FC2ブログ
ソードアート・ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 第4話 ダークテリトリー
2019 / 11 / 03 ( Sun )
 よくよく考えてみれば、SAOの敵役は精神的に問題ある人ばかりで怖いです。

 今期のガブリエルなんて本当に最恐最悪ですね。怖い、こういう人の傍にいたくない。

 
 今回のお話はざっくり言うと悪の親玉ガブリエルはこんな人というもの。幼少時から怖い。というか幼少時あの容貌だからこそ余計に怖い。

 シャスターとリピアのロマンスを彫り下げてくれると、もう少しマイルドなお話になったかも知れませんけど、暗黒神ベクタことガブリエルがこんなヤバい奴という描写が今回のメインなので、余計なものはあっさりと切り捨てられます。それでも2人の絆が感じられる描写がきちんとされているのは素晴らしいです。

 結構ベクタのお話の中に今後の伏線がきっちり描かれているので、今回は我慢してじっくり見るべきお話なのかも知れません。

関連記事
スポンサーサイト



09 : 45 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<ソードアート・ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 第5話 開戦前夜 | ホーム | ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 第3話 最終負荷実験>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/6124-be98ef50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld #4
ガブリエルの過去と、ダークテリトリーの争いが描かれました。 ガブリエルはダークテリトリーの支配者・皇帝ベクタとなっていました。彼はダークテリトリーの軍勢をまとめ上げて、アンダーワールドへの侵攻を開始しようとしていました。 そしてガブリエルは、ふと昔のことを思い出しました。彼は子供の頃に、父から昆虫には魂がないと。だから昆虫は、頭を潰されても、体はまだ生きていると教えられました。それでは人... 日々の記録【2019/11/04 22:21】
| ホーム |