スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
物語シリーズ ファイナルシーズン 「こよみナッシング」
2016 / 03 / 20 ( Sun )
 アララギハーレム。
 余弦まで入ったらすごいことになりそうですね。


 今回は余弦回。童女と幼女に守られるのを良しとしないが、余弦に勝負を挑んで……最初から無謀ですね、考え方も行動も。

 余弦と余接の関係を尋ねる余弦に一発入れられたら教えるということですが……まあ普通に考えて手も足も出ないのですから断りの言葉ですね。でも、なぜか火憐が言うと、よくそれに気づいたなあと感心してしまいます。それまでのの話の振り方とそれに対する彼女の反応が、とてもこのような結論を導き出すに足るように見えませんからね。
 
 そして今回のオチ。オチてないのはともかく、続くとか。

 余接が月火の着せ替え人形になっているのが面白いですね。

関連記事
スポンサーサイト
23 : 33 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<アニメ簡易感想 2016/3/20~2016/3/26 | ホーム | アニメ簡易感想 2016/3/13~2016/3/19 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/6019-4e65a067
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
暦物語 第11話「こよみナッシング」
物語は運命の日に向けて加速する。 今回のエピソードは、二月。二月下旬、それ以外の説明が無いのが少し厄介ではあるが『憑物』より後なのは明白。斧乃木が阿良々木家にいるなどと言った描写は言うまでも無く、そもそも『憑物』は二月十三日から十四日にかけてのことである。厄介というのは、前回『こよみシード』エピローグとの順番を描写だけでは証明出来ない。だが、まぁ、話の区切りの良さを優先し前回のエピロー... 大海原の小さな光【2016/03/21 09:28】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。