかわいかったですね。
関連記事
スポンサーサイト
23 : 09 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<アニメ簡易感想 2014/01/19~2014/01/25 | ホーム | ニセコイ 第2話 「ソウグウ」 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/5866-0d05d723
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ヤングジャンプ 2014年8号
ヤングジャンプ 2014年 2/6号 [雑誌](2014/01/23)不明商品詳細を見る ◆ローゼンメイデン FINAL TALE アリスの薔薇乙女  水銀燈が柿崎めぐの父親の前に現れるなんて  随分性格が変わったものだ。  そして雛苺は、柏葉巴ではなく  まいた世界のジュンと一緒にいるなんて。  しかし、真紅が居ないのは寂しい。  ... 北十字星 Northern Cross【2014/01/24 21:07】
| ホーム |